こんにちは。やすらぎの杜整体院の上川名です。ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか。
私は家内の実家(福島県の泉崎村という田舎です)にお米と野菜をもらいに来ています。

ストレッチ指導 仙台やすらぎの杜通信13号

今年度は、ストレッチを含めたセルフケアのアドバイスに力を注いでいこうと決めていましたので、まずは自分の体を柔らかくしないと説得力がありません。2ヶ月ほど前から真面目にストレッチをやるようになりました。

私は高校時代の部活動が空手道部でした(一応黒帯持ってます!(^.^))ので、当時は毎日お風呂上りにストレッチ体操をやっていました。

空手道は体が柔らかくないと、蹴りなどの技が出せないのです。先輩の美しい回し蹴りにあこがれて、毎晩股わりを続けたところ、180度開脚して、あごが床につくまでにはなりました。

当時はある程度は体も柔らかかったのですが、やはり放っておくと硬くなってしまうものです。暖かい時期は時々ストレッチをしていたのですが、冬は寒いので、家ではこたつの中で丸まって寝そべってばかりいたところ、体もカチカチになってしまいました。

筋肉が硬くなると、体もその状態に慣れてしまうので、特に不調は感じていなかったのですが、最近ストレッチをやるようになったら、どこを伸ばしても痛くて、いかに自分の体が硬くなっていたのか思い知りました。

だんだん筋肉が柔らかくなるにしたがって、体も軽く感じるようになってきました。一日の施術が終わった後の疲れも、以前ほど感じなくなりました。

ストレッチの効果を改めて感じました。こんなに体が楽になるのなら、患者さんにも教えてあげなくちゃ、と思って自分で出来るストレッチのご指導をしています。

ストレッチの効果

筋肉はそれ自体では縮むことしか出来ません。ですから、何もしないで放っておくと筋肉は縮んでしまう一方です。
定期的に運動をしている人は、筋肉を縮めたり伸ばしたりするのでよいのですが、特に運動をしていない人は、どんどん筋肉の柔軟性がなくなってしまいます。

当院では、骨格の矯正とともに、筋肉の柔軟性を取り戻すことを意識して施術を行なっています。
施術後は、筋肉の血行も良くなり、症状も改善されます。一度の施術で症状がなくなり、そのまま再発しない人も中にはいます。しかし、多くの人はしばらく期間が過ぎるとまた症状が出てきてしまいます。

どれくらいの期間で、症状が出るかはその人の生活習慣によって違ってきます。

当院は、慢性の症状でお悩みの方がほとんどなのですが、筋肉が柔らかいのに、症状が出ているという方にはほとんど出会ったことがありません。急性の症状や、怪我をのぞいて、症状が慢性化している方は、必ずといってよいほど、症状に関わる筋肉の緊張が見られます。

逆の言い方をすれば、その筋肉が柔らかくなれば、症状も改善するということです。
ストレッチは最も簡単で、効果が上がり、しかも自分でできる「治療法」なのです。

実際、重症の患者さんにストレッチのアドバイスをして、自宅でやってみてもらっていますが、一生懸命にやっている方では、こちらが驚くほど症状の改善が見られることがあります。

ストレッチはきちんと行なうと必ず効果が見られます。
年齢に関係なく、高齢の方でもストレッチを行なうと筋肉の柔軟性が増すことがわかっています。
無理のない範囲で、気持ちよさを感じながら、ぜひ取り組んでいただきたいと思います。

ストレッチのコツ

ストレッチを行なうときに以下のことを意識しながら行なうと、ストレッチの効果がグンと上がります。

1.ゆっくりと行なう

ストレッチというと、反動をつけて筋肉を伸ばすイメージを持っている方もいるかもしれませんが、反動をつけて行なうと筋肉を傷める可能性があります。ここでおすすめするストレッチは静的ストレッチといって、静かにゆっくりと筋肉を伸ばします。

2.呼吸を止めない

息を止めないで、ゆっくりため息をつきながらやるとよいです。

3.筋肉が伸びている感じを味わう

ゆっくりと筋肉を伸ばしていきます。「伸びてるな」「効いてるな」と感じるところまで伸ばします。そこまで伸ばしたら、すぐに戻さずに、筋肉が伸びている感じを味わって下さい。最低でも20秒以上はそのまま動きを止めて味わいます。

4.気持ちよさを味わう

筋肉が硬くなっていると、最初のうちはストレッチにともなう痛みもあると思います。痛くても、伸ばされて「イタキモチヨイ」感覚を味わいます。神経に触れるような嫌な痛みがあるときは、その部位はやめておいた方がいいです。痛くても、その中に「気持ちよさ」があれば、体は治癒の方向へ向かいます。

5.角度の調整

本や雑誌にストレッチのポーズが載っていますが、あまりそのポーズにこだわる必要はありません。あくまでも目安です。筋肉が伸びている気持ちよさがあれば、ポーズはどうでもよいのです。

仮に見本のようなキレイなポーズをとっていたとしても、その人が筋肉が伸びている感覚がなければ、あまり意味がありません。
筋肉の状態は人それぞれ全く違いますので、同じ筋肉を伸ばしているとしても、人によってポーズに微妙な違いが出るのは当然のことなのです。

一度筋肉を伸ばしたら、伸ばす方向や角度を少しずつ微調整します。そうすることで、最も気持ちよく筋肉が伸ばされる位置を見つけることが出来ます。
紙面の都合で、具体的なストレッチのポーズについては書けませんが、どなたでも一つや二つ、ストレッチの方法をご存知だと思います。上に書いたコツを意識しながら、そのストレッチをやってみて下さい。

日常生活の中で、20秒以上筋肉を伸ばすということはなかなかありません。実際にやってみると、終わった後にジワ~っと血液がめぐってくるのを感じることが出来ると思います。

毎日の習慣にするとよいのですが、中には体を動かしたくないという方もおられると思いますので、そういう方には無理にはおすすめしません。

当院ではストレッチをやってみたいという方には、その方の症状に合わせて効果的なストレッチ法をご指導いたしますので、「ストレッチ教えて」と声をかけて下さいね。


やすらぎの杜整体院からお願い

ご予約の時間の直前になってキャンセルされますと、他にもつらい思いをされている患者さんが来られなくなってしまいます。

仕事の都合や交通事情等、やむを得ない事情の場合は仕方がありませんが、ご予約時間の変更・キャンセル等はなるべく前日までにご連絡下さい。当日、遅れる場合にも必ずご連絡をお願いします。

何卒ご理解とご協力の程よろしくお願い致します。


あとがき

毎日の様に、事件や事故のニュースが絶えません。
ニュースを見ながら、残されたご家族の気持ちを考えると胸が痛くなります。

生かされていることに感謝しながら、1日1日を大切に生きたいと思います。

(やすらぎの杜通信 第13号 2005年5月1日発行)