宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。斎藤一人さんの最初の著作を読んだのが今から20年ほど前ですが、その時は相当な衝撃を受けました。それから何十冊も本を読んで出来ることを実践して来たらいろいろと現実が変わりました。

服装に関しては、

  • キラキラしたアクセサリーを身につける
  • 同じ値段なら高そうに見える服を選ぶ
  • 明るい色の服を選ぶ

等など、プライベートの服装では実践してきました。整体の施術着に関して数年前からはいわゆる「白衣」を脱ぎました。多次元操体法は治療ではないし、あえて医療的なイメージを消したかったので白衣を辞めました。

そしてシンプルにシャツとパンツで整体をしていましたが、いろいろとご縁があり二年ほど前から整体院では「うさとの服」を着るようになりました。うさとの服は天然素材を原料に基本的に手紬ぎと手織りで作られています。

素材も着心地も最高です。身体にとっては非常に優しい。しかし、とても地味なのです。草木染めなので当然ですが、草や木のような色をしています。

一人さんの本では明るい色の服を選んでキラキラしたものを身につけると運気がアップすると書かれています。実際それは自分で実践するようになってその効果も感じています。

草とか木みたいな色よりも花のような色の服を選ぶと良いよと書かれています。ところがうさとの服はまさに草とか木の様な色をしています。とても地味なのです。

昔の農村をイメージするような素朴な服なのです。それがうさとの服の良い所でもあるのですが、全身うさとの服でまとめるととても地味になってしまうところが気になっていました。

うさとの服の画像検索をすると、うさとの服を着た人たちがたくさん出てきます。ところが、個人的な感想ですがしっかり着こなしているなぁって人が少ないんです。学芸会の衣裳のような感じで「着せられている感」がたっぷりで、似合っているなぁという人が本当に少ない。(あくまでも個人の感想ですが)

素材と着心地だけでなく見た目にもお洒落でかっこいいなぁと思える人は小物をうまく使っていたり、うまく重ね着したりしています。そこで私は秋や冬は首回りにストールを巻いたりしていました。

ところで、これからの時期は暑くなります。首回りに巻くのは暑いです。そこで、うさとの服にも合うような天然石のアクセサリーが欲しいなぁと思っていたところ、当院の古くからのクライアントさんで普段もうさとの服を着ているTさんが素敵なアクセサリーをつけていました。

それで購入先を尋ねたところ、天然石のアクセサリーをハンドメイド、オーダーメイドで作ってくれるお店を教えてくれました。そこで早速行ってアクセサリーを購入してきました。

ネックレスとブレスレットを買いました。ネックレスはマクラメで編みこんであってオーダーメイドではありませんが、店内に展示してあるのを見てこれが良い!と直観で選びました。ラブラドライトという石でした。

たまたまTさんが紹介してくれた石もラブラドライトでした。潜在意識と繋がり霊性を高めるような石です。私の興味ともぴったりです(^^)

ブレスレットはある程度の希望を伝えてお店の方が見繕ってくれてそこから選びました。こちらはサンストーンという石。自己受容の石です。あなたはあなたのままでいいんだよ、というメッセージを伝える力が高まるかもしれません(^^)

天然石には石ごとの意味もあるので色だけでなくそのような意味合いも含めて選ぶと楽しいです。

というわけでその翌日からキラキラアクセサリーもつけて整体の仕事をしています。普通は整体をするにあたってはアクセサリーは邪魔になるのでつけない先生がほとんどかと思います。

当院の多次元操体法は、揉みほぐしも矯正もしません。一般的な整体のイメージとはかけ離れたヒーリング整体です。アクセサリーもジャラジャラつけてどんどん怪しい整体院になっています(笑)