福の神 仙台やすらぎの杜通信5号

幼い子供の笑顔の写真からは、非常に良い波動が出ているそうです。
そこで8月から息子(2才)の写真を施術室に飾りました。

すると8月からいきなり患者さんの数が増え始めました。
予約がいっぱいでお断りしてしまった方も大勢います。
(せっかくお電話いただいたのにごめんなさい。)

知り合いの治療院の先生方は、口をそろえて「8月は暑くて患者さんが減っている」と言うのですが、当院はどういうわけか反対に増えています。
紹介で来院される方も増えています。本当にありがたいことです。
皆様のおかげです。ありがとうございます。

福の神流血!!

お盆休みに家内の実家に行きました。(福島県の泉崎村という田舎です)温泉にでも入りに行こうと思っていたのですが、息子がおばあちゃんの小物入れをいじっているうちに、カミソリで指を切ってしまいました。

仙台の家では危険なものは隠してあるので、琉人はカミソリが危険だということを知りません。ペンの一種か何かだとでも思って遊んでいるうちに切ったのでしょう。

気づいたときには血まみれになっていました。あわてて止血して包帯でぐるぐる巻きにして、温泉どころではなくなってしまいました。

とてもびっくりしましたが、なんとか1週間くらいで治りました。たいしたことにならなくて良かった、と思いましたが、同時に反省もしました。危険なものを隠すだけではだめで、きちんと教えていかないとなぁ、と思いました。

今ではカミソリを見ると「これ、イタイ、イタイだぁ」と言います。ちゃんと学習したみたいです。

ダイエット

私には2才年下の弟(現在30才)がいるのですが、不規則な生活からかなり太ってしまって、健康診断に引っかかりました。ついに医者から糖尿病の講習会にまで出席させられました。
その講習会に出席していた年配の方から「あんた、若いのに何をしているのだ!」と説教を受け、これではまずいと思ったそうです。

そして、ダイエットに取り組み(自己流の)、なんと3ヶ月で17kgも減量したのです。無駄に食べるのをやめてひたすら走ったそうです。今でも会社まで4、5キロの道のりを走って通勤しています。

今では血液検査の数値も正常になり、体も軽くて快調だそうです。久しぶりで会ったときに、シルエットが別人になっていたのでびっくりしました。体調が良くなったからよいですが、一般的には急なダイエットはあまりおススメできません。

今回は誰にでも簡単に出来る健康法をご紹介します。もちろんダイエットの効果も抜群です。


噛むことは最大の健康法

早食いの方はとくに読んでいただきたい内容です。

噛む効果には絶大なものがあります。よく噛めば、食べ物を分解・吸収し血液中の糖分が増え始め、脳の満腹中枢を刺激します。この流れがスムーズにいき、適量の食事で満足感が得られます。よく噛まないとどうしても食べ過ぎてしまいます。

余分な食べ物は、それを消化するために余分な労力を強いるので、胃腸に多大な負担をかけてしまうのです。全身の倦怠感、疲れやすい、朝の目覚めが悪いといった症状でお悩みの方は、まず食べすぎを疑ってみてください。

よく噛んで、食事が適量になってくると、栄養が十分に吸収され効率よく消費されるので、胃腸の負担が少なく、体は疲れにくくなり、元気が出てくるのです。


唾液の素晴らしい効果

よく噛むと唾液がたくさん出ます。
この唾液には驚くほど素晴らしい効果があるのです!

①毒消し効果

発ガン性のあるものに唾液を混ぜておくと、発ガン物質が消えてしまうそうです。唾液は無料の健康食品です。

同じ回数噛んでも、唾液の毒消しの力には個人差があります。若い人とお年寄りでは、若い人の方が毒消しの力は強い。同じ人でも体調によって変化します。体調が絶好調のときには、唾液の毒消しの力も強く働きます。病気のときは弱まります。

体調不良のときは、より多く噛んでください。体調の改善は、噛む回数に比例すると考えても良いくらいです。

②消化液としての働き(酵素)

アミラーゼという酵素によって炭水化物(ご飯など)を消化します。よく噛まないとご飯は分解されません。消化器系にかける負担だけ大きくなります。

唾液に含まれるヒスタチンは、歯周病などの予防になります。虫歯も予防します。

その他、ウイルスや細菌をやっつける免疫としての働きや止血の働きもあります。食道や胃に傷があっても唾液の働きで止血されます。


噛む回数

いったい何回噛めばよいのかということですが、噛めば噛むほどよいのです。

病気の人は一口120回噛むと回復が早まるそうです。(一口ですよ!)ずっと続いていたリウマチの痛みが、一口120回噛むことで、3週間で消えたという例もあるそうです。

健康な人でも最低一口30回は噛むと良いです。少し疲れたときはそれ以上に多めに噛んでみると、回復が早くなります。可能な限り、なるべく多く噛むようにしてみてください。

よく噛んで、唾液をたくさん出して食事をすると、食事の量も適量になります。少ない睡眠で疲れが十分に取れるようになり、朝も楽に目が覚めるようになります。ぜひぜひ試してみてください。

参考文献 「食のひずみを正す本」鈴木敏文著 明日香出版社


ホームページ

ホームページを作って約1ヶ月。素人が作ったページにもかかわらず、たくさんの新しい患者さんが来院してくれました。宮城野区以外、仙台市以外からも多数ご来院いただいています。本当にありがたいです。

現在のホームページは、当院の紹介がメインになっていますが、近々リニューアルを予定しています。自然治癒力を高める情報もたくさん載せていきます。


あとがき

よく噛む健康法の効果は、早い人だとその日のうちに現れます。食べすぎ防止にもなるし、ご飯の味もよく味わうことが出来ます。翌日の朝も体が軽いです。

いよいよ食欲の秋に突入です。しっかり噛んで自然治癒力を高めましょう。季節の変わり目ですので、風邪をひかないように注意してください。

またのご来院を心よりお待ちいたしております。

(やすらぎの杜通信 第5号 2004年9月1日発行)