ぎっくり腰で困っている方にお役に立てるように情報を書いてあります。ぎっくり腰の対処法と整体法について詳しく解説いたします。

 

 

  • 急に腰が痛くなった
  • 強い腰痛を感じている
  • 慢性的に腰痛があってさらに痛くなった
  • 仰向けで寝るのが辛い
  • 腰が痛くて寝返りが打てない
  • 腰が痛くてまっすぐ立てない
  • じっとしていれば大丈夫だけど体を動かすと腰が痛む
  • 仕事や日常生活に差し支える程の腰痛
  • 仕事が忙しい状況が続いていた
  • 体に負担をかけていたと思う
  • ストレスが結構溜まっていたと思う
  • 何となく腰周りに違和感を感じていた
  • ぎっくり腰を何度か経験している
  • 自分は腰が悪いと思っている

このページでは、ぎっくり腰の原因と旧来の考えに基づいた対処法についてまとめました。その後に新しい考えに基づいた対処法を紹介しています。その後に仙台やすらぎの杜整体院のぎっくり腰の整体について詳しく解説しています。

ぎっくり腰は痛いです。
ほんのちょっとした動作でおこる急性的な腰痛をぎっくり腰といいます。
ぎっくり腰というのは通称で、医学的には急性腰痛症といいます。

西洋ではその急激な痛みから「魔女の一撃」と呼ばれています。
そのつらさは経験した人でないとわからないという、とにかく痛くてつらいものです。腰痛のなかでも痛みが鋭い腰痛です。

重いものを持ち上げるときに、腰を痛めてぎっくり腰になるというイメージが強いですが、実際にはくしゃみをしたり、後ろを振り返ったり、かがんで物を拾おうとした時など、日常の何げない動作でぎっくり腰になる場合がほとんどです。

すぐに痛くて動けなくなる場合と、ひねったときは何ともないのですが、数時間後からズキズキと痛くなり動けなくなる場合とがあります。

ぎっくり腰になると、腰の右か左のどちらかに痛みが続き、上半身をそちらに曲げて腰痛をさける姿勢をとります。 痛みの程度は人それぞれです。軽いぎっくり腰だと、歩いたりは出来ますが、腰の関節に負担がかかる体勢になると鋭い痛みが生じます。重症の場合は、痛くて寝返りを打つこともできなくなります。

どちらの場合も、痛みから逃れられる体勢をとっているときは大丈夫なのですが、体勢を変えるときに鋭い痛みが生じます。

ぎっくり腰の症状と従来の対処法

ぎっくり腰 仙台

ぎっくり腰は、患部は必ず熱をもち炎症をおこしています。
熱をもつのは毛細血管が切れて内出血をおこし、動脈血が患部に流れてくるからです。
腰をいためてから、少し時間がたってくるとズキズキとした脈打つ痛みがやってきます。

ぎっくり腰になったと思ったらまず冷やすことです。
冷やすことで血管を収縮させ、動脈血の患部への流入を最低限におさえます。
これで腫れは最小におさえることができます。

製氷機の氷を一度水にくぐらせます。表面がぬれてつるつるの状態だと凍傷を防げます。
水にくぐらせた氷をビニール袋に入れて、患部に直接置きます。
急激に患部が冷えるので、焼けるように熱い感じがします。ビリビリ焼けるようなかんじがしますが、我慢していると、だんだん患部の感覚がマヒしてきます。

ぎっくり腰の患部を冷やす時間は20分以内にとどめます。20分以上冷やすと患部の炎症が強くなる場合があります。
時計を見ながら、15~20分冷やします。その後1時間くらい休憩して、ズキズキする痛みがあればまた冷やすというのをくりかえします。

人によっては、ほんの10分ていど冷やすだけ腰痛がとれてしまう人もいますし、2、3日冷やさないといけない人もいます。
ぎっくり腰の程度により個人差がかなりあります。

※仙台やすらぎの杜整体院では現在冷やさず温めて治す方法を推奨しています。詳しくはこのページの後半にあります。

ぎっくり腰と安静

ぎっくり腰の原因にはいろいろありますが、ほとんどは筋肉や靭帯などの軟部組織の損傷です。 体の中にキズ口があるわけです。
指の切り傷でもキズ口を動かしてしまうとなかなかキズ口がふさがりません。

キズ口がふさがるようにするためには安静が必要です。
腰に一番負担の軽くなる姿勢をとります。
痛む側の腰を下にして、腰を丸めて静かに寝ています。
あお向けに寝るときは、膝の下にザブトンを二つ折りにして入れてあげると腰痛が楽になります。

※動きたくても動けない場合には安静にしますが、少しでも動けるようになったら動ける範囲で動いた方が早く回復します。動けるようになっても安静を続けると症状が長引くことが知られています。

ぎっくり腰になりやすい人

ぎっくり腰になりやすいのは下記のような人です。

  • 一度でもぎっくり腰を経験している。
  • 腰の筋肉が硬い。
  • 腰のカーブが少ない。腰が丸まっている。
  • 中腰の作業をするとすぐに腰痛になる。
  • 腰が重苦しい。
  • 柔軟体操が苦手。

骨格的な特徴としては、腰椎の前湾が減少し、仙骨が後方にずれている。
腰、お尻(臀部筋群)、太ももの筋肉が硬いことなどが挙げられます。

急性腰痛(ギックリ腰)の痛みの意味

ぎっくり腰の痛みはつらいものです。ちょっと身体を動かすだけでも腰に激痛が走り、寝返りを打つのも大変な場合もあります。

ギックリ腰などの急性腰痛の痛みには、炎症が伴ないます。炎症を起こしている箇所を動かせば痛いのは当然のことです。しかし、その痛みにはとても大きな意味があります。

炎症による痛みは「その場所を動かしたり、刺激しないで!」という身体からのメッセージです。

そのメッセージを無視して、患部をマッサージしたり、痛い関節を無理に動かしたりすれば余計に痛みは増します。
当院にも他の整体院や接骨院などでマッサージを受けて腰痛が悪化して来院する人もいます。

ギックリ腰の急性期と回復期では、対処法も異なります。状況に合わせた適切な処置をすることが早期の回復につながります。

ぎっくり腰の根本解決のために

ぎっくり腰で来院される患者さんの中で、重いものを持ってぎっくり腰になる人は1割以下です。ほとんどの人が、日常の何げない動作でギックリ腰になります。「振り返った」とか、「ちょっとかがんだ」とか、「上の物を取ろうとした」とか、本当にちょっとしたきっかけでギックリ腰になるのです。

問題は、そのような「ちょっとした動作でぎっくり腰になってしまうような身体の状態になっていた」ということです。それを解決しなければ、また繰り返し腰痛になります。これが「ぎっくり腰はクセになる」と言われる所以です。

当院では痛みに対する治療をしません。

痛い患部という「結果」にアプローチするのではなく、痛みの原因を作り出す身体の歪みを整えたり、生活習慣の改善アドバイスにより「原因」にアプローチします。

あくまでも主役は施術者の私ではなく、あなたです。痛みを作り出したのはあなたの心と身体ですから、あなた自身の力で痛みを消すことも出来るのです。

「私が治す」のではなく、どうしたら「あなたが治る」のか、一緒に考えたりお手伝いします。

筋肉や筋膜の緊張を引きおこしている歪んだ身体バランスから、筋肉や筋膜がリラックスしやすい自然体のバランスをとり戻すお手伝いをします。また、生活習慣を含めて総合的なアドバイスをいたします。

よって、「理屈はどうでもいいから痛みだけ取ってくれ!」という考えの方のご来院はお断りします。

ご自身の身体の自然治癒力を高めて、根本的に解決したいというあなたのご来院を心より歓迎いたします。

ぎっくり腰は温めて治す(新しい対処法)

ぎっくり腰の対処法について最新情報をご紹介します。

ぎっくり腰は温めて治す

当院ではぎっくり腰など急性期の炎症を伴なう腰痛はまず冷やしましょうというアドバイスを行なってきました。

ところが、最近(2011年2月)考えを改めたので、このページを作成しました。

ギックリ腰になったら温めてください。

まるで正反対のことを言います。だけど、それにはきちんとした理由があります。その理由を説明させていただきますね。

ぎっくり腰の炎症の意味

ぎっくり腰で腰が痛いのは、患部に炎症が起きている状態です。「炎症=悪いもの」と捉えると、鎮痛剤や湿布や氷でアイシングするなどで冷やして痛みを取ろうとします。

ところが、ちょっとだけ見方を変えると、炎症は患部の修復作業が行なわれている状態です。プロスタグランジンなどの発痛物質も出るから痛いのですが、体が一生懸命治そうと作業をしている状態が炎症なのです。

炎症の部位を冷やすと、炎症が一時的に治まりますから痛みが和らぎますが、これは回復の反応を一時的にストップさせているのですね。

ですから、ぎっくり腰は温めた方が早く良くなります。その代わり炎症の反応が強まりますから痛みも強まります。

私は以前からそのことは重々承知していました。温めた方が早く良くなるけど、痛みが強まるので、まずは冷やして炎症をおさえて、ある程度痛みが和らいできてから温めるように指導していました。

ぎっくり腰は温めると早く良くなる!

ネットで検索しても、実際に治療院に行っても「ぎっくり腰の対処法」としては、まずは安静とアイシング(冷やすこと)が常識になっています。

ところが、ぎっくり腰のような炎症を伴なう急性腰痛の場合でも、温めた方が早く楽になることがわかりました。痛みも多少は増す場合もありますが、多くの場合冷やしたときよりもかなり回復も早いし、思ったより痛みも増しません。

温めてみて、耐えられないような激痛じゃない場合は、温めた方が早く良くなります。

体を温めるとすべての痛みが消える

温め方としては、使い捨てカイロを患部に貼るとよいです。(下着などの上から)

寝るときは低温やけどの怖れがあるので、基本的には朝から夜まで貼っておくとよいでしょう。カイロをはると10時間以上は温かい状態が続きます。患部の血流が促進され、組織の修復作業も速やかに行なわれます。

和歌山県に坂井学先生という湿布も鎮痛剤も使わずに、使い捨てカイロを貼って痛みを取る治療をしている先生がいらっしゃいます。坂井先生も、湿布とカイロを比べると、圧倒的にカイロを貼った方が楽になる人が多かったそうです。

私も坂井先生の本を読んで、患者さんの了解を得ながらいろいろ試してみたところ、ぎっくり腰や寝違いなどの急性痛の場合でも、積極的に温めた方が早く楽になることがわかりました。

もちろん、個人差はありますから、耐えられないような激痛になる場合は無理に温めないでください。当院のスタンスとしては、基本的にぎっくり腰は温める。激痛で耐えられない場合のみ一時的にアイシングをする。というスタンスを取っています。

「体を温める」とすべての痛みが消える―腰痛、ひざ痛、股関節痛、間欠性跛行が治った! (ビタミン文庫)
坂井 学
483761230X

湿布よりも使い捨てカイロ!  整形外科医が教える「目からうろこ」の痛み取り法!

痛みは「血液循環の低下」による「はたらき」の異常であり、 「体の修復工事」でもあった。 痛みを軽減して回復を促進する温熱療法と 痛みが出にくい体を作る生活習慣を、整形外科医が徹底紹介!

■あらゆる痛みに対応! 変形性膝関節症、変形性股関節症、椎間板ヘルニア、頚椎ヘルニア 脊柱管狭窄症、間欠性跛行、ばね指(狭窄性腱鞘炎)、 肩こり、頭痛、しびれなど。 ひざ痛が消え正座ができた!つえが不要になったと喜びの声が続出 !

(amazon 内容紹介より)

 

仙台やすらぎの杜整体院のぎっくり腰整体法

当院のぎっくり腰(急性腰痛)に対する整体法を解説します。

ぎっくり腰(急性腰痛)と整体

整体の先生でもぎっくり腰(急性腰痛)の施術が苦手な先生は多いです。私も開業したての頃は苦手でした。

ぎっくり腰の施術は整体の学校やセミナー等で教わった通りにやってもなかなか効果が出にくいものです。なぜならそのクライアントさんによって必要な整体法は異なるからです。

1つのやり方しか知らなければ、その方法で改善できなければ後は適当にもみほぐしたり、アイシングの指導をしたりということになってしまいます。

当院ではアイシングの指導もしません。むしろアイシングはしない方が早く良くなります。でもほとんどの治療院ではぎっくり腰などの急性痛にはアイシングをしています。適切な整体をすればアイシングの必要もなくなります。

痛めた程度にもよりますが、自力で来院できる人の場合ならほとんどその場で楽に立って歩けるようになります。

自力ではまともに歩くことも出来ずご家族などに連れて来られた場合でも、くの字に曲がった身体がまっすぐになります。

当院は慢性症状専門の整体院なのですが、急性痛のクライアントさんも結構来院します。多次元操体法はぎっくり腰や寝違えなどにも非常に効果的です。

ぎっくり腰の整体において私が心がけていることを書いてみます。整体師の先生にとっても、ぎっくり腰になってしまった方にとっても参考になれば幸いです。

ぎっくり腰施術のコツ

それではぎっくり腰に対する整体施術のコツをいくつか紹介していきます。一つ一つのコツを丁寧に解説していきます。

ぎっくり腰の整体:冷やさないで治す

ぎっくり腰の対処法でほとんどの治療家の先生はアイシング、つまり冷やすことを薦めています。常識的なやり方です。私も以前はそうしていました。

しかし2011年頃から方針を変え冷やさずに温めるようにしました。その方が圧倒的に治るスピードが早いです。

「体を温める」とすべての痛みが消える―腰痛、ひざ痛、股関節痛、間欠性跛行が治った! (ビタミン文庫)
坂井 学
483761230X

過去にこちらの本を読んでなるほど、と思ってこれまでアイシングをしていたクライアントに温める指導をしたところ、かなり良い成果が得られることがわかりましたので冷やさずに温めるようにしています。

炎症反応は実は回復のための反応だったのです。温めることで回復が進みます。

1つだけ注意点があります。じっとしていても耐え難い痛みがある時は無理に温めません。我慢できる範囲の痛みの場合は積極的に温めた方が治りやすくなります。

ぎっくり腰の整体:揉まない

ぎっくり腰の整体に限らず、当院では筋肉のいわゆる揉みほぐし行為はしません。

ぎっくり腰の施術に不慣れの整体院などで腰を揉まれることがあるかもしれませんが、避けた方が良いです。かえって痛くなったりします。

痛い患部ではなく、下肢や足指を揉みほぐすのは大丈夫です。痛いところを揉むのはとにかくやめた方がいいです。

ぎっくり腰の整体:短時間施術

ぎっくり腰の整体は、当院ではほんの数分で終わることが多いです。長くても10分以内に終わります。

それで劇的に動作や姿勢が変化します。びっくりされる方も多いです。本当に必要な事だけ見極めて行います。

特にぎっくり腰などの急性腰痛ほど余計なことはしてはいけません。ベッドに昇ったり降りたり、寝たり起きたり、そういう動作ですらとても辛いのです。

施術の為とはいえ、辛い動作をさせてしまっては身体は悲鳴を上げますし、そういう行為によってもっと状態を悪化させてしまいます。

細心の注意を払って、本当に必要な刺激のみ行うようにします。できるだけ余計なことはしない方が早く治ります。

ぎっくり腰の整体:観察力を高める

ぎっくり腰の整体には観察力を高めることも大切です。

クライアントさんの歩き方、姿勢、などから話を聞かなくてもわかることがたくさんあります。

私はそのクライアントさんが院内に入ってくる動作や姿勢を見れば、だいたいの施術内容が浮かびます。身体が嫌がる行為もわかりますし、どうしたら治るのかという道筋も見えてきます。

教わったテクニックを丸暗記してやってもぎっくり腰はたいして良くなりません。その方の身体が必要としている施術をしなくてはなりません。その為には観察力を高めることが大切です。

痛い部位は腰だけれども、刺激を必要としている部位は足首だったり、手首だったり、ということもあります。

両脇を娘さんと奥様に抱えられて入ってきた60代のぎっくり腰の男性。歩くのもやっとです。ベッドに寝ることも出来ません。やっとの思いでベッドに腰掛けたのは良いけれどそこからまったく動くことが出来ません。

座ったままこの男性の前腕に施術をしました。触れているのは前腕でしたが、前腕~上腕骨~鎖骨~肩甲骨~脊柱と刺激を伝えました。すると腰も楽になり、その場で自力ですっと立てるようになっていました。

この方は左官屋さんの仕事をしていて、腕も相当に酷使していましたので、腕からアプローチしたのです。

二回目に来院した時には、「おかげであれからどんどん良くなって今は普通に動けます」ということでした。

適切な整体をするとその場で変化も出るし、その後の回復もかなり早まります。

ぎっくり腰施術の失敗談

開業して二年目くらいの頃の話です。今でも覚えていますがぎっくり腰の施術で大きな失敗をしました。

当時は自分が卒業したカイロプラクティックスクールで教わった手技をやることも多かったです。今は一切使っていませんが、当時はまだ自分の操体法に自信がなかったので、いろいろな整体手技を行っていました。

外から力をかけて行う整体手技は、たしかに体は変化するのですが部分的な変化になりやすいのです。全体との調和が乱れやすくなります。

どこかが痛くなれば、そこをかばうような形で全身が協力して変化します。それを世間一般的には「歪んでいる」と見なします。しかし、身体の都合を考えると歪むことで一生懸命体を守っているのです。

ところが整体などの手技により、そのバランスを崩してしまう可能性があります。

私が当時やったこともそうでした。腰痛で来院しましたが、施術後には劇的に楽になって喜んで帰っていきました。ところがその翌日に動けなくなったとクレームの電話をもらったのです。

一時的に楽になっても痛めているところが治ったわけではありません。私の説明不足もあり、治ったものだと思って普段通りに身体を動かしているうちにまた新たに痛めてしまったようです。

これは事前にそのリスクを充分に説明しなかった私にも責任があります。

それに、だいぶ後になってからいくら痛みが取れても全体の調和を崩してはいけないと思うようになりました。当時はまだ部分の痛みを改善させることに集中していました。

全体との繋がりを考慮する整体

痛みがあるという事は実は大事なことです。

ぎっくり腰の痛みは身体を守るために出ています。だいたいぎっくり腰になる人は仕事が忙しすぎて心の余裕がなくなっていることが多いです。

重いものを持ってぎっくり腰になる人は私の経験上は1割以下で、9割以上は普段の日常生活の中で激しん腰痛に見舞われています。特に重いものを持つわけでも激しい運動をしたわけでもありません。

それくらいギリギリの状況になっても放置していたからこそ、ちょっとした日常の動作でぎっくり腰になってしまったのです。

痛めたら痛めたでそこをかばうように、身体はバランスを取ってくれます。痛みが少しでも和らぐように守ってくれるのです。身体にとって不適切な動作をすれば痛みを出して警告を出してくれます。それがぎっくり腰の状態です。

だから、全体のバランスが変わらないままで一部だけ痛みが取れたらそれは危険なことなのです。

当院では全身のバランスが自然に変化した結果、患部の痛みが結果として和らぐような方法で整体を行っています。

(2016年6月)

ぎっくり腰の整体症例

実際のぎっくり腰への整体の症例を紹介します。

30代の男性が当日予約で来院しました。数日前にぎっくり腰になり、一度治りかけたと思ったけれどまた痛くなって「急性腰痛」などのキーワードで検索して当院HPを見て来院しました。

重いものを運ぶ仕事をしているので、年に一回は寒い時期にぎっくり腰になるとのことでした。いつもロキソニンテープを貼ってコルセットを巻いてしのいで何とか自力で治していたのですが、今回は痛みもひどくて治らないとのこと。

実は二か月前にもぎっくり腰になり、完治しないうちにまた今回のぎっくり腰になったので、根本的に治していかないとと思うようになったようです。

ぎっくり腰はくせになる?

ぎっくり腰はくせになる、などと言われています。しょっちゅうぎっくり腰になる人は確かに存在します。ではなぜしょっちゅうなってしまうのでしょうか?

原因は腰周辺の筋肉や筋膜が固まっているからです。そしてぎっくり腰を繰り返す人は普段から骨盤周りの可動域に制限があります。動きも固いのです。痛みはなくとも何となく腰回りが重くてだるい、という症状を普段から感じていたりします。

正常な可動域があれば日常動作をしてもなんともないのですが、可動域制限があるとちょっとした日常の中の何ということもない動作で腰の筋肉を痛めてしまうのです。それがぎっくり腰です。

腰痛が長引く理由

骨盤や腰周りの可動域が悪いということは、その周辺の筋肉がこり固まっています。筋膜の状態も捻じれて歪んでいるのです。そのような状態だと血流も悪くなかなか腰痛が回復していきません。

仰向けで寝ても足を伸ばして寝るのが辛いという人が多いです。寝ても身体がリラックスできないので寝ている間も緊張が続くのです。だから腰痛がなかなか治らないのです。

ぎっくり腰施術のポイント 

私はぎっくり腰の初期の施術においては、いくつかのポイントを意識しています。直接痛いところを施術するのではなく、ポイントを意識した整体を行っています。

仰向けで楽に寝れる

ぎっくり腰の人はだいたい腰を丸めていたり、横にくの字に身体が曲がってしまっています。痛くて腰をまっすぐ伸ばすことが出来ないのです。だから仰向けで寝るのが辛い人が多いです。

この状態で過ごすと回復にとても時間がかかります。まっすぐ楽に寝れるようになると一晩ごとの回復のスピードがまるで違ってきます。無理に痛いのを伸ばすのではなく、脚や骨盤のバランスを調整することで仰向けで楽に寝れるようになります。

膝倒しの可動域を取り戻す

仰向けで膝を立てて、その膝を左右に倒します。ぎっくり腰になると多くの場合に膝を倒す途中で腰に痛みが走ります。腰の筋肉が固まっていることで骨盤や腰の可動域がかなり少なくなっています。

整体により骨盤の緊張が緩むことで、膝倒しの可動域が広がります。同時に全身のこわばりも改善します。ぎっくり腰になると痛い腰をかばうために全身の筋肉も固くなりがちなのです。

食生活の見直し

あまり知られていませんが食生活と痛みも関係してます。痛みを感じやすい人や痛みが治りにくい人は、食生活に大きな原因が潜んでいることもあります。触診や問診である程度わかりますので、必要に応じて食生活の改善アドバイスもしています。

ぎっくり腰の整体症例1(2017年2月)

前置きが長くなりました。この方はうつ伏せにも仰向けにもなれなくて、右肩を上げると肩に痛みもありました。30代ですけど、時々右肩が痛くて挙がらなくなるようです。

ぎっくり腰の痛めた部位はけがのようなものだから、そこを施術するのではなくて患部にかかる負担を取り除くような整体を行います。

仰向けで膝を立てると楽だったので、その姿勢のまま仙腸関節の調整をしたら膝倒しの動きが少しずつ楽になってきました。さらに膝倒しの逆モーション操法を行い、さらに楽になりました。

仰向けに寝るのも楽々寝れるようになりました。ぎっくり腰の人は、仰向けで楽に寝れるようになることがまず一つのポイントと考えています。

腰痛の方だとここで一度身体を起こしてもらって再度検査をしますが、ぎっくり腰の人はいちいち検査のたびに体勢を変えることも辛いので、検査はまとめて最後にやることにしてそのまま上半身の施術を行いました。

右肩可動域制限も調整して、最後に起きてもらうと肩の痛みも取れていました。起き上がる動作時にまだ少し痛みは残っていますが、起きてもらうと楽にまっすぐに立てるようになりました。

こうなると日常動作も格段に楽になりますし、一晩寝るごとにどんどん回復していきます。

ぎっくり腰の整体症例2

仙台市宮城野区在住の40代男性。

当日予約でお電話いただきました。
カルテを見ると約八年ぶりの来院です。

八年前に腰痛で二度来院されています。
今回は今朝ぎっくり腰になり当日予約での来院でした。

八年前とはだいぶ施術内容も変わっていますし
料金も違うし時間もかなり短くなりました。

施術内容だけでなく、クライアントさんにお伝えする内容も
だいぶ変わっています。

当時は治しません、なんてことは言えませんでしたし
腰痛の患部に対して直接施術したりもしていました。

今回は、患部には一切触らず。
時間もほんの10数分。

でも可動域もだいぶ広がり動きやすくなりました。
痛みそのものを治すのではなく、
ぎっくり腰を起こしてしまうような身体のバランスや
可動域制限を本来の状態に戻していく必要性を
お伝えさせて頂きました。 

八年前にはそういうこともあまり伝えていなかったのかもしれません。
その時痛いところだけ治ればよい、という方には
特にそれ以上のことはあまり言いませんでした。

でも今回はご理解して下さって、また次回のご予約も頂きました。

ぎっくり腰で来院する人の特徴

ぎっくり腰で来院するクライアントさんの9割以上が
何気ない日常動作でぎっくり腰を起こしています。

重いものを持ったり、急な動作で痛める人は1割以下です。
ほとんどの人が特に何をしたわけでないのにぎっくり腰に
なって来院します。

それだけ身体が限界に来ていたということです。

だいたい仕事が忙しかったり、寝不足が続いていたり
疲れがたまっている時にぎっくり腰になりやすいです。

ぎっくり腰になる前から何かしら腰が重かったり
だるかったり動きが悪かったり前兆があるものです。

前兆に気づかなかったり、気づいても無視していると
ぎっくり腰になって教えてくれるんです。

何を教えてくれるのかと言うと、

疲れがたまっていますよ
もっと身体を休ませてくださいね

そんなことを教えてくれるんです。
だから身体ってありがたいのです。
ぎっくり腰もありがたいサインなのです。