カイロプラクターは骨格矯正の専門家です。
骨盤・脊柱を中心に全身の骨格・筋肉のバランスを調整します。

このページではカイロプラクティックに関する用語について解説します。

※現在カイロプラクティックの施術は行っておりません。

カイロプラクティック用語解説

  • 脊柱(せきちゅう)
    首からお尻にかけての背骨全体のことを脊柱といいます。
  • 椎骨(ついこつ)
    脊柱のうちの、ひとつひとつの背骨のことを椎骨といいます。椎骨が重なっていることで脊柱が可動性を持つことができます。
  • 椎間関節(ついかんかんせつ)
    椎骨と椎骨が連結している部分の関節です。
  • 椎間板(ついかんばん)
    椎骨と椎骨の間にある軟骨(なんこつ)で出来たクッションのこと。
    体重を支え、ショックを吸収する役目を果たします。
  • 頸椎(けいつい)
    首の骨のこと。第1~第7頸椎の7つの椎骨から成っています。
    特に第1頸椎のことを環椎(かんつい)、第2頸椎のことを軸椎(じくつい)と呼びます。
  • 胸椎(きょうつい)
    脊柱のうちの胸の骨のこと。
    第1~第12胸椎の12個の椎骨から成っています。
    肋骨(ろっこつ)が付着しているのが特徴です。
  • 腰椎(ようつい)
    腰の骨のこと。第1~第5腰椎の5つの椎骨から成っています。
    一つずつが大きく、動きが限定されているのが特徴です。
  • 仙骨(せんこつ)
    仙骨は腰椎の下にあります。
    5つの椎骨が成長とともにくっついて一つの仙骨になります。
  • 尾骨(びこつ)
    仙骨の下にあるしっぽのなごりです。
    3~4つの椎骨がくっついて尾骨になります。
  • 腸骨(ちょうこつ)
    仙骨の両側にある蝶の羽のような骨。
  • 骨盤(こつばん)
    仙骨、尾骨、腸骨を合わせて骨盤といいます。
    骨盤の関節に歪みがあると、全身のいろいろなところに症状が出ます。
  • 生理的彎曲(せいりてきわんきょく)
    脊柱を横からみると、S字が二つ並んだようなカーブを描いています。
    これを生理的彎曲といいます。
  • サブラクセーション
    骨・関節の変位、つまり骨が並び方がよくないところをいいます。
  • フィクセーション
    静止した状態で脊柱の触診をする方法です。
  • モーション・パルペーション
    関節を動かしながら触診を行なう関節の異常を検出する方法です。
    スタティック・パルペーションの欠点をおぎない、より正確にサブラクセーションを診断する方法です。
  • リスティング
    サブラクセーションがあったとして、それをたとえば「第6胸椎の横突起(おうとっき)の右側が後ろにねじれて、さらに下に下がっている」などと表現すると非常にわかりずらいので、このサブラクセーションの状態を三次元方向に記号化したものが、リスティングです。
    例:T6-RPI
  • アジャストメント
    アジャストメント(アジャスト)とは患者さんの骨に瞬間的な圧をかけて骨を正常な位置に戻すことをいいます。
    アジャストをすると関節の動きがよくなります。

カイロプラクティックと操体法の違い 仙台やすらぎの杜整体院

カイロプラクティック矯正は、各関節や筋肉の状態の検査を行ない、それぞれについて一つずつアプローチして矯正を行ないます。
施術者の技術により矯正効果に大きな差が生じます。

操体法の操法では一つの動作が連動して全身に伝わり、複数の筋肉や関節が矯正されます。
施術者ではなく操法を受ける本人の感覚を最優先し、快適な感覚を味わうことにより自然と矯正が為されます。
被施術者本人の感覚により効果に差が生じます。

西洋では、食べ物を食べるときにナイフやフォークやスプーンを使います。
ナイフやフォークにもいろいろな大きさがあり、食べ物によって使い分けたりします。
日本では、箸が一膳あれば何でも食べられます。

「カイロプラクティックはナイフやフォーク」、「操体法は箸」に例えるとわかりやすいかもしれません。

療法の枠にとらわれず、患者さんに喜んでいただける施術を追究しています。

※現在やすらぎの杜整体院では、カイロプラクティックの手技は行っておりません。より繊細で効果的な独自の整体手技を用いて施術を行っております。ご了承ください。