こんにちは。上川名です。
息子(3才)は去年の夏は花火を恐がっていましたが、今年は「きれいだね~」と喜んでいました。
夏も終わりですね。季節の変わり目、風邪などに気をつけてくださいね。

願望実現 仙台やすらぎの杜通信17号

あなたは叶えたい夢や願望をお持ちですか?

私は大学を卒業後、名古屋の繊維メーカーに就職しました。当時は学生時代から付き合っていた彼女との遠距離恋愛も破局し、近くには友人もおらず、家と会社との往復の毎日。何の興味もない仕事を毎日「嫌だなぁ~」と思いながらこなしていました。

そんな毎日を送っているうちに身体を壊しました。あちこちの病院へ行って検査をしても原因不明。薬を飲んでもまったく良くなりません。この先まともに生きていけるのか心配になるくらい不安で一杯でした。

その当時抱いていた夢は「絶対に自分の健康を取り戻し、さらに将来は周りの人の健康づくりのお手伝いをする仕事に就く」というものでした。

様々な民間療法の治療院に通い、自分でも健康に関する本を読みあさり、自然治癒力を高める方法を知り、出来ることから少しずつ実践していきました。

健康について勉強する一方で、「幸せな人生」や「願望実現の方法」についてもいろいろと本を読んで勉強しました。不幸な気持ちでいっぱいで、早くそこから抜け出して楽になりたかったからです。

現在は当時の夢が実現しています。幸せに結婚をして家族もでき、仕事もやりがいがあり毎日が非常に充実しています。開業後も患者さんにも恵まれ、時には予約をお断りするほどです。

今でも当時のことを思い出すとぞっとしますが、つらい体験があったからこそ、そこから抜け出すためにいろいろ勉強をすることになり、現在につながっているのだと思います。実際、当時の体験や知識が現在の仕事に非常に役に立っています。

当院では筋肉・骨格の構造的な歪みだけでなく、食生活・運動・休養・呼吸・心のあり方なども健康の要素として重要視しています。自分の体験を踏まえて考えると、それらの要素を抜きにして健康を実現しようとしても無理があると思うのです。

患者さん一人一人に合わせて最も適切なアドバイスが出来るように、これからも勉強を続けていきたいです。

願望実現のコツその1

願望を実現するにはいくつかのコツがあります。私はそれらのコツを知ってから実現の速度がグーンと速まりました。知っているのと知らないのとではえらい違いです。願望実現のコツを何回かに分けてお伝えしていきたいと思います。

人間の意識には「顕在(けんざい)意識」と「潜在(せんざい)意識」の2種類があります。顕在意識は「今日は暑いなぁ」とか「アイスクリーム食べたいなぁ」とか、あれこれ考えている意識そのものです。潜在意識は意識には上らない無意識のことです。

願望の実現のためにはいかに潜在意識に願望をインプットできるかがポイントになります。潜在意識にインプットされた願望のみが実現するのです。現在、ビジネスでも教育でもスポーツでも潜在意識が注目されています。

ここで潜在意識にインプットするときの大切なコツをお伝えします。


願望を過去形でインプットする

普通は願望をインプットするときに「開業したい!」というふうに思います。カイロの学校にいたときも多くの仲間が「開業したい」と言っていました。実際には開業にいたらずに業界を去ってしまったりする人が多く、開業したのはほんの一部の人だけでした。

さらに開業しても患者さんが少なくて困っているところがほとんどです。
顕在意識で「開業したい、開業したい」と毎日思っていると、潜在意識に「まだ開業できない自分」を強くインプットすることになります。

その結果、「開業できない自分」という願望が実現してしまうのです。ですから私は「開業している自分」を毎日イメージしていました。

上に過去形でインプットと書きましたが、過去完了形かもしくは現在進行形でイメージするとよいです。すでに開業してうまくいっている自分をイメージしながら、「開業したい!」ではなく「開業した!」もしくは「開業している!」と唱えていると顕在意識と潜在意識のギャップがなくなるので、実現の可能性が高まります。

さらに単に「開業している」だけでなく、「開業して患者さんがたくさん来てくれている」状態をありありとイメージすることにより、現在その状態が実現しています。

現実には技術面、資金面、開業する地域、物件選び、宣伝方法など解決すべき問題がたくさんあります。しかし、「すでに開業しているイメージを強く持つ」ことによって、不思議なことにそれらの問題はすべてスムーズに解決するのです

頭で(顕在意識で)考えるとちょっと無理かなぁと思えることがあっても、望む結果をうまく潜在意識にインプット出来れば、無理だと思っていた問題がどんどん解決するという不思議な現象がおこります。

「開業」の話を例に出しましたが、日常の仕事、人間関係、恋愛、健康、勉強など、どんな分野にでも応用できます。

あなたはどんな願望をインプットしますか?


咬み合わせと全身の関係

歯の咬み合わせと全身の症状は深く関係しています。操体法の勉強会で、長年咬み合わせの研究をされている歯科医の先生と知り合うことが出来ました。

私はここ10年ほど顎関節症と咬み合わせ不良のために、首のこりで悩まされています。仲間の先生に頸椎の矯正や、筋肉の調整をしてもらったり、自分でストレッチしたりしてある程度は良くはなってきているのですが、特に食事のあとに首のこりがひどくなります。

良い歯医者さんと出会えないかなぁと思いながら、毎日「ツイテル、ツイテル」と唱えていたら出会うことが出来ました。

さらにその先生とお話していると、私の自宅から100メートルの近所に住んでいることがわかりさらにびっくり。ご縁を感じて先日咬み合わせの治療を受けてきました。

咬み合わせを修正するマウスピースを作ってもらって、それをはめると首の可動域がグンとよくなるのがわかりました。長年の耳鳴り、偏頭痛、首のこりなどでお悩みの方は咬み合わせ不良が原因となっているかもしれません。興味がある方はホームページを見てみてください。

川村歯科医院
川村先生のホームページ「日本顎関節症リハビリ研究室」


あとがき

毎月このお便りに何を書こうかと考えるのですが、前日の夜に「書く内容がスラスラと出てきてすぐに書けました(過去形)」でインプットしてから寝ると、当日になると毎回不思議とスラスラ書けます。

そのようにインプットする前は一生懸命考えて1日がかりで書いていたのですが、現在はだいたい午前中で終わります。なんだか自分で書いていながら何かに書かされているような不思議な感覚です。

(やすらぎの杜通信 第17号 2005年9月1日発行)