なんとなく息苦しい、呼吸がしづらいといった症状でお悩みの方へ。
整体で改善のお手伝いをしています。

呼吸器系の疾患がないのにうまく呼吸ができないという場合には自律神経のバランスが乱れている可能性があります。特に検査をしても呼吸器系の病気がないのに息苦しい症状を訴える方がいます。

 

 

  • うまく息が吸えない
  • 呼吸をしても空気が入ってこない気がする
  • 呼吸が浅いことを実感している
  • すぐに酸欠気味になる

などなど

改善へと導きます

このページを読むと、息苦しさの原因と対処法がわかります。
あなたの症状改善の参考になれば幸いです。

 

息苦しい、呼吸がしづらい症状の原因

息苦しい、呼吸がしづらい症状の原因

それでは息がしづらい症状の原因について解説します。

呼吸筋の過緊張

呼吸運動は筋肉によって行なわれています。
呼吸するための筋肉を呼吸筋と言います。

呼吸筋が縮んだり伸びたりすることにより肺の空気が出たり入ったりするのです。
その呼吸筋が何らかの原因によって固くなると肺の空気の出入りが制限されることになります。

すると十分に酸素を取り入れたり、二酸化炭素を体外に排出することがしにくくなります。
すると単に呼吸がしにくいというだけでなく脳や身体全体に酸素が行きわたりませんので様々な不調が起こりやすくなってしまうのです。

安静時呼吸と努力呼吸

意識せずともしている普段の呼吸を安静時呼吸と言います。
自律神経の働きで行なわれている呼吸です。

一方意識して行なうような呼吸を努力呼吸と言います。
意識して深く吸ったり吐いたりする呼吸です。

努力性呼吸の時には安静時呼吸の時には使われないような筋肉が働くことになります。

精神的なストレスの影響や不良姿勢などで安静時にも関わらず努力性呼吸の時に使われる筋肉が働き続けることになると、脳や体は常に緊張状態になってしまうのです。

そうすると肩こりや首こりや頭痛などの症状が起こりやすくなります。

呼吸と自律神経の関係

呼吸と心は密接な関係にあります。
深くゆったりした呼吸をすると心も落ち着きます。
一方緊張したり不安なときに呼吸が浅くなったり速くなったりします。

なぜ、呼吸と心が関係しているかというと自律神経が関与しているからです。
自律神経は意思とは関係なく生命維持活動を常に行なっています。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。
交感神経がアクセル、副交感神経がブレーキ。
両者がうまくバランスを取って生命活動を維持しています。

交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、どちらか一方が優位な状態が続くとだるさ、めまい、頭痛、肩こり、食欲不振、動悸、吐き気、手足の冷え、便秘や下痢などといった自律神経失調症の症状が出てくるのです。

つまり浅くせかせかした早い呼吸が続くと自律神経が乱れ、様々な不定愁訴が現れるのです。

自律神経失調症は、自律神経がストレスによって正常に機能しないことによって起こるさまざまな症状の総称です。

神経は「中枢神経」(脳と脊髄)と体中に張り巡らされている「末梢神経」に分けられます。
末梢神経は意思によって身体の各部を動かす「体性神経」と意思に関係なく刺激に反応して身体の機能を調整する「自律神経」に分けられます。暑いときに手で仰ぐのは体性神経、汗が出るのは自律神経の働きです。

(中略)

全身的症状としてだるい、眠れない、疲れがとれないなど、器官的症状として頭痛、動機や息切れ、めまい、のぼせ、立ちくらみ、下痢や便秘、冷えなど多岐にわたります。
精神的症状として、情緒不安定、イライラや不安感、うつなどの症状が現れることもあります。

引用元:自律神経失調症|e-ヘルスネット

息苦しさを改善し深い呼吸ができるようになる方法

息苦しさを改善し深い呼吸ができるようになる方法

それでは次に深い呼吸をして息苦しさを改善する方法をお伝えします。

呼吸は呼吸筋によって行なわれているので、もしかすると「呼吸筋を鍛えれば良いのではないか」と考える人がいらっしゃるかもしれません。

しかし、深い呼吸ができなくなっている人は体のあちこちに緊張が見られます。
緊張した体のままで呼吸の筋肉を鍛える、つまり呼吸法の訓練をしてもあまり良い効果は望めません。

それよりもまずは体の緊張をゆるめると自然と深い呼吸が出来るようになるのです。

体の緊張をゆるめる

深い呼吸が出来るようになるためには体の緊張をゆるめることが大切です。
体の緊張をゆるめるとは、具体的に言うと筋肉の緊張をほどいていくことです。

深い呼吸ができない人は横隔膜やお腹の筋肉が緊張しています。
また胸回りや腕の筋肉も緊張しています。
さらにその結果として首や肩もこり固まっています。

肋骨周りの筋肉も固いし、骨盤や下半身も固まっている場合もあります。
それらを一つ一つゆるめていくとすれば時間も労力もかかります。

マッサージや指圧に行ってゆるめてもらう方法もありますが、手技が届かない深層の筋肉が固くなっていることもあります。

自分ではゆるめる方法はないのでしょうか?

これらの筋肉を自分一人で効率的にゆるめる方法があります。
それは全身の連動を上手く使うことで効果的にゆるめることができるのです。

全身の連動とは?

全身の連動とは、わかりやすい例えを挙げるなら赤ちゃんや幼児がノビをする様子です。
または犬や猫が全身気持ちよさそうにノビをしている様子を思い浮かべるとわかりやすいと思います。

どこか一つの筋肉だけでなく、全身のいろいろなところの筋肉が同時に気持ちよく伸びていくのです。
このような全身の連動をつかったノビは大人になるとあまりやらなくなってしまいます。

しかし、このノビを上手にやると一気に全身の筋肉の緊張をゆるめることができるのです。
気持ちよくノビをすると体の緊張が緩むのです。

それを体系化した方法が当院で行なっている操体法です。

【関連ページ】

操体法とは

姿勢のバランスを整える

体の緊張をゆるめると同時に大切なことが姿勢のバランスを整えることです。
とは言ってもいわゆる軍隊式の「気をつけ姿勢」を取ることではありません。
そのような姿勢は余計に体が辛くなってしまいます。

良い姿勢とは、ほどよくリラックスしてうまく重力とバランスが取れた姿勢です。

そのような姿勢は健康にも良いですし、何より一番わかりやすいのは呼吸がしやすいことです。
胸を張った気をつけ姿勢をすると呼吸は苦しくなります。

背中はピンとまっすぐ伸ばす必要はありません。
ほどよくリラックスして力が抜けてるけど、安定した姿勢があるのです。

全身の筋肉の緊張が緩むと自然とそのような姿勢になります。
そしてそのような姿勢でいることがとても気持ちよいのです。

普段からゆったりとした呼吸を心がける

せっかく体の緊張が緩んで姿勢のバランスが改善しても、またいつもの日常に戻りせかせかした浅く早い呼吸をしているとまた体が緊張してしまいます。

なので、普段からなるべくゆったりとした呼吸を心がけると良いでしょう。
ゆったりとした呼吸を維持するためには心も穏やかに過ごす必要があります。

イライラしたり、カッカしながら穏やかにゆったり呼吸するのは難しいのです。

でも、イライラしたり感情的になったときにこそあえてゆったりした呼吸を意識して維持するようにします。
すると心もだんだん静まっていきます。

呼吸と自律神経は連動しているので呼吸のコントロールもある程度効果があります。

整体の改善例

呼吸がしにくいという症状だけで来院する方は実は少なく、それ以外の症状もいろいろと抱えています。そして呼吸もしにくい、息苦しいという症状も抱えているのです。

そのような方に対して呼吸筋にだけアプローチするのではなく、全身の筋肉や筋膜にアプローチします。
すると全身の緊張が緩んで姿勢のバランスが調和します。

そうすると、自然と呼吸がしやすくなられます。

  • 筋肉の緊張がほどける
  • 全身の姿勢のバランスが調和する
  • 呼吸が楽になる

という状態が同時に得られるのです。

呼吸が楽にできる体であることは体の健康維持や精神安定にとって非常に大切なことなのです。

まとめ

このページの内容をまとめます。

  • 呼吸がしにくい原因は呼吸筋の緊張や自律神経の乱れである
  • 深い呼吸が出来るようになるためには体の緊張をゆるめることが大切
  • さらに姿勢のバランスを調和させることや日頃からゆったりした呼吸を心がけると効果的

あなたの症状改善の参考になれば幸いです。

【関連記事】

自律神経失調症