快適感覚(気持ちよさ)を味わうと身体は楽になるように創られているのです。

操体法とは

操体法(そうたいほう)は、患者さん自身が気持ちよく感じられる刺激を味わうことで、痛みや体の歪みが解消するという不思議な療法です。
文章で読んでも「気持ちよさ」の感覚がわかりにくいという点もあるのですが、実際に施術を受けると身体の細胞で感じます。

「何でこんな簡単なことで良くなるのか?」と不思議に思う人が多いですが、自然の摂理でそのようになっています。
赤ちゃんの時には誰もが味わっていた感覚です。

操体法の始まり

操体法 足ゆらし

操体法は仙台市の温古堂診療所の医師、橋本敬三先生により創始されました。

橋本敬三先生はお医者さんでしたが、西洋医学でなかなかよくならない患者が、民間療法でよくなっていくのを見て、様々な療法を研究しました。

民間療法の治療家をつかまえて、カツ丼などをご馳走しながらいろいろ教えてもらったそうです。
治療家たちも、お医者さんが頭を下げて教えてくれというのですから、喜んで教えてくれたそうです。

橋本敬三先生は、正体術、身体均整法、ヨガ、マクロビオティック、千島学説、野口体操、鍼灸、漢方、東洋医学、古代文字(カタカムナ)など、実にさまざまなものを研究していました。

自然の法則を追究していたともいえます。
そして身体を気持ちよく動かすことで、身体の歪みが改善され病気も治っていくことを発見したのです。

しかし、最初の頃は操体法という名前はありませんでした。
橋本敬三先生は、「自然の法則でそうなってんだから、名前なんかどうだったいいんだ」と言っていたそうです。

晩年になって橋本先生の不思議な治療法がNHKで全国放送されることになり、何か名前くらいないと、ということで「操体法」と名づけられたそうです。

橋本敬三先生は、操体法に関して「自然の法則でそうなってんだ。俺が考えたんじゃねえんだ。」ということで、操体法のための団体をつくることなどせずに、教えて欲しいといってくるものにはどんどん教えてあげました。

当時は全国から仙台の温古堂にたくさんの人が、操体法を習いに来ていたそうです。
団体を作ってお金儲けをしようとすれば可能でしたが、橋本先生はそのようなことは一切しなかったのです。

そのおかげで、操体法は全国に広く知れわたることとなりました。

操体法との出会い

操体法 股関節検査

操体法の本は、たくさん出版されています。
私はこの業界に入る前から、自然治癒力について独学で勉強していて、その頃に操体法の本を読みました。

本に書かれている通りに、いろいろと操法をやってみて、自分の身体で試してみましたが、正直なところまったく効果はわかりませんでした。
(当時は自分のやり方がヘタクソだったのでした)

それでも操体法の健康に対する考え方や哲学に非常に共感を覚えました。

数年後、カイロプラクティックの学校に入り、学生相手にやってみたところそれなりに効果があることがわかりました。
また、無理やり力比べ的な操法をやると逆に痛めることが分かりました。

カイロプラクティックの治療院で勤めていた頃にも、操体法の本を読みあさって、カイロプラクティックの矯正をしても効果が感じられない患者さんに操体法を試してみました。
すると、けっこうそれが効果が出たのです。
操体法ってすごいなぁ、いつか機会があればきちんと勉強してみたいなぁと思っていたのでした。

やすらぎの杜整体院を開業して、最初はカイロプラクティックの矯正をメインにやっていました。時々操体法を補助的に使っていました。私の中の操体法は、数あるテクニックの中の一つという位置づけでした。

操体法講習会との出会い

操体法 膝伸ばし

開業してしばらくして、操体法は仙台が発祥だし、せっかく仙台にいるのだから操体法についてきちんと学んでみようという気持ちが湧いてきました。 そんなある日、操体法の講習会についてインターネットで検索していたら、今昭宏先生のホームページを発見しました。

今昭宏先生は、温古堂で、高齢になった橋本敬三先生の代診という大役を5年に渡って務められた方です。
橋本先生が見ている前で、橋本先生の代わりに操体法の治療を患者さんに行っていたのです。

ホームページで、今先生の操体法講習会が毎月仙台で行われていることを知りました。

行ってみたいな、という反面、おっかない先生だったらどうしようという不安もありました。
この業界は他の治療法に対する評価が厳しい先生が多いのです。
私はカイロをやっていましたから、受け入れてくれるだろうかという不安もありました。

操体法 手首

講習会の案内をよく読んでみると、次回から講習会の会場が変更になるということが書かれていました。
なんとその新会場は私の自宅から車で5分の距離だったのです。

ちょうどホームページを見たタイミングがそのようなタイミングであったことに、少し興奮しました。
それで勇気を持って参加してみることにしました。

すると、今先生はとても優しく、講習生の皆さんもこれまた、みんな優しく、治療法のセミナーや講習会ではありえないような和やかで安心感ただよう雰囲気に包まれていたのでした。

しかも、参加者は東北地方だけでなく、関東や関西地方からも来られています。今先生の人柄を慕って遠方からも毎回参加者が集まってくるのです。
手技療法のプロだけでなく、半数は一般の方で、さらに一般の方も遠方から通っていることにびっくりしました。

講習会に通って、ちょっとでもわからないことは今先生や講習生の先輩方に質問しまくりました。
そして教わったことをどんどん実践していくうちに、本を読んでもよくわからなかった感覚もわかるようになりました。
自分の中の感覚が変化し、感覚のセンサーがどんどん細やかになっていくのを感じました。

自分の感覚が磨かれるにつれて、従来のカイロプラクティックや整体では改善し得なかったような難治性の症状の患者さんや重症の患者さんを快方へと導くことができるようになったのです。

操体法 足首

仙台やすらぎの杜整体院には、他の整体院やカイロプラクティック院、各種療法の治療院をはしごしても改善できなかった患者さんや、長年整形外科へ通院しあとは手術するしかないという患者さん、手術したけれど結果が思わしくないという患者さんなどがたくさん来院されます。

県外など遠方から来院される患者さんほど重症の方が多いです。
そういう方にも喜んでいただけるのも操体法と出会えたおかげと思っています。

今先生にお会いして最初の頃に言われた言葉が「操体を踏み台にして好きなようにどんどんやりなさい」という言葉でした。
一切否定しない、何でも受け入れてくれる今先生の懐の大きさに感動しました。

今先生は、「橋本先生がもし生きていたとしたらどんな操体をしていただろうか?」という視点で独自に操体を研究し、深められています。

そんな今先生のスタンスが私の興味ともぴったりマッチして、毎月楽しみに操体講習会に参加させていただいています。
今や勉強のためというより完全に趣味のようになっています♪

いつの間にか操体の魅力にどっぷりはまり、現在では操体法がやすらぎの杜整体院の施術の柱となっています。

多次元操体理論とは

操体法 肩の皮膚

多次元操体理論は、私が操体法や各種療法を研究・実践していく課程で自然に導き出された理論であります。

操体法をやっていて、操体法の哲学は全ての治療法に応用できるということに気がつきました。
さらに人生の幸せを実現する道しるべとなることもわかりました。

ヒーリング等のエネルギーワークなどの世界では、人間を多次元的にとらえた見方が存在するのですが、人間の肉体と精神のそれぞれの次元に操体法やその他の療法を当てはめてみたのです。

そして、快を要求している次元で快適感覚を味わうことが操体の極意なのではないだろうかという仮説を立てたのです。

この理論により、すべての療法が肯定され、適切な療法の選択もしやすくなりました。
また、すべての療法を操体法として活用することも可能になりました。

詳しくは多次元操体理論のページをご覧下さい。⇒多次元操体理論について

操体法のやり方

操体法の施術の手順を紹介します。
操体法は非常にシンプルです。

  • 楽な姿勢をとってリラックスする
  • 快適感覚をともなう動作や刺激を探す
  • 見つかったら快適感覚が薄れるまでしっかりと味わう
  • 脱力してリラックスする
  • 脱力後の余韻の気持ちよさもしっかりと味わう

以上です。
その後、もっと味わいたい場合にはさらにその動作や刺激を味わいます。
もういいかな、という感覚になればそこでやめます。すべて施術を受ける本人の感覚により決定します。
また最初の手順に戻り、いくつかの刺激を味わいます。

最初慣れるまでは、快適感覚をともなう動作や刺激を見つけるのが少し難しいかもしれません。
快適感が見つかりにくい場合には、不快感をともなう動作の反対パターンの動きの中に快適さが隠れていることが多いです。

操体法 足首ひねり

快適感覚を味わっている最中に、身体が無意識に自動的に動き出したり、色のイメージが見えたり、感情が湧き出してきたりする場合もあります。

操体法の施術は心と身体の両面に作用します。
リラックスして深く味わうほどに効果も深く及びます。

一人で行うことも可能ですし、二人で行う場合には、施術者は受け手の感覚を邪魔することなく、快適感覚を味わうお手伝いに徹します。
快適感覚は伝播しますので、施術者もいい気分になります。

操体法の安全性

操体法は極めて安全な治療法です。
患者さんの感覚を最優先して行ないますので、痛みやいやな感覚が伴う動きはやりません。

「気持ちよさ」「いい感じ」「味わっていたい感じ」等、人によって感覚の表現は異なりますが、体が気持ちよく感じる方向へと誘導します。

気持ちよさをしばらく味わってから脱力してもらうと、さっきより体が楽になっていることを体感できるでしょう。
赤ちゃんからお年寄りまで、どんな方でも安全に行なえる療法です。

操体法と他の療法との違い

操体法は患者さん本人に動いてもらって体の歪みを解消する療法です。
患者さん自身の力で体が良くなっていくのを体感することができます。

通常はどんな療法でも施術者(治す人)と患者(治してもらう人)という関係になりますが、操体は患者自身が治す人となり、施術者はそのお手伝いをするという感じです。
やり方をマスターすると自分ひとりで行なうこともできます。

カイロプラクティックや一般的な整体は、理想の形を目指して骨格の歪みを「矯正します」。
一方、操体法では気持ちよさともなう動作を行ない、その快適感覚を味わってるだけで必要に応じて骨格バランスが「自然と矯正されます」
つまり身体が本来望んでいるバランスが自然と取り戻されるのです。

症状の改善という目的以外に、スポーツ選手や武道家、ダンサー、声楽家などのパフォーマンス向上にも効果を発揮します。

※このページの操体施術風景の写真、見ようによっては私が技をかけているようにも見えますね(笑)
これはモデルさん自身が自分が気持ちいいように動いて、私がその動きをお手伝いしているのです。

操体法の哲学

療法としての操体法もとても素晴らしいものですが、創始者、故・橋本敬三先生の健康に対する考え方もとても素晴らしいものです。
私は橋本敬三先生が書いた「万病を治せる妙療法」という本を読んで以来、操体法と橋本先生のファンになりました。

万病を治せる妙療法・操体法 (健康双書)
橋本 敬三
4540770179

なぜ病気になるのか、健康とは何か、テクニックにこだわらなくとも気持ちよく動けば健康をとりもどせることなど、自然の法則に従うことで健康になれるのだという考え方に感銘を受けました。

操体法のやり方を学ぶためにはもちろんですが、本当の健康をめざしたい人におススメの一冊です。

操体法 4つの自己責任行動と健康

人間の健康は「呼吸」「飲食」「身体動作」「精神活動」の個人個人の行動(自己責任行動)と、環境との関連から成り立っています。

人間はどんな人でも「呼吸」「飲食」「身体動作」「精神活動」の4つの活動を行なっています。
代わりに誰かにやってもらおうと思ってもそうはいきません。

「呼吸」「飲食」「身体動作」「精神活動」は各個人の責任行動なので、その人によってどうにでも変えられるし、人によって大きな違いが生じます。
この違いが健康の違いとして身体に現れるのです。

毎日正しい食生活をおくっていても、いつもクヨクヨ悩んでいれば病気になってしまいます。
呼吸、飲食をきちんとしていても、身体の構造を歪めるような姿勢で日常の仕事をしていると、肩がこったり、腰痛になったりします。

身体に歪みはなくても大食いだったり、ストレスをためて、呼吸が浅かったりすると病気になってしまいます。
どれか一つだけきちんとしているから健康になれるというわけにはいきません。

橋本先生はこの4つの基本行動が自分の健康状態をつくり出しているという基本原理をしっかり理解しておくようにと語られています。

そして、「呼吸」「飲食」「身体動作」「精神活動」の4つの自己責任行動を自然の法則と調和させていくことが健康への道しるべとなるのです。

操体法 息「快適な呼吸」

操体法の本では、腹式深呼吸が紹介されています。
また、健康法の本を読むと、腹式呼吸法や丹田呼吸法の重要性が説かれています。

一般的には呼吸は深ければ深いほど良いイメージもありますが、その時々で快適な呼吸の仕方も変化します。
必ずしもいつでも深い呼吸が良いというわけではありません。

身体が弱っている状況では深い呼吸をすると、めまいがしたりつらく感じる場合もあります。
様々な呼吸法が存在しますが、気持ちよく感じられる範囲で深くゆったりとした呼吸法を行うとよいでしょう。

操体法 食「陰陽のバランス」

人間の歯は全部で28本。(親知らずを含めて32本。)
門歯8本、犬歯4本、臼歯16本です。それぞれの歯には役割分担があります。
門歯は草食用、犬歯は肉食用、臼歯は穀物用です。

門歯8:犬歯4:臼歯16=野菜2:肉1:穀物4となります。

野菜は肉の倍食べて、おかずを少なく、主食の割合が多くなります。
現代の食事はおかず中心になっていますね。
人間本来の食のバランスがくずれた状態が長い期間続くと病気になってしまいます。

その土地で採れた旬の食べ物を腹八分目に食べるのが自然な食べ方です。
自然界には陰陽のバランスが存在します。
人間の身体は食べる物で作られますから、食べ物の陰陽の性質の影響を強く受けます。

ところが、西洋医学には陰陽の考えはありませんから、栄養学的にしか食物をみません。

施術を通じて、体調がなかなか改善しない人は陰陽のバランスが崩れている人が多いです。
そういう人も食生活を含めた改善をすることで体調が回復します。

操体法 動「自然な動作」

どんな分野でも一流の名人と呼ばれるような人の体の動作は美しいものです。
美しい動作は、作業をしていても疲れません。

とくに疲れるようなことはしていないのに体のあちこちが痛くなるのは、体の動きにむりがあるからだと言えます。
重心移動の法則にそって体を動かすようにすると、動きもスムーズで、体の歪みもなくなります。

また、人間は動物の一種です。動物とは文字通り「動く物」です。
動物が動かないでじっとしていることは自然の法則にはずれています。
適度に身体を動かすことも大切なことです。

操体法 想「精神活動」

心とからだは裏表の関係だとも言われています。
悲しいことがあると、うなだれて背中が丸くなります。元気なときは胸を張って、背筋もピンと伸びています。

ストレスから体調をくずしてしまう人も大勢います。
当院に来院される患者さんも職場や家庭のストレスがいろいろとあるようです。

橋本先生は感謝することの大切さを説いています。
感謝の気持ちを口に出すことで、心は明るく嬉しくなり、行動も親切になります。

多次元操体理論の5~7次元は想の操体でもあります。
思考と感情の関係を理解することで、幸せな人生を歩むことができます。

トラブルや不幸な出来事が絶えないという人がいます。
一方、何をしても自然とスムーズに事が運ぶ人がいます。
運にも法則があります。

想の操体を理解・実践することで自然と運が良くなり幸せな道が開けます。

操体法 からだの設計にミスはない

人間というのは、もともと設計にミスがなく、バランスがとれて、病気などせず健康に一生を送れるようになっています。それが大哲学なわけです。

不健康というのはそのバランスがくずれることです。それには何か原因があり、自然の法則やからだのしくみにそぐわないまちがったことをするからです。

引用元:万病を治せる妙療法

この文章がとても好きです。
どんな人でも健康になれるのだという大前提です。
たまたま病気になってしまったわけではなく、なんらかの原因があるわけです。

現代医学で不治といわれている病気でも、自然治癒してしまう例はたくさんあります。
自然法則にそって原因がとりのぞかれると治ってしまうのです。

また、バランスをくずしている人でも、悪いながらもなんとかバランスを保とうとからだは頑張っています。
どんな人にも偉大なる自然治癒力は存在します。
頑張っている自分のからだをねぎらってあげるとからだは喜びます。

操体法の施術を通じて、人間の自然治癒力の素晴らしさを、あなたと一緒に分かち合いたいと思います。

操体法創始者 略歴

橋本敬三(はしもと けいぞう)先生

前世紀の明治30年福島県に生まれる。
小学(前半)、中学は福島県会津若松。
大正10年新潟医専卒。

基礎医学にゆき、同15年秋まで東北帝大生理学教室(藤田敏彦教授)に学ぶ。
臨床教室を経ず北海道函館市で民間の私立病院に飛び込む。
頓挫。

同市学校衛生に奉職2年。
社団法人病院(現在の函館中央病院の前身)勤務5年。
同市内に全科で開業5年。

昭和12年第1次応召。
昭和16年、仙台に移転。温古堂診療所開業。
昭和19年。再び応召、ソ連に抑留され23年秋帰還。

1993年1月没。

多次元操体法講習会のご案内

仙台やすらぎの杜整体院では2012年より多次元操体法講習会を定期的に開催しています。従来の操体法をベースに丁寧さと繊細さを追究しています。

多次元操体法は、従来の操体法に宇宙の強力な法則である引き寄せの法則や、各種自然法則の概念を導入して、身体面のみならず目に見えないエネルギー領域の調和も目指しています。

単に痛みを取り除いたり、症状を治すという次元ではなく、その人の本質が輝き出し人生そのものが調和にあふれていくお手伝いをします。

痛みが取れたり症状が改善するのは、その人の身体がやってくれます。宇宙の法則が答えを出してくれます。小さい自我で何とかしようとするのではなく、宇宙大自然の法則の前に謙虚になり、天のハカライに身も心も委ねます。

すると、不思議とも思えるような施術効果が現れたり、人生が好転したり、といったことが起こるようになります。そんな進化版操体法を学びたい方はぜひ案内ページをご覧ください。

全国各地の操体法のセミナーを受講後にさらなるスキルアップを目指す先生方、DVDや書籍で操体法を学んだけれど臨床でうまく使いこなせていない先生方、これから操体法を学び始める先生方、いろいろな先生方が参加しています。

キャリアも経験も関係ありません。国家資格の有無も問いません。橋本敬三先生の操体哲学に惹かれる方であればどなた様も大歓迎です。

多次元操体法講習会・スペシャルセミナー