産後の尿漏れと骨盤矯正

尿漏れとは意図せずおしっこが漏れてしまう症状です。
くしゃみをしたり、重いものを持ち上げるときなどに力を入れた時に漏れてしまうケースや、トイレに行った後に漏れてしまうケースなどがあります。

このページでは尿漏れの原因と対処法について解説します。

尿漏れの症状と原因

尿漏れの症状と原因

まず初めに尿漏れの症状と原因について説明します。

症状

産後の尿漏れの症状は主に以下の二つのケースがあります。

  1. 尿意がないのにくしゃみをしたときに尿が漏れてしまう
  2. 尿意をもよおしてトイレに行く前にもれてしまう

1のケースを「腹圧性尿失禁」と言います。
2のケースを「切迫性尿失禁」と言います。
両者が混ざっているケースを「混合性尿失禁」と言います。

原因

なぜ尿漏れが起こってしまうのでしょうか?
それは骨盤底筋群が弱ってしまっていることが原因です。
正常な状態であればお腹に力が入っても尿道口は閉まっていますが、骨盤底筋群が弱っていると尿漏れが起きやすくなるのです。

骨盤底筋群とは

骨盤底筋群にはどんな筋肉があるのでしょうか?

骨盤の底部にハンモックのような状態で位置し、子宮や膀胱(ぼうこう)および腸などの内部臓器を支える役割を果たす筋肉(骨格筋)群。骨盤底筋群と総称される。

肛門(こうもん)挙筋、会陰(えいん)横筋、球海綿体筋(膣(ちつ)括約筋)、外肛門括約筋、外尿道括約筋、坐骨(ざこつ)海綿体筋などで構成され、肛門挙筋はさらに腸骨尾骨筋、恥骨尾骨筋、恥骨直腸筋からなっている。

これらは尿や便の排泄(はいせつ)にかかわると同時に、膀胱や尿道および膣、肛門を引き締め、尿漏れや便漏れを予防する役割を果たしている。

骨盤底筋群とは|コトバンクより引用

これらの骨盤底筋群を鍛えることにより尿漏れを防ぐことが可能になります。

産後に尿漏れが起きやすい理由

骨盤底筋群は通常子宮や腸などの内臓を下から支えています。
ところが女性が妊娠すると子宮が重たくなり骨盤底筋群に負担がかかります。
妊娠中でもお腹が大きくなると尿漏れがしやすくなります。

また出産によるダメージでさらに産後には骨盤底筋群が弱りやすくなります。
産後の尿漏れを治すには骨盤底筋群のトレーニングをして機能を高めていくことが大切です。

骨盤底は、妊娠中の子宮の重さで圧迫を受けたり、分娩時には産道を通って赤ちゃんが出てくるため、骨盤底の筋肉は強く引き伸ばされて中ほどでちぎれたりつけ根から剥がれたりすることがあります。

また、膀胱の働きを調節する神経にも大きな影響が及ぶため、出産直後には人によって尿意を感じにくかったり、おしっこが出ないなど、尿もれだけなく排尿に関するさまざまなトラブルが起こります。

通常、神経の働きはゆっくりとほぼ回復しますが、特に難産だった人などは、骨盤底の筋肉や靱帯が骨盤底をサポートする力が不十分になり、中高年になってから尿道を絞める力が不足して腹圧性尿失禁が現れることがあります。

引用:産後の尿漏れ対策どうしてる?|ベビータウン

骨盤底筋群を鍛える前にやるべきこと

それでは筋トレをすればよいのかというと、その前に大事なことがあります。
産後は骨盤の状態が出産前と比べて大きく変化しています。
緩んだ状態になっているのです。

時間の経過とともに徐々に骨盤も引き締まってきますが、歪んだ状態で引き締まると後々腰痛や股関節痛の原因になったりします。

なので、まずは骨盤を正しい状態に戻してあげる事が大切です。

では骨盤の正しい状態とはどのような状態なのか?
それは自由に動ける骨盤であるということです。

前後屈、左右ひねり、左右側屈など、いろいろな方向に骨盤を動かした時に股関節や腰椎も含めて痛みや違和感なく動けることが一つの目安と言えます。

しかし、ほとんどの方がうまく動けなかったり違和感のある動きが存在します。
一言に骨盤の歪みと言っても様々なパターンがあります。
人によって違うので、マニュアル通りの骨盤矯正では不十分なのです。

やすらぎの杜整体院の骨盤矯正

やすらぎの杜整体院の骨盤矯正

当院では産後の骨盤矯正も行っています。
しかし、矯正という名前のイメージよりもずっと体に優しい方法で行っています。
本当は矯正という言葉も使いたくないのですが、世間一般には骨盤矯正という言葉が浸透しているのでやむを得ず使っています。

矯正するのではなく、自然と在るべき姿に戻る。
在るべきポジションに戻る。

そんなお手伝いをしています。

一般的な整体院の骨盤矯正は仙腸関節の矯正や股関節周辺のストレッチをしたりします。
それが身体に合っていればよいのですが、外部からの刺激が強すぎてしまうこともあります。

だから施術を受けた後にかえって痛くなったりすることもあります。
それを好転反応だからと表現されることもありますが、身体に余計な負担をかけている可能性もあります。

適切な骨盤の調整を受けると、骨盤や股関節周辺のみならず全身の動きがその場でスムーズになることを体験できます。
好転反応が出ることもほとんどありません。
無理なく自然に「結果として」矯正されていくからです。

骨盤矯正+骨盤底筋群トレーニング

骨盤が歪んだ状態で骨盤底筋群トレーニングを行うと、尿漏れの改善どころかかえって周辺の筋肉や関節を痛めてしまう可能性がありますので注意が必要です。

万が一トレーニングをした後に不快な違和感が痛みが出るような場合は無理してやらないようにしてください。

時々、テレビや雑誌などで紹介されているエクササイズや体操をやって、どこかを痛めて整体院に来院するクライアントさんがいらっしゃいます。
そういう方の骨盤を検査してみるとやはり動きの左右差があったり、大きく歪んでいることが多いです。

まずは骨盤矯正を行って、正常な骨盤の位置と動きを取り戻してから骨盤底筋群のトレーニングをやるとよいでしょう。当院では産後の尿漏れでお悩みの方に、自然で無理のない骨盤矯正と骨盤底筋群のトレーニング指導を行っています。

骨盤底筋群トレーニングの方法

骨盤底筋群のトレーニング方法を紹介します。

まず骨盤底の位置を確認します。
イスに座ったときに左右の坐骨結節が座面に当たります。
左右の坐骨結節の間にある筋肉群が骨盤底筋群です。

次に肛門、膣から水を吸い込むようなイメージでキュッと陰部を縮めます。
その状態で10秒ほど維持します。
つらく感じる場合には5秒程から始めます。

これを何度か繰り返します。
疲れたら辞めます。

座った状態でも寝てる状態でもできます。
これを毎日続けていると骨盤底筋群が鍛えられ、尿漏れも改善します。

【関連ページ】

産後の骨盤矯正

骨盤矯正