宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。

マリンバ奏者の整体症例です。音大を出てプロのマリンバ演奏家として活動されている二十代の男性です。通院しているお母様のご紹介で来院されました。今回は二度目の来院です。一度目の来院時に体の変化を体感されて「全然違う!」と喜んで頂きました。

マリンバと整体

私はマリンバという楽器についてほとんど何も知らなくて、マリンバと聞いた時にどんな楽器なのかイメージできませんでした。「木琴の大きいやつ」と言われてようやくイメージが湧きました。

マリンバという楽器

ネットで調べてみるとかなり大きいんですね。小学生や中学生の時に音楽の時間に木琴を触った記憶がありますが、マリンバはかなり木琴と比べてデカいです。木琴を叩くバチ的なものを木琴の鍵盤?にちゃんと当てるのが大変でした。

そのバチを「マレット」と言うそうで、実際に見せてもらいました。何と、驚くことに片手に二本ずつ、両手に四本持って演奏するのだそうです。音楽の時間に左右に一本ずつ持って演奏の練習をしてうまくできずに気が狂いそうになった記憶があります。

左右に二本ずつ持って演奏するなんて想像が出来ません。しかも、片手に持った二本の幅は一定ではなく二本の幅をコントロールしながら演奏するということを聞いてびっくりしました。想像するだけで手が攣りそうです。

前腕や手首にかなり負担がかかるということがわかりました。マレットの大きさもそれぞれ違っていて左手に持つものは重く、右手に持つものは軽く作られているのです。とても繊細な技術を要する楽器であると同時に、かなり全身も使うこともわかりました。

楽器演奏と整体(操体法)

どの楽器を演奏するにしても全身のバランスが大切なことに変わりありません。より繊細でより精妙な表現をするためには、より自由に身体が連動して動くことが大切になります。

だから、一か所の部位だけを調整するにしてもその部位だけでなく、全身との関連も講書してその部位が自由に動けるようになる必要があります。

操体法は全身の連動を引き起こす整体法ですので、音楽家・演奏家のパフォーマンス向上の為に非常に優れた調整法と考えています。

前回も今回も身体全体が調和するように調整のお手伝いをさせて頂きました。特に右手首に負担がかかっていたようなので、手首~肘~肩がより自由に動けるようにバランスを調整しました。

開運整体

今日も「全然違う!」と喜んでくださったのですが、不思議で嬉しいご報告を頂きました。

「実は不思議なことに、前回来て整体を受けてから、どういうわけか演奏の依頼も急に入るようになったんです!ほんと不思議なんですけど。」

整体(多次元操体法)で心身のバランスが整うと当時にエネルギーバランスも整います。そうすると引き寄せる現象も変化します。体調面だけでなく、人間関係や仕事のことやいろんな面で変化する可能性があります。

なぜなら、原因の世界が変わるからです。原因の世界が調和するから結果である外側の世界にも調和が反映されていきます。そこが多次元操体法と一般的な整体と違うところなのです。