こんにちは。やすらぎの杜整体院の上川名です。
バリカンで髪を刈っていたのですが、あまりに寒かったので最近ちょっとだけ髪を伸ばしにかかっています。気温も少しずつ上がってきたので頭皮の寒さも感じなくなりました(^.^)

院内の模様替えをしました 仙台やすらぎの杜通信23号

先月の後半に院内の模様替えをしました。ベッドや備品の配置が変わっただけなのですが印象がガラッと変わりました。何度も来院されている方々は見慣れない室内の光景に一瞬びっくりされます。患者さんからも好評です。

「あら~!すごく素敵ね~」「ずいぶん広くなったね~」などと言われています。自分でもなかなか気に入っています。見た目の印象も変わりましたが、配置を変えたことでいろいろと良いこともあります。

まずストレッチ指導のスペースをより広く取れるようになりました。床の上のマットで施術を行なうことも可能になりました。

操体法の施術中に大きな体の動きが出てくる患者さんがいますが、ベッドの上では収まりきれない動きにも対応できるようになりました。また、ベッドへの昇り降りができないような患者さんへも床のマット上で施術ができます。

受付の奥にあったデスクを施術室に移動しました。これにより、図や絵を描いたり模型を使用しながら、今まで以上にわかりやすい説明(お体の状況説明、施術方針の説明など)がしやすくなりました。

ベッドと棚の位置なども治療器具やタオルが使用しやすい位置関係になりました。私自身の施術中の無駄な動きも少なくなりました。施術用ベッドと光線用ベッドの距離も離れました。予約の前後の患者さん同士が顔を合わせることも極力少ない配置になったと思います。

私自身が気持ちよく施術ができることが患者さんの症状改善にもつながると考えています。今までしていた無駄な動きが少なくなったので、私自身もよりリラックスして施術ができるようになりました。

リラックスできないと、どうしても手や指の感覚が鈍ります。特に患者さんの体の微妙な感覚の変化についていく操体の施術は、患者さんの感覚が鋭い人ほどこちらも感覚を鋭く研ぎ澄ましておく必要があります。集中すると同時に深くリラックスしておく必要があるのです。

配置替え後は患者さんの体の感覚が今まで以上に手や指に伝わりやすくなったように思います。その意味でも今回の配置替えは良かったなぁと思っています。


原始感覚について

当院の施術は患者さんの「原始感覚」を頼りにしています。原始感覚とは体が求めている気持ちよさをききわける感覚のことです。同じ症状で来院されても患者さんによって体が必要としている刺激は異なります。

ですから当院では患者さんの体質・症状によって施術の内容や時間が異なります。体にとってちょうどよい治療刺激量を心がけています。

快適な感覚をききわける能力には個人差もあります。これは老若男女は関係ありません。若くても感覚が鈍っている方もいれば、年配の方でも非常に感覚が鋭い方もいます。

原始感覚のききわけ能力が向上してくると、その感覚に従って自分で自分の体に対して治療を行なうこともできるようになります。当院では私が患者さんを「治してあげる」のではなく、患者さん自身が治ろうとする力を引き出すお手伝いを心がけています。

ですから感覚が鋭い方は私がほんの少し手を添えてお手伝いをするだけでどんどん良くなっていく人がいます。

つい先日も70代の女性の方ですが、足腰の痛みで家の中を歩き回るのも不自由するという方が、何度か施術をくり返していくうちに痛みが楽になってきて、外に買い物に行ったときに杖を忘れて帰ってきたという方がいました。

この方は非常に原始感覚が鋭い方でしたので、私がしたことと言えばほんの少しの動きの誘導をしただけで、ほとんどご自身の力で良くなっていかれたのです。

体をどの体勢にすると楽なのか、どのように動かすと気持ちがよいのか、いろいろな動作を通じて私が患者さんに問いかけますが、非常に感覚が鋭い方とそうでない方がいます。

感覚がわかりにくいと言う方も心配はありません。施術をくり返すうちに感覚がよみがえってきます。人間ならもともと誰にでも備わっている感覚です。

特に動物や赤ちゃんや小さな子供さんほど原始感覚にしたがって活動しています。大人になるにつれて気持ちよい・気持ち悪いという感覚が鈍くなってしまう傾向があります。

人間を含めて動物の体は気持ちよさを感じるように動くことで治癒に向かうという自然法則があるのです。皆様の原始感覚を呼び起こすお手伝いをさせていただくと同時に自分の原始感覚も磨いていきたいと思います。


素晴らしい先生方を紹介します

私も生身の体ですので、自分自身の体のケアには日頃から充分に気をつけています。息・食・動・想そして環境も含めてバランスをとるように心がけています。さらにセルフケアを行なうと同時に、健康力を高めるためと予防のために西洋医学のお医者さんのアドバイスもいただいています。

私は長年の咬み合わせ不良による顎関節症で、首がこりやすいという弱点があります。さらに子供の頃からの慢性の鼻づまりで、いろいろな民間療法を試してもなかなか改善しませんでした。

しかしこれらの症状が下にご紹介する先生方との出会いによってかなり改善されました。とても感動したので皆さんにもご紹介させていただきます。

川村歯科医院 川村先生

仙台市宮城野区福田町1-2-3 022-259-3022
ホームページ http://www32.ocn.ne.jp/~tmdimpant/tmd01/tmd01.html

川村先生は以前にも紹介させていただきました。長年咬み合わせと全身症状との関連を研究されていて、咬み合わせ治療は全身の整体治療であると言われています。

私も咬み合わせが変化するにつれて頸椎の可動域がどんどん良くなっています。現在多忙につき県外からの患者さんはお断りしている状態です。

丸山アレルギークリニック 丸山先生

仙台市青葉区上杉5-1-1-212号(西友2F)022-712-5881
ホームページ http://www15.ocn.ne.jp/~maruac/

丸山先生はO-リングテストという特殊な筋力検査でその人にぴったりあった漢方薬を処方してくれます。また音叉療法という音の波動によるヒーリング療法や、各種の代替療法も積極的に取り入れて治療を行なっています。

うちの子供が赤ちゃんのときにお世話になり、便秘と湿疹が治りました。私もあっという間に慢性の鼻づまりが良くなりました。通常の西洋医学で治りにくい慢性病やアトピーの患者さんなどが数多く通院されています。


遠赤外線による光線療法について

平成18年4月1日より、当院の遠赤外線治療器による光線療法を有料とさせていただきます。

遠赤外線療法とは

太陽光線に含まれる電磁波で5~1000ミクロンの波長帯で深達力があり、体内に吸収され人体細胞で熱エネルギー反応を起こします。遠赤が生育光線と言われるのは、この温度上昇にともない血行が盛んに働くからです

遠赤外線の効果

1. 血管が広がり血行が盛んになります。
2. 細胞及び組織の生命活動が活発になります。
3. 新陳代謝による老廃物の分解で抗原の体内流通が可能になります。
4. 吸収された温熱は血液循環により生理的体内で拡散されます。

光線療法の料金(20分)

光線のみの方   500円
整体+光線の方  200円
回数券ご利用の方  無料

※回数券は通常「整体+光線」5回分で26000円のところ、22500円で販売しています。ご利用期限は購入日より3ヶ月間です。(1回当り4500円の計算です。3500円のお得です。)

なお急性症状による組織の炎症がみられる場合などこちらで光線を不必要と判断した場合には光線療法は行ないません。また温熱効果がありますので、光線療法が暑くて苦痛を感じるという方にも行ないません。希望しない方は来院時にお申し出ください。


あとがき

息子(3才)は紙工作が大好きです。いつもハサミで何かチョキチョキ切ってテープやのりで貼り付けています。自動車も大好きなので車の折込チラシが入ると、一台ずつきれいにハサミで切って大切にとっています。捨てようとすると怒られます。

暖かい春はすぐそこです。子供の頃は夏とか冬が大好きでしたが、大人になるにつれて春や秋も好きになりました。春はなんだかワクワクしますね。

※このお便りは当院の健康情報発信の一環として、基本的には3ヶ月以内にご来院された方にお送りしています。もしご迷惑な方は送付をストップいたしますのでご連絡ください。

(やすらぎの杜通信 第23号 2006年3月1日発行)