臼蓋形成不全とは股関節臼蓋形成不全は股関節痛の原因の一つと考えられています。

しかし臼蓋形成不全の人が皆痛みを訴えるわけではありません。
このページでは臼蓋形成不全の解説と当院の見解について述べています。

臼蓋形成不全とは

臼蓋形成不全とは読んで字のごとく股関節の臼蓋の発育が不完全であるために、大腿骨の骨頭が関節にしっかりはまっていない状態を指します。

股関節はポールとソケットのような形状で、大腿骨の丸い骨頭(こっとう)が、骨盤側のお椀のような臼蓋といわれる部分の中にはまって、自由な動きができるようになっています。臼蓋形成不全とは、この臼蓋の形が不完全であるために、大腿骨頭が臼蓋に収まらず、はみ出している状態のことをいいます。

引用:臼蓋形成不全に伴って起こる股関節の痛み|人工関節ドットコム

臼蓋形成不全があると変形性股関節症の原因になると考えられています。

臼蓋形成不全の原因

公益社団法人日本整形外科学会によると成人の臼蓋形成不全についてはいろいろと謎の部分が多いようです。
どういうことかというと関節の形成不全が見られる成人に幼少期に何かあったかと聞いても特になにもないのです。

また、子供の時に臼蓋形成不全があっても大人になると自然に改善する人もいます。
大人になっても改善しない場合に変形性股関節症が発症する人もいますが、そうならない人もいます。

なぜ痛くなるのかは本当のところははっきりとわかっていないようです。

日本人では成人男性の0~2%、女性の2~7%が股関節形成不全といわれており、その方たちに小児期に何かあったか聞いても殆ど何もありません。

乳児期の臼蓋形成不全は基本的に自然改善すると考えるのが通説です。しかし、そうすると成人の臼蓋形成不全が何時、どんな形で成立するかが分かりません。ミッシングリングとでもいいますか、この点は現在も謎のままです。

診断は乳児にしても成人にしても最終的にはX線写真で判定されます。いくつかの判定の目安や基準がありますので診断は困難ではありません。問題は、それが後年変形性股関節症として発症してくるかが不明なことです。

引用:臼蓋形成不全|日本整形外科学会

臼蓋形成不全と痛みの関係

臼蓋形成不全と股関節痛の関係

臼蓋形成不全について当院の見解を述べさせていただきます。

人間の骨格には個人差があります。
骨が太い人もいれば細い人もいます。
顔が大きい人もいれば小さい人もいます。

脚が細いから痛みの原因となるわけではありません。
顔が小さいから頭が痛いということもありません。

同様に、

臼蓋の形も人それぞれの個体差にすぎず、直接痛みの原因とはならないのではないかというのが当院の見解です。

臼蓋形成不全が痛みの原因となるのであれば、臼蓋の発育が悪い人の全員かほとんどが痛みが出ることになりますが、実際にはそんなことはありません。

以下のような例もあります。

臼蓋形成不全の診断を受けた女性の改善例

10年来のクライアント様でメンテナンスのために定期的に来院されています。
40代の女性です。5年ほど前から趣味でランニングを始めたころに股関節が痛くなり、整形外科に行ったところ「臼蓋形成不全」の診断を受けました。

この方が痛くなった原因が臼蓋形成不全なのであれば、ずっと痛くなければおかしいとも言えます。
しかし彼女はこれまで特に痛みを感じることなく過ごしてきて、ランニングを始めて痛くなったわけです。

ランニングの練習の負担が痛みの原因となっていると考えた方が自然です。
結論から申し上げますと、施術をしてすぐに痛みは改善しました。

その後はフルマラソンの大会に出るようになり、毎回完走しています。
痛みもすっかりよくなりました。

それで彼女の臼蓋が大きく成長したのか?といえばおそらく元のままだと思います。

臼蓋形成不全の整体

当院では臼蓋形成不全があることと痛みは直接は関係ないと考えています。

しかし、変形性股関節症を発症する人の9割に臼蓋形成不全が見られるということなので、負荷がかかった時の関節や周囲の筋肉にかかる負担が大きいということは考えられます。

構造的に関節の異常がまったくなくても痛みが出ることはあります。
それは関節を酷使して負担がかかったり、体のバランスが悪くなって負担がかかっている場合です。

そのような場合に整体やストレッチなどを行うと痛みが改善します。
形成不全があったとしても同様に痛みを改善できるケースもあるのです。

当院では以下のことを大切に考えています。

  • 関節のバランスの良い状態を保つこと
  • 周囲の筋肉を鍛えること
  • 栄養をしっかり補給すること
  • 心を穏やかに保つこと

次にそれぞれの項目について解説します。

可動域の調整

股関節痛を訴える人は左右の関節の可動域に大きな違いがみられることが多いです。

大雑把な表現をすると脚が捻じれた状態になっているのです。
たとえば右足は内ねじり(内旋)、左足は外ねじり(外旋)といった具合です。

ほとんどの場合に関節可動域に制限が見られます。

そして可動域制限の原因となっているのが筋肉や筋膜の緊張です。
関節に痛みが出ているので関節が悪いと思いがちですが、実は周囲の筋肉のこわばりや緊張があることで関節の本来の動きを制限しています。

それにより周辺の組織に負担がかかり痛みが出ているのです。

ですから、解決策は筋肉や筋膜の緊張を解放することです。
主に、臀部や下肢の筋肉、骨盤内部の深層筋の状態がよくなると関節痛も改善することが多いです。

臀部や太ももの筋肉を鍛える

具体的には臀部、太ももの前後、骨盤のインナーマッスルです。
これらの筋肉が弱ると関節の負担も大きくなります。

臼蓋形成不全があって、変形性股関節症を発症する人と発症しない人の差は、筋力の差も大きく影響しているように考えています。

中高年の膝痛などでお困りの方は運動する習慣がなく下半身の筋力が低下している人が多いです。
適切な筋肉トレーニングを行うことで関節痛の予防もできますし、痛みが出ている場合でも改善できることもあります。

痛みがある場合には注意深く行う必要があります。
痛みの程度や症状によっては筋力トレーニングは避けた方が良い場合もあります。

関節の栄養をしっかり補給する

関節痛がなかなか治りにくい人で栄養が不足しているケースがあります。
また日々の食生活で糖質に偏った食事をしていると関節の糖化が進行します。

関節内のタンパク質と糖質が結びつくことで老化物質「AGE」が生成され関節を固くしたり痛みの原因となることが知られています。

老化物質AGEはアンチエイジング医療の分野から有名になりましたが、一般的な整形外科で指摘されることはほとんどないと思います。

股関節痛は栄養面も含めて総合的に対策していくことで改善の可能性が高まります。

ストレス対策

体の痛みも心の状態と深く関係しています。
ストレスで一杯の生活をしていると脳が痛みを感じやすくなります。
ストレスを減らし心を穏やかに保つことで痛みも軽減しやすくなります。

【関連ページ】

◆股関節痛の施術>>