手首の腱鞘炎で来院された患者さんの操体法症例をご紹介します。

Fさんが3年4ヶ月ぶりに来院しました。3年前に腰痛で通院していたことがあります。今回は手首痛でお悩みだそうです。

先月のある日から急に右手首が痛くなり、その後左手首も痛くなって整形外科に行くと腱鞘炎と診断されました。鎮痛剤を処方され、湿布を貼ってサポーターで保護していますが、一向に良くなる気配がありません。なかなか良くならないのでついには手術を薦められてしまったそうです。

手術を受ける前に出来ることをやってみようということで、3年前に通院していた当院を思い出して来院されたのでした。

改善例1

まずはFさんの体の状態をチェックします。

右手首は軽く掌屈・背屈の動きをするだけでも痛みがありました。左手首は動かすだけでは痛みはありません。ベッドに手をついて体重をかけると痛みがあります。

痛いのは手首ですけど、手首以外にもいろいろチェックします。腕を挙上しようとすると、肩関節が途中で引っかかって上まで挙がりません。左右の腕ともそんな状態でした。姿勢も背中が丸くなって猫背になっています。

手首が痛いと、多くの治療法では手首の関節を何とかしようとしますけど、当院では手首は一番後回しにします。痛いところはできるだけそっとしておくのです。

骨盤の調整

操体法の施術は毎回パズルを解くかの如くです。

Fさんは肩関節の動きが悪く、骨盤もねじれた状態でしたので、まずは骨盤周辺から調整を行ないました。

まずは仰向けで膝たおし三軸操体です。これであっという間に骨盤のねじれが解消しました。ベッドに腰かけてもらって、腕を挙上してもらうと右腕も左腕もスイスイ挙がるようになりました。Fさんはびっくりです。目が点になっています(笑)

もう一度右手首を動かしてもらうと、さっきは自分で軽く動かすだけで痛かったのに、痛みがありません。Fさんはますます目が点です。骨盤のねじれが手首にまで影響するとは普通はわかりませんから、びっくりして当然です。

肘関節の調整

手首を動かしても痛みはなくなりましたけど、ベッドに手をついて体重をかけると、左右の手首ともまだ痛みはあります。

そこで今度は肘の関節の調整を行なうことにしました。骨盤の調整で、肩甲骨や肩関節の動きは正常になったので、だんだん患部に近づいて次は肘を調整してみます。

まずは右肘から。肘関節のやや前腕よりの部分で橈骨と尺骨のバランスを調整します。調整した状態で肘を押さえたままFさんにベッドに手をついて体重をかけてもらうと手首の痛みはありません。これで痛みが消えるのであれば肘周辺を調整すればよいということになります。

片手で橈骨・尺骨を締めるように押さえたまま、さらに反対の手で上腕骨をつかんで、上腕と前腕を少しねじります。前腕を回外したときに「気持ちがいい感じ」というのでそのまま十数秒間押さえておきました。

それから私は手を離して、Fさんに自分でベッドに手をついてもらうと、グッと体重をかけても手首の痛みは出なくなりました。左手も同様にして痛みが消失しました。

ここまで説明時間を省けばほんの数分の出来事です。先月から手首が痛くて整形外科で治療を受けても改善しなくて、手術を薦められていた腱鞘炎の痛みがほんの数分で消失してしまったのでした。

まとめ

結局手首には触れもせずに痛みが消失してしまいました。

調整したのは骨盤や脊柱のねじれと、上腕骨・橈骨・尺骨のバランスです。

今回のFさんのケースは、手首に何か衝撃を与えて痛くなったわけではないので、手首そのものの問題ではなく、全身の骨格バランスの歪みの結果として手首に負担がかかっていたのでした。だから原因は手首にあったわけじゃないので、手首には触れなくても痛みが解消したのでした。

全身はお互いにいろいろと繋がりあって協力しあいながら動いたりしています。だから痛いところだけ見るのではなくて、全身のつながりを考慮して調整する必要があるのです。

かといってもむやみに全身をマッサージしたり、決められた手順で全身の調整をすればよいというわけでもありません。その人にとって必要な刺激を必要な量だけ味わうことが大切なのです。

(2011年8月)

改善例2

手首の腱鞘炎 仙台市

手首の腱鞘炎の症例です。
仙台市宮城野区在住40代女性クライアントさん。

3年ほど前から時々通院して下さっています。

シフト制の仕事をしていて、一週間前にならないと
仕事の休みの予定がわからないのでいつも次回の予約が出来ず
シフトが出てから直前に予約を下さいます。

予約が空いている時と埋まっている時と半々くらいです。

今回は操体法個人レッスンのご予約でしたが
急に左手首が痛くなったのでレッスンよりも
そちらの施術優先でやりました。

酷い時は手の指を握るだけで手首に激痛が走っていたそうですが
波動治療を行う仙台市内の某有名クリニックに行ったら改善。

酷い激痛は治まったものの、手首を動かしたり
タオルを絞る動作などでまだ痛いということなので
操体法でやれることをやってみました。

腱鞘炎の施術

まずは骨盤の捻じれから調整。痛いのは左手首ですが
痛いところは後回しです。

次に右肩の調整。その次に左肩。

それから左の前腕にアプローチ。

私の整体臨床経験では、腱鞘炎のほとんどの方が
前腕の骨が捻じれています。その捻じれを解消すると
たいていの場合その場で痛みが消失か改善します。

この方の場合も、前腕の捻じれを取ると
その場で手首の痛みがだいぶ和らぎました。

動かして痛かったのが痛くなくなりました。

反対の手で自分でも出来る方法なので
詳しくやり方を教えました。

手首のセルフケア

操体のセルフケアは感覚を頼りに行います。

前腕の皮膚と筋膜を気持ちが良いようにねじります。
ねじる場所も感覚に問いかけながら決定します。

手首に近い位置、肘に近い位置、その中間あたり。
どの辺がより気持ちよい感じがするのか?

この方の場合は肘の近くが良い感じがありました。
肘周辺にアプローチすることで手首痛が
だいぶ楽になったのでした。

大まかな捻じれが解消するだけでも
手首痛や肘痛が改善するケースが多いです。

自分でも出来るので肘痛、手首痛で悩んでいる人は
自分で試してみると良いですよ。
(もちろん自己責任で♪)

改善例その3

手首痛の改善例です。手首の痛みでお悩みのクライアントさん。
30代女性。飲食店で働いています。

何年も前から手首の痛みや違和感で悩まされています。
仙台あたりでは「いづい」と表現します。
しっくりこない、違和感がある、という意味です。
手首がいづいのだそうです。

時々手首だけでなく、前腕や手にも痛みが出ます。

手首痛の原因

だいたいそういう場合は前腕がねじれていることが多いです。
橈骨と尺骨のバランスが歪んでいるのです。

なのでいつも前腕部をねじるように調整すると
その場でウソのように症状が楽になります。
「全然違う!」と言いながら笑ってくれます。

前腕部だけでなくて肩関節や肩鎖関節のバランスも
調整するとより楽になります。

手首痛のセルフケア

お仕事で手や腕に負担がかかる動作を繰り返しているので
その影響でねじれてしまうようです。
毎日通院するわけにはいかないので
自分でねじれを解消する方法をお伝えしました。

単に前腕部をねじるだけでなく、ねじり方のコツがあります。
さらに前腕部から肩、肩甲骨、脊柱と動きを連動させると
より広い範囲で身体のバランスが調和します。

そんなセルフケア方法もお伝えしました。
セルフケアをした方が施術効果も長持ちしますし
また歪んでも自分で調整もできますので
やる気のある人にはセルフケアもお伝えしています。

セルフケアはこっちが一生懸命に教えても
ご本人がそれほどやる気がなければ意味がありませんし
あまり難しいことをお伝えしてもわからないので
簡単にできる方法を主にお伝えしています。