頸椎ヘルニア症例1「30代男性」

整形外科で頸椎椎間板ヘルニアと診断され、左腕がしびれている患者さんが来ました。
飲食業の30代男性です。

以前にこの方の奥さんが当院に通院して坐骨神経痛が治ったので、最初から信頼感と期待感がばしばし伝わってきます。プレッシャーです(^^)

一週間前に寝違えて首と背中が痛くなって、それから数日後に腕がしびれて、首も痛くてほとんど動かせなくなったそうです。整形外科に行ってレントゲンを撮ったら、頸椎椎間板ヘルニアとの診断でした。

来院時も首はほとんど動かせず、左腕もしびれと痛みで動かせません。
もちろん運転することもできず、奥さんに車で送ってもらってきました。

頸椎4番~5番間の頸椎ヘルニア

とりあえず、仰向けになってもらいましたが、痛みで「う~ あ~っ」とうめいています。
首は動かすと痛いので、とりあえずパス。腕を挙げると痛いのでこれもパス。
操体法では痛みや不快感をともなうことはしません。

頸椎4番~5番間の頸椎ヘルニアとの診断ということでしたが、しびれが小指側から腕全体に出ているので、ヘルニア部位とは別に症状の原因があると思いました。

広背筋にトリガーポイント(コリ)があり、しびれ・痛みの分布も広背筋の関連痛領域と一致しています。
トリガーポイント療法として、トリガーポイント(コリの親玉みたいの)に直接アプローチする方法もありますが、このときはなんとなく、操体法で脚の方から何かやってみようと思いました。

操体法の師匠は、患部から遠いところからアプローチするように言います。
一見症状と関係のなさそうなところに、原因が潜んでいる場合もあります。

膝倒し操法

両膝を立ててもらい、右に倒すと「うお~~!」とうめきます。背中の方が痛いようです。 なので膝を左に倒しました。すると痛みが「楽」になりました。 この人にとってはどの体勢も痛くてつらかったのが、左膝たおしで楽になってとてもいい感じみたいです。

「わ~!楽です。痛くない」と喜んでます。
そのままの状態を味わっているうちに、「楽」が「気持ちよい」に変わってきたようです。
気持ちよい動作が見つかったら、あとはそれを味わうのみです。
左膝倒し操法を数分間味わってもらいました。

その結果、 右の膝倒しの動診(動きの検査)をすると、さっきは「うお~!」とうめくほどに痛かったのに痛くなくなったのです!

三軸操体法

再度左膝倒しをやってみます。
今回は三軸操体法です。

三軸操体法というのは、三軸修正法という治療法の考え方を操体法に応用した療法です。
(三軸操体法は師匠の今先生が考案しました。)
立体の3つの軸の動きを合成して、操法を行ないます。
(理論的には結構難しいのですヨ♪)

膝を左に倒しつつ、右肩を下げ、さらに背中をそらすと気持ちよいので、これを数分間味わいます。
その結果、右の膝倒しをしたときの動ける範囲(可動域)がぐーんと大きくなりました。

逆モーション操法

でも右にいっぱいに膝を倒すと首に痛みが響くと言います。 今度は痛いところからの逆モーション操法です。

操体法では、快適感覚を味わいますが、快適感覚は不快な動作の反対の動きの中に隠れていることが多いのです。
痛い所から痛くない方向に動いてくる(逆モーション)と、その途中で気持ちよく感じられるところがあれば、そこが味わうポイントです。

膝を右に倒して首が痛む所から、逆方向に膝を起こしてきてもらいます。
首にじわ~っと効いてくるかんじがするところで味わってもらいました。
すると、、、
右に膝を倒すと、あれほどうめくほど痛かった首・肩の痛みがなくなってしまったのです!
さらに、、、
左腕のしびれまでとれちゃいました!

まだ多少突っ張り感はありますが、首の痛みと腕のしびれがほぼなくなりました。
「帽子をかぶるのも大変だったんですよ」と言いながら、スイッと帽子をかぶって喜んでいました。

全身のバランス

「あとは、自然と良くなりますよ。」って言ったら安心して笑ってました。
この方の奥さんも、操体法をやったときにとても上手に動ける人(原始感覚が鋭い)なので、「今日やったことを思い出しながら、奥さんに手伝ってもらって家でもやってみて下さいね」といいました。

急性痛や、痛みが強い場合に、患部そのものに触ると嫌な痛みなど不快感が強くなります。
なので、痛いところには出来るだけ触れないようにします。

今回の症例では、痛みがある首や肩には一切触れずに、痛みがなくなったのです。
左腕のしびれも、左腕には一切触らずになくなりました。
本日の施術の際に触れたのは、痛みが全くない脚と右腕です。

操体法の施術ではこのようなことが多くおこります。
なぜなら頸椎ヘルニアの治療をしたわけでも、患部を治療したわけでもなく、全身のバランスを整えたからです。
「バランスを整えた」というとそれでもまだ言い過ぎで、操体法の気持ちよさを味わった結果、身体が自然とバランスを取り戻したのです。

全身の筋肉・骨格バランスが修正された結果、患部の負担が軽減し、痛みが解消したのでした。
自然治癒力って素晴らしい♪

(2006年12月)

頸椎ヘルニア症例2「30代女性」

頸椎ヘルニアの症例を紹介します。宮城県多賀城市在住30代女性クライアントさんです。

病院で頸椎椎間板ヘルニアと診断を受けています。首はカラー(コルセット)を巻いて来院しました。施術時にコルセットを外してもらうとさらに首にぐるぐる巻きの包帯で湿布をしていました。

頸椎ヘルニアの為、首の左側に痛みがあり、常時熱を持っているので湿布を貼ってさらに頸椎を保護するためにコルセットを巻いていました。

その他の症状もたくさんありました。頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、背部痛、腰痛、脚のしびれ、膝痛、食欲不振、吐き気、不眠、むくみ、のぼせ、動悸、冷え症などなど。

本当に体調が悪くしんどそうでした。でもこの方はきっと当院の整体でうんと良くなるだろうという予感がしました。直観でそう思ったのです。初診でも入ってきた瞬間に何となくわかるものがあります。

症状の程度やどれだけの期間患っているかはあまり関係ないです。その人の波動を感じているのです。あとで教えてくれましたが、院内に入ってきた瞬間にこの方も身体が楽になるのを感じたそうです。

首の痛みは頸椎ヘルニアが原因なのか?

この方の話を聞いて思ったのが、この方の首の痛みは本当に頸椎ヘルニアが原因なのか?ということです。いろいろとお話を伺った結果、首筋を違えた痛みではないかと考えました。

頸椎ヘルニアが画像で映っているのは確かだとしても、それが直接の原因ではないように思いました。毎日湿布を貼って頸椎にコルセットを巻いて過ごしているようですが、そのこと自体が治らなくしている原因だと感じました。

炎症と治癒のメカニズム

首の筋肉が炎症を起こして熱を持っているのは、そこを治そうという身体の働きです。ところが、湿布を貼っていると鎮痛成分の影響で炎症が鎮まります。つまり治そうという働きが止められてしまうのです。

急性期の激しい痛みの時は鎮痛剤で痛みを抑えたり湿布を貼ることも良いと思いますが、もうすでに何か月にもなりますから、ずっと湿布を貼っていれば治りにくくなって当然です。そのことも丁寧に伝えました。

身体が喜ぶ施術

整体(多次元操体法)の説明も丁寧にしました。これまで整形外科と他の病院にも通ってて、さらに鍼灸とマッサージの治療も受けていました。その治療を受けるとぐったりして毎回疲れてかえってしんどいと言っていました。

当院の多次元操体法は一切治しません。症状を治すというところから離れるのです。そして身体がどうしたいのか?という問いかけを元に身体と直接対話をしていきます。

頸椎ヘルニアも、首の痛みも、とりあえず脇に置きます。いったん忘れてもらいます。そして今この瞬間に身体がどうしたいのか?と問いかけていきます。

施術を受けると、「わ~~、とても気持ちいいです~~」「体が喜んでいるって感じがします~~」ととても好感触でした(^^)マッサージも矯正もしませんが身体が内側から自然と変化していきます。

そして自然とちょうど良いところにバランスが整います。施術後こんなことを話してくれました。

ちょっと変わった整体院だなぁと思ったんです。面白い考え方の先生だし受けてみたいな、でもちょっと緊張するなと思いました。

今日も来るときちょっと緊張しながら来ましたけど、この入口から入った瞬間に身体が楽になる感じがしました。ここに流れてる音も凄くリラックスできます。

びっくりするくらい体が楽になりました。来て本当に良かったです。ありがとうございました。

そして数日後に予約を取って帰られました。

頸椎ヘルニアの痛み?が楽になった!

二回目の予約日の前日に電話をもらいました。

「先生、すみません。明日予約入れたんですが熱出しちゃって。また落ち着いたら予約します。それと、おかげ様で首は本当に楽になりました。ありがとうございます!また電話します。」

ということでした。

風邪をひいて全身熱っぽい状態だそうですが、私は整体を受けて身体が活性化しての反応の可能性もあると思いました。

そして、頸椎ヘルニアの治療は一切していませんが首の痛みが楽になったそうです。私は首の施術ではなく、首にかかるストレスを解放する施術をしたのです。

痛い所にはだいたい原因はありません。他の部位にあります。または、身体以外のところに原因があったりします。症状だけに捉われていると多くの人が本当に大切なことを見失います。

身体には素晴らしい叡智が備わっています。人が人を治すことなど出来ないのです。内に備わった叡智により人は治っていくのです。その叡智を引き出すお手伝いをすることが私の仕事なのです。