妊娠中の腰痛でお悩みの妊婦さんへ

当院の整体セッションは妊婦さんも安心して受けて頂けます。
優しい自然な施術ですので母体にも赤ちゃんにも一切負担をかけません。

妊娠中の腰痛

妊娠前には、腰痛が気にならなかった女性でも、妊娠してから腰痛に悩むようになる人がいます。

妊娠中は、骨盤内で赤ちゃんを育てますから、骨盤の位置が大きく変化します。
また出産に対する心理的な不安や緊張などが重なることもあり、自律神経のバランスやホルモンのバランスが変化します。

そういった、体内の構造や生理面の大きな変化により、いろいろな症状が出ることがあります。
腰痛や坐骨神経痛も発生しやすい症状の一つといえるでしょう。

妊婦さんはお腹が大きくなります。
骨盤が前に回転し(前傾)、腰の骨(腰椎)の関節に負担がかかり、関節性の腰痛を起こしやすくなります。
腰痛以外にも、坐骨神経痛、ぎっくり腰で来院される妊婦さんもいらっしゃいます。

しかし、一般的には妊娠中ということで、整体院やカイロプラクティック院、リラクゼーションサロンなどではうつ伏せで施術するところも多いですから「妊婦さんはお断り」というところも多いようです。

妊婦さんに対しては、特別な施術が必要です。
母体にもお腹の赤ちゃんにも一切負担がかからないように、デリケートに繊細に優しく筋肉や骨格を調整する技術が必要なのです。

妊婦さんの腰痛の原因:ホルモンの影響

妊婦さんの腰痛の原因は、必ずしも構造的な原因だけではありません。
妊娠をすると分泌されるホルモンの働きによる影響もあります。

赤ちゃんが生まれる時には狭い骨盤を通らなくてはならないため、その狭い骨盤が開く必要があります。
ですから、骨盤などの靭帯をゆるませる作用のあるリラキシンというホルモンの分泌が多くなるのです。
リラキシンの分泌は妊娠の初期から盛んになります。

リラキシンの作用により、骨盤の関節がゆるむことで腰痛が起こりやすくなるといわれています。

骨盤を支える靭帯がゆるんで起きる腰痛では、ゆるみにより関節へ大きな負担がかかります。
関節の動きについても、通常よりは大きくなり、これも腰へ悪影響を及ぼします。関節の動きが大きくなってしまうと、その周囲の筋肉も痛んでしまうことがあります。

妊娠中のぎっくり腰

妊娠中に急な腰痛に見舞われる方がいます。
妊娠中はホルモンの働きで、仙腸関節などの骨盤の関節がゆるみます。
急な動作、慣れない動作などをした結果、ギックリ腰になってしまう妊婦さんが時々来院されます。

産婦人科のお医者さんから、「もっと歩くように」「適度に運動するように」などの指導を受けて、運動をしすぎてしまったり、身体に負担がかかる動作をしてしまって、ぎっくり腰になったりする例もあります。

ぎっくり腰などの急性腰痛は、なった人にしかわからないような激痛です。
ただでさえギックリ腰の激痛はつらいものですが、妊娠中という特別な状況ですから、不安になったりパニックになったりしがちです。

しかし、どんなにつらいギックリ腰でも最初は安静にして、関節をアイシング(冷やす)して、適切な調整をすれば、数日~1週間くらいのあいだに回復するものです。

寝返りも打てないようなひどい腰痛がある場合には、楽な姿勢をとり患部をアイシングすると良いです。炎症が起きている状態で温めたり、無理に動かしたりすると悪化しますから注意が必要です。

詳しくはギックリ腰の対処法のページも参考にされてみて下さい。

妊婦さんへの整体施術

仙台やすらぎの杜整体院では、基本的に、妊婦さんの施術は受付しています。妊娠初期から、出産予定日近くまで対応しています。

うつぶせの体勢は避け、あお向け(仰臥位)、横向き(側臥位)、もしくは座ったまま、立ったままなど、とにかく最も妊婦さんが楽に感じられる体勢で施術を行ないます。
妊婦さんには操体法の施術を行ないます。

操体法の施術は妊婦さんの母体にとっても、お腹の中の赤ちゃんにとっても自然で、負担もなく、とても気持ちよく治癒へと導かれるプロセスなのです。

構造的にも生理的にも調和がとれた状態であれば、腰痛もなく快適に妊娠期間中を過ごすことができます。
もちろん出産も比較的楽にスムーズにすることができ、産後の体調回復も早いのです。

つわりと整体

妊娠初期のつわりで悩んでいるクライアントさんが、整体を受けて改善しているケースもあります。当院の施術は骨盤の歪みや身体のバランスが整うだけでなく、エネルギーの流れも良くなります。

つわりがひどくてつわりの改善の為に通院していたクライアント様のケースですと、整体を受けるとその場で瞬時に気持ち悪さが消えていました。

つわりの改善例

妊娠前、妊娠中、出産後と、仙台やすらぎの杜整体院を利用していただいている女性もいらっしゃいます。
妊娠中の腰痛でお悩みの方は、妊娠期間中を元気に過ごすためにも整体を受けてみてください。
もし不安な点などございましたらお気軽にメールにてご相談くださいね。

妊婦の整体臨床例

妊婦さんの整体臨床例を紹介します。

来院日 2016年9月
宮城県柴田郡よりご来院 妊娠六か月の妊婦さん
主訴 腰痛 妊娠3~4ヶ月頃から仰向けに寝ると骨盤や腰周辺が痛い

地元の整体院に行ったけれど、妊婦さんへの対応は特に行っていなかった。
二回通院して側臥位で腰部のマッサージなどを受けたが症状はまったく改善せず、
新たなアプローチを求めてインターネットのホームページを見て来院しました。

妊婦の腰痛の検査

ベッドに座った状態で左右の膝を持ち上げる動作をしてみると
左脚が持ち上げにくい状態

肩の外転検査は左肩は問題なく上がり腕も耳に付くが
右肩が135°くらいで引っかかって挙がりません。

見学しているお母さんにも一緒に確認してもらいました。

操体法の施術

操体法の施術を行います。

座位の踏込操法(左脚)をしました。
それで左脚が持ち上がりやすくなり、右肩も上がりやすくなりました。
これだけで大幅に改善してお母さんと一緒に「不思議~!」と驚きます。

「不思議~!何もしてないのに!」と言われましたが
何もしてなくはないです(笑)踏込操法やりましたから(^^)

次に同じ脚で側臥位の膝伸ばし操法です。
基本操法であるうつ伏せ膝伸ばし操法を側臥位で行いました。
応用操法でこれもオリジナル操法です。良く使います。

これでさらに左足が上がりやすくなり、右肩の抵抗もすっかり取れました。

次に仰向けで寝てもらいます。
骨盤の左右の捻じれはこの段階で整っていますので
左右の膝倒し検査はスイスイ動けました。

でも足を伸ばして仰向けで寝ると腰部に違和感が出ます。
膝を立てた方が楽な状態でした。この状態が改善しないことには
家に帰って仰向けで寝るとまた痛みが出てしまいます。

ここから脊柱圧操法。
妊婦さんですから通常の脊柱圧よりもデリケートに
感覚を丁寧に丁寧に問いかけながら行いました。

「腰や背中が伸びてすごい気持ちいい」とのこと。

「この気持ちよさで身体が治っていくんですよ。」
と簡単に操体法説明も交えながら操法を行います。

脊柱圧操法をしたら仰向けの状態が一気に楽になりました。

さらにつま先上げ操法を行いました。
これも上手に味わってくれました。

妊婦さんはほとんどの方が感覚が良いです。
きっと赤ちゃんと言う自然な存在と常に一緒にいるからだと思います。
妊婦さんや産後間もないお母さんはだいたい感覚が研ぎ澄まされています。

本能的な感覚が活性化しているのだと思います。
そういう時期に操体法の施術を受けことは非常に良いことです。

仰向けで寝たときの腰痛もすっかり改善しました。
膝倒し検査もさらに動きが良くなりました。

お母さんの感想は「とっても自然で横で見ててもわかりやすい。」

操体法はとてもシンプルなんです。
シンプルだけに奥深いとも言えます。

特に妊婦さんは妊娠中に施術を受けられる整体は限られます。
操体法なら自分で調整も可能です。

妊娠中、産後も自分でいろいろ調整出来ますので
産後しばらく動けない時期も自分で調整出来ます。

そのような調整法を身につけておくことは一生の財産になることでしょう。

妊婦の整体臨床例その2

来院日 2017年3月
福島県相馬市よりご来院 臨月の妊婦さん
主訴 腰痛

以前に何度か通院されていたつわりでお悩みの妊婦さん。前年の夏から秋に三回通院して、その後すっかりつわりは良くなったそうです。今回は六か月ぶりの来院です。

だいぶお腹も大きくなっていました。来月の頭に出産予定だそうです。前回来院してから調子よく過ごしていたとのことですが、お腹が大きくなって内臓を圧迫するのが苦しいのと、腰痛がひどくなって来院しました。

整体の検査

身体の負担は最小限にしたいので、出来るだけ体勢を変えないで検査も施術も進めていきます。ベッドに腰掛けたままで、骨盤や脊柱、上肢の検査を行いました。

もも上げ検査では左ももを上げにくい。
肩上げ検査では両肩がひっかかって挙がらない。
胴体の左右回旋では右に回旋しにくい。

とりあえずそんなところをチェックして整体をスタートしました。

側臥位の施術-股関節伸展操法

妊婦さんの施術は出来るだけ楽な体勢で行います。横向きで寝るのが楽なようなので、まずは側臥位の施術からスタートしました。

左の股関節を屈曲する検査でやりにくさがありましたので、その反対の動きをします。左を上にして側臥位になり、左股関節を伸展するようにゆっくり脚全体を斜め後方に伸ばして来てもらいます。

それに対して私はサポートをします。とても気持ちが良いとのことです。しばらく味わってもらってまた腰掛けてもらいました。

そして再度もも上げ検査をすると左のももを上げる動きがとても楽にできるようになりました。肩上げ検査は右肩がスムーズに上がるようになりました。

座位の施術-体幹回旋操法

妊婦さんは仰向けを避けて施術します。この方は臨月で仰向けも苦しそうなので座ったままで施術を続けます。体幹の捻じれを解消する操法を行いました。それで右肩がさらにスムーズに上がるようになりました。

お腹の苦しい感じも和らいできました。左腕も先ほどよりだいぶスムーズに上がるようになりましたが、右に比べるとまだ引っかかり感があります。

座位の施術-バタフライ操法

左腕からバタフライ操法を行います。上肢と肩甲骨と脊柱が同時に変化します。とても気持ちよい感覚がありました。そのまま味わってもらいます。これで左肩もスイスイ挙がるようになりました。

最後にちょっとだけ仰向けになってもらって骨盤の状態や動きをチェックするとだいいぶ良い状態になりました。腰痛が改善しただけでなく身体全体も楽になったようでした。

また出産前にもう一度来れると良いですねとお伝えして終了しました。今回の出産は2人目の出産だそうです。1人目の時はだいぶ難産で苦しんだようなので今回のお産は前回より軽くなると良いなと思います。

 


整体口コミ体験談「妊娠中の腰痛」
仙台整体口コミhuri

現在妊娠9ヶ月です。2人目の出産になりますが、1人目を出産した後の体調不良のときからお世話になっています。
妊娠してお腹が大きくなってから、腰痛になりました。

仙台やすらぎの杜整体院では痛い矯正もなく、腰まわりの動きが楽になるよう整体していただき(本当に不思議です!)、助かっています。
今日は軽いぎっくり腰気味ということで、また出産前に診てもらおうと予約をしました。

整体の施術中、胎動もありますが、赤ちゃんの動きが穏やかなので、きっと赤ちゃんも一緒に気持ちがいいのかなぁと思います。

またよろしくお願いします。

古山裕子様(仮名) 主婦 仙台市青葉区