• 吐き気がしてご飯が食べられない
  • 胃もたれがして食欲がない
  • 食事が美味しく感じられない
  • 病院に行っても原因がわからない

改善へと導きます

病院に行っても原因が良くわからない吐き気や胃もたれでお悩みの方へ。
吐き気止めの薬を飲み続けてもなかなか良くならないと不安になりますよね。

このページでは自律神経失調症による吐き気や胃もたれの原因について解説します。
改善するための方法も紹介いたします。

吐き気や胃もたれの原因

自律神経失調症による吐き気や食欲不振の原因

吐き気が続いて胃の検査をしてもまったく異常が見つからないという人がいます。
胃の「器質的な異常」がなくても吐き気や胃もたれの症状が起こることもあります。

そういうときは胃の機能が低下している可能性があります。

胃の機能低下

胃の機能低下とは、胃そのものが病気ではないけれど胃の働きが弱っていることです。
胃の機能低下を引き起こす要因には次のようなものがあります。

  • 食べすぎ
  • 飲みすぎ
  • 加齢
  • ストレス

等々

食べすぎ

多くの現代人は食べすぎになっているようにも感じます。
本来必要な栄養以上に食べ過ぎている人が多いのではないでしょうか?

また食事の内容も脂っこいものや消化の悪いものを多く食べていると胃に負担がかかります。
食欲がないというのはすぐに病気というわけでもなく、単に胃腸が疲れているという場合もあります。

そのようなときは食事の量を減らしたり、ゆっくりよく噛んで食べると胃の調子が回復することがあります。

アルコールの飲みすぎ

お酒の飲みすぎは胃の粘膜にダメージを与えます。

お酒を飲むと体内でアセトアルデヒドという有害物質が生じます。
アルコールは肝臓で代謝されますがアセトアルデヒドの分解酵素が少ない人は、翌日頭痛や胃もたれなど二日酔いの症状を訴えたりします。

胃の調子が悪い人はまずはアルコールを控えると良いでしょう。

加齢による胃の機能低下

加齢によって胃の蠕動運動が弱くなって食べ物が長い時間胃の中にとどまっていると胃もたれがすることがあります。

ただ高齢でも胃腸が元気な人もいれば若くても胃の不調に悩まされる人もいますから、加齢そのものよりも生活パターンの影響を受けていると考えられます。

ストレスの影響

精神的なストレスにより胃の不調が引き起こされることはよくあります。
緊張する場面で食欲がなくなるという経験はほとんどの人が体験していることでしょう。

通常は緊張から解放されると食欲も元通りになりますが、緊張する状況が長期間続いたり、ストレスを強く感じ続けていると自律神経のバランスが乱れ、胃腸の働きも低下してしまいます。

次に自律神経の乱れと吐き気について解説します。

自律神経のバランスの乱れと胃の不調の関係

胃の蠕動(ぜんどう)運動は自律神経によってコントロールされています。

胃に入った食べ物は、胃のぜん動運動(=波打つような動き)によって胃液と混ざり、小腸での消化がしやすいように粥状にされます。ドロドロになった食べ物は、ぜん動運動で胃がくびれることによって、幽門から少しずつ小腸に運ばれていきます。

このような胃のぜん動運動は、自律神経によってコントロールされています。

引用元:胃もたれの症状・原因|くすりと健康の情報局

精神的なストレスが長期間続くと交感神経が優位な状態が続きます。
ところが胃腸は自律神経の副交感神経支配ですので、交感神経が優位になると胃の働きが低下してしまうのです。

交感神経が優位な状態というのは、すなわち「闘うか逃げるか」という状況に対する反応を体の中に作り出します。つまりゆっくり食事をしているような状況ではありません。

だから交感神経を鎮めて副交感神経が優位になるように、自律神経のバランスを整える必要があるのです。

 

自律神経が原因の吐き気・胃もたれを改善する方法

自律神経が原因の吐き気を改善する方法

それでは次に自律神経のバランスを整えて吐き気や胃もたれを改善する方法を紹介します。
胃そのものに原因があるわけではないので、胃ではなく自律神経のバランスを整えることが大切です。

精神的ストレスのケア

精神的なストレスが胃の不調に繋がることはよくあります。あなたが今ストレスでいっぱいいっぱいになっていると感じているとしたら、何らかのストレスに対する対策をしたほうがよいでしょう。

毎日イライラして心の余裕もなくなっているとすれば、心身に悪い影響を与えるだけでなく人間関係のトラブルや仕事のミスにもつながりかねません。

呼吸法や瞑想など心を鎮めるワークを日常の習慣にしたり、ヨガやストレッチで心身の緊張を解放することも効果的です。

様々な方法がありますが、あなたがホッとリラックスできることを何か習慣に取り入れると良いでしょう。

自律神経を整える食事

実は自律神経と食事も深く関係しています。
自律神経のバランスが乱れている人は、メンタル面のストレスだけでなく栄養のバランスも乱れている傾向があります。

近年は栄養と精神面の関係も様々な分野で報告されています。

自律神経を整えるには、良い睡眠をとって体を回復させることも大切になる。

 寝付きがよく、途中で目覚めないのが質の良い睡眠だが、それには睡眠促進ホルモンであるメラトニンが体内に分泌されることがカギになる。よく眠れない人はうまく分泌されていない場合が多い。

 メラトニンの分泌を促進させるのは、「幸せホルモン」と呼ばれる三大神経伝達物質のセロトニンが必要になる。セロトニンが増えるとメラトニンも分泌しやすくなるからだ。ただし、セロトニンは体内で貯蔵できないため、食物から摂取しなければならない。

引用:食べるもので違いが出る 自律神経を整える「幸せホルモン」|朝日新聞Reライフプロジェクト

精神的に安定するためには脳内でちょうどよい具合にホルモンバランスが保たれている必要があります。
セロトニンが不足するとうつ症状や不安感が増すと言われていますし、メラトニンが不足すると不眠の症状がでます。

自律神経を整えるためには栄養のバランスを整えることも大切なのです。

首の筋肉の緊張をゆるめる

自律神経のバランスを整えるためには体の筋肉の緊張をゆるめることも効果的です。
特に首の筋肉の緊張があると自律神経のバランスが乱れやすくなるのです。

体がふらついたり、吐き気があったり、おなかの調子が悪かったり、頭痛やドライアイのような症状はありませんか?

もしあるなら、それは自律神経が整っていないことが原因の可能性が非常に高いのです。こうした症状は、上を向いたり横を向いたり、首を回したりを日に何度もゆっくりと繰り返すことで軽くなったり治ったりすることがあります。

というのは、こうした人の首はこりすぎて筋肉が硬くなり、変性が起き、筋肉の中やその近くを通る末梢神経の中の自律神経を圧迫している可能性があるからです。

引用元:もしかしたら自律神経?朝つらかったら首を疑う|東京脳神経センター

当院でも自律神経系の不調を訴える方のほとんどが首こりの症状を訴えています。
首のストレッチなどで首の筋肉の緊張を緩めると様々な不定愁訴も改善されていきます。

首がこっている人は無理のない範囲で気持ち良いストレッチを一日に何度もやってみてください。
体全体の緊張がある人は首だけでなく、こわばっているところをいろいろと気持ちよく伸ばしてみてください。

まとめ

最後にこのページのまとめです。

  • 器質的な疾患がないのに吐き気や胃もたれがする場合には胃の機能が低下している
  • 胃の機能低下の原因は食べすぎ、飲みすぎ、加齢、ストレスなどが関係している

  • ストレスで自律神経のバランスが乱れると胃の調子も悪くなる

  • 原因不明の吐き気や胃もたれは自律神経のバランスを整えると改善しやすい

  • 自律神経のバランスを整えるにはストレスのケア、食事の改善、首コリの緩和が有効

自律神経失調症やそれに伴う不定愁訴は、食生活や運動などの生活改善に積極的に取り組むことで改善しやすくなります。

やすらぎの杜整体院では自律神経を整える施術と併せて生活改善指導にも力を入れています。

【関連ページ】

自律神経失調症