症例1「薬が効かないめまい」

めまいでお悩みの方が来院しました。ご新規の方です。仙台市青葉区在住30代の女性です。お仕事をしながら小さなお子さんも2人育児中です。

耳鼻科の病院に行ってめまい止めや精神安定剤を処方されて、一時的に症状が緩和したもののまたぶり返してしまい、HPを見て来院されました。

少し早めに来院されたので、前の方の施術が終わるまで待合室で待っててもらいました。前の方の施術が終わったので施術室に案内すると、ティッシュで涙をぬぐっていました。でもその時は目にゴミが入ったのかな、と思ったくらいで特に気にしませんでした。

施術前から涙が出てきてしまいました

その日の施術が終わりとてもリラックスした様子で帰って行かれました。そして、数時間後にメッセージを頂きました。許可を得て転載します。

午前中お世話になった●●です。今日はありがとうございました。泣きたい気持ちで行ったわけではなく気持ちも落ち込んでたわけではなかったのですが、入ってすぐお茶をいただいて音楽に身を任せていたら涙が出てきてしまいました。
 
涙がでるほど頑張ってたつもりもなかったのですが、先生にそれだけ頑張ってたんですよと言われて、ああ頑張ってたんだなあと思いました。
 
帰りは体の力が抜けて眠くて仕方なくて、帰宅してから一時間ほど頭は起きてるけど体は眠ってるような気持ちいいお昼寝をして、すっきりしました。
 
めまいは職場に行くと特にひどく感じるので家で生活する分にはさほど気にならないため明日仕事に行ってみないとわからないですが、家族のためにももっと体を大切にしていこうと思います。
 
お借りした本も早速読み始めています。体の声を聞くと言われてもどこから聞こえてくるのか全然イメージがわかないですが、しばらくお世話になりながらセルフケアできるようになりたいです。
 
お忙しいところ長々と失礼しました。今後ともどうぞよろしくお願いします。
このようなご丁寧なメッセージを頂きました。待合室で待っている間に緊張が緩んできたみたいです。当院の院内には自然とリラックスしやすいような仕組みがいくつかあります。
 
院内に流れているBGMや音響設備も心身がリラックスすることを最優先に考えて選んでいます。癒しのクリスタルボウルや自然音を原音再生スピーカーでそれぞれ別の音源から流しています。
 
繊細な感性を持っている方は院内にいるだけで緊張がゆるんだり、心身がリラックス状態に入りやすくなります。

めまいの施術

めまいの整体施術としては、首や肩のストレスが軽減するように全身のバランスを調整しました。とても楽に座れるようになり、呼吸がしやすくなりました。見た目にもすっと背筋が伸びて綺麗になりました。

このような状態になると余計な力みが抜けて、身体が本来の機能を取り戻してくれます。これまで交感神経が優位だったのが、整体を受けると副交感神経モードに切り替わるので自律神経のバランスが乱れていた方は一時的に眠気が強く出たりしますが、それも身体がバランスを取り戻す過程の反応なので心配ありません。

仕事に出るとめまいも出てくるということですので、心理的な影響も関係していると思います。めまいも何かしらのメッセージです。メッセージの意味を紐解きながら心も体も楽になるようにお手伝いをさせて頂きます。

症例2「フワフワするめまい」

めまいの症例です。仙台市太白区在住の20代女性です。大学生です。一か月ほど前からめまいが出ていて、授業にも差し支える程でした。

首の後ろが重苦しくて、頭がはっきりしない、フワフワするめまいがしていました。ネットで検索して当院のHPと出会い来院されました。当院に来る前に他の整体院で施術を受けたけどあまり改善が見られなかったそうです。

施術の様子

専門的な大学の学部に通っていて、来春には国家試験も控えているとのこと。このままだと勉強にも身が入らないので何とかめまいを改善したいとのことでした。

姿勢のチェック

まず座位で姿勢のチェック。だいぶ骨盤が後傾して背中が丸まっています。首も苦しそうです。こういう姿勢の方はだいたい座位で肩関節の外転の検査をすると引っかかって挙がりにくいものですが、この方の場合はスイスイ挙がります。

仰臥位で肩関節の内外旋チェックをするも、これもまずまずいい感じです。

僧帽筋の張り具合をチェックすると張りが強く、つまむと痛みもありました。背中のハリや肩の関節はそうでもないですが、僧帽筋のハリと首こりが強くありました。

次に骨盤の動きをチェックすると膝倒し検査の左右差が見られました。股関節の捻じれもありました。

骨盤と下肢の施術

まずは骨盤や足の方からアプローチしました。膝倒し逆モーション操法の応用で股関節や臀部にも効果的な操法を行います。らせんの動きも使いながら臀部から下肢の捻じれを解放していきます。

イタ気持ちよい感覚があります。これで骨盤の捻じれも解消しました。膝倒し検査も左右楽々動けるようになりました。

それで再度僧帽筋の張りをチェックするとだいぶ柔らかくなっていました。

上部頸椎、後頭部の施術

さらに後頭部に手を当てて、ご本人の「首の後ろが重い」と訴えるあたりが楽になるように整体します。「とても気持ちいいです!」と仰います。さらに気持ちが良くなるように、ミリ単位で本人にも動いてもらいます。

この微調整がポイントです。単に受け身の施術ではなく、積極的に施術に参加して頂きます。こういうところが多次元操体法の「セッション」と呼ばれる所以です。ちょうどいいところは本人の身体の感覚に尋ねるのが一番なのです。

そのちょうどよいポイントに入ると非常に整体の効果がアップします。この操法を味わって再度僧帽筋をチェックするとさらにフワフワになっていました。

頸部の施術

さらに頸部の筋肉を丁寧に触診しながら整体します。頸椎は変な風に施術をすると痛くなったり気持ち悪くなったりするので、丁寧に繊細に行う必要があります。施術中の感覚もとても気持ちいいとのことでした。

肩の筋肉の張りもなくなりフワフワに柔らかくなって喜んで頂けました。

再度姿勢のチェック

再度起き上がってベッドに腰掛けてもらいます。すると、自然と背筋がすっと伸びて綺麗な姿勢になりました。無理して胸を張るでもなく、背中を大きく丸めるでもなく、ちょうどよい自然体になりました。

このような姿勢になると頸部の筋肉のストレスもかなり軽減します。

本日の施術の説明と今後の通院についてのお話をして施術を終了しました。この後10分ほど遠赤外線を機械で照射しました。

とても首も楽になられたようで自ら次回のご予約も入れてくださいました。めまいが治って国家試験の勉強に集中できるようにお手伝いさせて頂きます!!

症例3「頭が回らない、フワフワするめまい」

「うまく言えないのですが頭が回らないんです」とご予約の電話を頂きました。

自律神経失調症にはいろいろな症状があります。症状によってはなかなか表現が難しかったり他人にわかってもらいにくいこともたくさんあります。

  • 頭が回らない
  • そわそわして落ち着かない
  • フワフワするようなめまいがする
  • じっとしていられない
  • 意味もなく不安である
  • ちょっとした音にびっくりする

等など。

それだけでなく、首や肩もこって苦しくて頭も重くて頭痛がします。食欲もなく胃の調子も悪い。いつもだるくて元気が出ません。夜もあまり眠れません。

ちなみにここに挙げた症状は私も全部経験済みです。自律神経のバランスが悪いと、頭でどんなに良いように考えても様々な不定愁訴で苦しいのです。

しかも、なかなか他人にはわかってもらいにくいような症状ばかりです。熱を出して寝込んでいれば周りも心配してくれますが、熱があるわけでも寝込むほど具合が悪いわけでもない。

でもどうにも具合が悪くて落ち着かないのです。毎日そんな状態が続くと憂鬱になります。体調を良くするために外出したり運動しようにもその元気も出ません。

病院で薬を貰って飲んでも根本的に改善するわけでもありません。どうしたら良いのかわからずに将来のことを考えるととても暗い気持ちになります。

私もかつてはそんな状態で過ごしていましたから、同じような悩みで苦しんでいる人の気持ちがよく分かります。

不定愁訴解決の為に出来ることは?

このような不定愁訴は症状を消すための薬を飲んでも、根本解決にはなりません。その場しのぎにしかなりません。薬に頼れば今度は薬の副作用のリスクもあるし、やめたくてもやめられないようになってしまいます。

根本解決の為には、普段の生活を見直していく必要があります。

生活の中で身体や心にダメージを与えることを必ずやっています。自分ではわからないけれど必ずそういうことをしています。

当たり前の生活習慣の中に、原因が潜んでいます。だから自分の生活=自分の生き方を変えることが根本解決への道なのです。生き方を変えるって言うと大げさに聞こえるけど、毎日当たり前にやっている習慣をちょっと変えるだけです。

でもそれってなかなか勇気が要るんです。ちょっとした簡単な事でもなかなかやめられないことや変えられない事ってありますよね。

でもそんな毎日の習慣があなたの身体の状態と深く関係しています。それをどうとらえるか。生き方を変えずに他人に治してもらおうと思っているうちはなかなか治りませんよ。