仙台やすらぎの杜通信1号

こんにちは。やすらぎの杜整体院の上川名 修(かみかわな おさむ)です。

ご来院くださった方、通院されている方、心より感謝しています。

このたび、「やすらぎの杜通信」というお便りを発行させていただきました。本当に汚い字で申し訳ないのですが、私の、当院の施術に対する考え方や、想いをお伝えしたかったからです。

もちろん、施術中にお話させていただくこともありますが、あまりしゃべるのも得意でないので、毎月一回くらい、自分の考えていることとか、自分や家族のことや、健康のことなどを、いろいろ文章にしてみようかと思った次第であります。

とは言っても文章を書くこともあまり得意でないのですが、どうかお付き合いくださいませ。よろしくお願いします。

※勝手にこのようなお便りを送付してどうもすみません。
もしご迷惑な場合は、お手数ですが当院までご連絡くださいませ。

やすらぎの杜整体院 院名の由来について

たぶん整体院としては結構めずらしい院名だと思うんですよ。

ところで「杜の都」の杜ってどんな意味があるのかご存知ですか?元々は神社や仏閣のまわりに生えている樹木を、「森」に対して「杜」といったそうなんです。

仙台はそういう「杜」が多かったので「杜の都」と呼ばれるようになったということです。神社やお寺に行くと何となく心が落ち着くような気がしますが、昔の人はそういう「氣」が満ちた土地がわかっていて、神社やお寺を建てたそうです。

この話はたまたま車の中でラジオで聴いたのですが、そこへ行くだけでやすらげて、そして癒されてしまうような、ヒーリングスポット的な整体院を作りたいなあぁとの想いを込めて、「やすらぎの杜整体院」と命名しました。

もっともっとやすらげる場を目指して少しずつ改良していきたいです。ちなみに先日、当院の入り口にイルカの風鈴(?)みたいのを取り付けました。バリだかタイの雑貨なのですが、「チリーン、チリーン」と澄んだ音色です。来院の際、耳をすまして聴いてみて下さいね。

やすらぎの杜整体院 院長自己紹介

なまえ:上川名修

少しだけ自分のことを書いてみます。
めずらしい名前ですが、仙台出身です。家は南光台で車で通っています。
家族は妻が一人と子供が一人います。(男の子 6月で2才)父と弟も同居しています。

高校3年生の時に母を病気で亡くして以来、健康にはずーっと興味を抱いていました。
その頃から、自然治癒力を高める方法とか、自分でいろいろ本を読み始めました。

妻とは自然食品店勤務時代に職場で知り合い結婚しました。週に数回、午後から当院の受け付けを手伝ってもらっています。運良く(?)出くわしてしまった方は、気軽に声をかけてくださいね。


やすらぎの杜整体院 3つのお約束

1.あなた様の自然治癒力を最大限に高めるお手伝いをさせていただきます。

私にできることは、皆様の骨格や筋肉のバランスをとるお手伝いです。
症状が改善された方は、私が治したのではなく、あなたの治ろうとする力が働き、自分自身の力で治ったのです。

自然治癒力を最大限に発揮させるために、当院では施術以外に、食生活や運動、生活習慣の指導も無料で行なっています。(前職は自然食品店の店長でした(^.^))

お気軽にご相談ください。わかる範囲でお答えします。
わからないことは調べて後日お答えします。

2.心も体もやすらぐ癒しの空間を提供します。

当院は基本的には、カイロプラクティックの整体院です。
ところで私はよく他のカイロ院にいくのですが、ほとんどが病院のような内装なんです。

私は子供の頃から大の病院嫌いなのです。(未だに注射が怖い。。)
だから自分のところはなるべく病院ぽくしたくなかったんです。

緊張して施術されるより、心がリラックスした状態で施術を受けた方が、効果も全然よいと思うんです。ただでさえ、こういう整体院に初めて行くときってちょっと緊張しますよね。(自分が他院に行くときはそうだから)

だから当院ではできるだけくつろげる環境をご用意したいと考え、BGMや院内の空気、照明、香りなどにも気を配っています。

もし、ここをもっとこうして欲しいとかご意見があれば、遠慮なくおっしゃってください。
できる限り改善していきたいと考えています。

2.心も体もやすらぐ癒しの空間を提供します。

私は当院を通じて出会った皆様に、これからもずっと健康で楽しい毎日を送っていただきたいと考えています。

自分自身が体験して良かったことや、役に立った情報を、このお便りなどを通じてお伝えしていければなぁと思います。

院内には貸し本コーナーもございますので、お気軽にご利用ください。また、皆様からのご意見もお寄せください。とっておきの健康法、こんなコーナーを作ってほしい、要望など、何でも結構です。


やすらぎの杜通信 あとがき

開院して一ヶ月。たくさんの皆様にご来院いただき、そしてご信頼していただき、定期的に通院していただいている方々にも数多く恵まれ、本当に感激の毎日でした。

このお便りが届いているあなた様は、私が開業して最初に出会った記念すべき方々です。
最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
今後ともやすらぎの杜整体院をよろしくお願いいたします。

(やすらぎの杜通信 第1号 2004年5月1日発行)