症例1 「慢性肩こり30代主婦」

肩こりのメンテナンスの症例を紹介します。宮城野区在住30代主婦のクライアントさんです。一年三か月前から通院しています。初診時は椎間板ヘルニアを診断を受けており、腰痛・臀部痛・下肢痛を治したくて来院しました。

ロルカムという痛み止めを一日三回服用していました。半年ほど整形外科に通院して徐々に痛みは取れてきて、一旦薬も辞められたのですがまた再発して、ネットで検索して当院に来院しました。

通院のたびに腰痛も下肢痛もどんどん回復して、一か月ほどで鎮痛剤も飲まなくても大丈夫になりました。その後は月に一回メンテナンスで通院しています。

下肢痛の再発は今のところありません。趣味のスポーツも元気に出来るようになりました。9か月ぶりにスポーツを再開して最初はおそるおそるでしたが、全力でプレーしても大丈夫になったとのことです。

今はどちらかと言うと肩こりや首こりの症状の方が気になっていて、そちらのケアの為に整体をしています。

施術の様子

肩こりの整体と言っても肩にはほとんど触りません。肩の筋肉の固さをチェックするだけで、肩の筋肉そのものにはアプローチせずに他の部位にアプローチしています。

「そういえば昨日も足がつったんです」とクライアントさんがおっしゃいます。スポーツを頑張りすぎて夜に足がつったそうです。

脛の筋肉がつったとのこと。足首の可動域をチェックすると内転の動きに制限があります。何だかつまったような感じがします。

なので、足首ひねり操法を行います。足首から膝関節~股関節~骨盤と連動を伝えていきます。骨盤や腰の方も気持ちよさが広がります。

すると足首だけでなく膝関節や太ももの筋肉もとても柔らかくなりました。肩こりのメンテナンスでも、このように足元からバランスを整えていきます。

主婦のストレスケア

小学生のお子さんを育てながら家事をしたり、PTAや子供会関連の付き合いもありますから、いろいろ気も使います。何かと気を遣ったりストレスを感じる機会もありますので、首や肩も緊張します。

単に姿勢の問題だけではなくて、精神的なストレスも肩こりの症状に影響しています。だから単純に身体のバランスを整えるだけでなく心のケアも大切に考えています。

心と身体は一つですから、心のケアは身体にも影響します。心がほっとしたり安心すると身体も楽になります。

頭頸部の施術をしながらいろいろお話をすることもあります。身体に集中して施術を行う時もあるし、施術をしながらあれこれ雑談が弾むこともあります。

雑談と言っても無駄な話ではなくて、いろいろ話すうちに自分の感情に気づいたり発散したりという効果もあると思っています。

症例2「肩こりと腰痛が同時に」50代男性

仙台市泉区在住の50代男性です。高校生の娘さんが腰痛で悩んでいて病院を変えても悪化する一方だったので、カイロプラクティックの治療院に行ったらさらに悪化してしまい、そんな状況で来院してお父様も付き添いでいらしていました。

当院の整体を受けて娘さんが日に日に腰痛が改善していく様子を見て、お父様も自分も見て欲しいということで娘さんとは別に通院が始まりました。

本日で5回目の通院です。肩こりと腰痛を抱えていましたが施術を受けて楽になってきました。時々痛くなることはあるようです。生活していれば身体的にも精神的にも何かしらのストレスがありますから、自分で出来ることを生活の中でやってもらいながらその方のペースで通院してもらっています。

腰が痛くなる時は必ず肩こりも辛くなると仰います。つまり調子が悪い時は肩も腰も一緒に症状が出てくるそうです。

解剖学的には「腰」とか「肩」とか分けられていますが、人間の身体は一つに繋がっていますからこのクライアントさんの場合には、肩と腰に同時に不調が来るような形でストレスがかかっているわけです。

だから、「腰を治す」とか「肩を治す」というのではなく、身体のバランスを調和させていくのです。そうすると腰も肩も同時に一緒に楽になっていきます。

肩こりと腰痛が同時に改善

この方は膝倒しの可動域はとても広くてむしろ柔らかいくらいです。腰痛でお悩みの方は膝倒し検査が固いとか左右差がある方が多いのですが、左右ともとても柔らかいです。

そういう場合は、骨盤の前後の回転や左右側屈の動きを丁寧に観ていきます。そして動きの制限があるところが、自由に動けるように操法を組み立てていきます。

骨盤を一つの大きなブロックとして考えたときに左右回旋、前後回転、左右側屈の動きがそれぞれ自由になると骨盤と下肢、骨盤と脊柱の動きの繋がりが良くなっていきます。

その結果、上半身の症状も同時に改善しやすくなります。骨盤の動きがフリーになったら腕や肩の動きも同時に良くなりました。

症状を追いかけない

やすらぎの杜整体院の整体は症状を追いかけません。症状は結果であり、ほとんどの場合症状を訴える部位に原因はありません。原因の一つである身体のバランスを変えていくのです。

身体の歪みが症状を引き起こす唯一の原因というわけではありませんが、身体のバランスが変わるとほとんどの場合症状も変化します。医学的な根拠は乏しいのですが、現実に目の前でどんどん楽になられるのです。

患部に触れなくても楽になるので最初は皆さんとても不思議に感じられるようです。

症例3「肩こりが改善しない」30代男性

仙台市若林区在住30代男性。四年前から定期的にメンテナンス通院をされています。主訴は肩こりで、月に一回通院しています。施術後は毎回肩がとても柔らかくなります。

リラックスして毎回最後の光線療法をかけながらスヤスヤ寝息を立てて寝てしまいます(^^)

そんなAさん、毎月仕事が休みの土曜日に来院します。ところが今日はいつものように土曜日に来たのですが、私服ではなく仕事用の作業着を来ていました。お客様に呼び出されて整体が終わってから現場に出向いて立会いがあるのだそうです。

いつものように施術を開始します。4年間毎月通っていますから、毎回私の整体に対する反応もとても良いです。軽く触れて刺激するだけでどんどん身体が変化していきます。

服装との関係

ところが、今日はいつもの感じで施術をしてもなかなか肩の緊張が緩みにくいように感じました。それなりに効果は出ているのですが、何かどんよりしたコリが残っている感じがします。

本人はあまりわからないようですが、私からするといつもは見事に肩のコリがふわーっとなくなるのに、今日はそれなりに変化はしているけどいつもよりはフワフワ感が少ない気がします。

なぜかなーと考えたときに、いつもは仕事も休みでラフなTシャツでリラックスして来院します。今日は整体を受けた後に仕事の案件が控えていて、服装も仕事用の作業着を来ています。

その違いが身体の変化のしやすさの違いとして出ているのではないかと感じました。

仕事の潜在的ストレス

話を聞けば、本来の担当は別の社員がいるのだけれど年も若くお客様からも嫌われていて、その代わりに信頼されているこのクライアントさんが出向くことになっているとのこと。若い社員に大して怒っているわけでもなく、むしろかばっている感じの話ぶりでしたがもしかすると本当は行きたくないのかもしれません。

とても優しい性格のクライアントさんなので本当は何で俺が行かなくちゃいけないのか、という気持ちがあったとしてもそれを押し殺しているかもしれません。しかも本来なら休日でゆっくり過ごしているはずが呼び出されての出勤です。

身体は正直ですからそんな無意識の緊張が肩に出ていたのかもしれません。もちろん私の思い違いかもしれませんが、何となくそんな風に思ったのでした。

結局、多次元式肩上げ操法を行うと肩もフワフワになりました。ダイレクトに肩の深層筋に届く操法です。ガンコな肩こりもかなり楽になります。あまり普段使うことの少ない操法ですが、なかなか取れにくい時には重宝しています。

症例4「頑固な肩こり」20代女性

ガンコな肩こりの症例です。
仙台市宮城野区在住の20代女性クライアント様。

首こり、肩こり、偏頭痛、背中のハリ、腰痛に加えて
寝汗やだるさ、不眠などの自律神経失調症状も抱えて
来院しました。

数回の通院で寝汗はピタッと治まりましたが
その後も定期的に通院を継続されています。

神経を使うお仕事をされていますから
常時肩こりに悩まされています。

今回は前回の来院から1ヶ月半ほど開いて
とても肩こりや首の痛みなどがひどくなって
来院されました。目の奥も苦しいとのこと。

まずは足や骨盤からバランスを調整します。
腰痛はそれほどでもなくて骨盤の歪みも
そんなにたいしたことはなかったです。

骨盤周辺の可動域制限を解放して、今日は
頭や頸部を念入りに調整を行いました。

肩の筋肉(僧帽筋)を触診すると本当に固い。
分厚い鉄板が入っているかのごとくです。
本人にも確認してもらいます。

でもこういうガンコな肩こりほど、直接揉んでも
なかなか良くならないものです。

肩こりという現象はあくまでも結果です。
当院の整体は結果ではなく原因の世界にアプローチします。

だから肩そのものは触診する程度で
直接施術は行いません。

今日は頭蓋骨と頸椎へのアプローチを行いました。
頭蓋仙骨療法と多次元操体法のコラボです。

頭蓋骨を包む筋膜の緊張を解放し脳脊髄液の循環を促します。
と同時にヒーリングもしていきます。

受けている方の感覚としてはほとんど優しく触れられているだけ。
でも触れる中で様々なことを感じ取りながら触れていきます。

気づくことでヒーリングが起こります。
必要なことが自然と行われていきます。

頭蓋骨から穏やかなゆらぎのリズムが伝わってきます。
頸椎も含めてかすかな自発動も出てきました。

その動きを見守りながら優しく寄り添います。

そんなボディワークをしているとあれだけ鉄板のように
ガチガチだったガンコな肩こりがうそのように
フワフワに緩みました。

「肩こりは揉まない方が楽になるでしょ」と言うと
「本当そうですね」とご納得でした(^^)