生理痛・月経困難症

生理痛(月経困難症)でお悩みの方へ。

ひどい生理痛に苦しみながら痛いのが当たり前と考えている女性がいます。
しかし本来、健康な状態であれば生理痛はないのが当たり前です。

また子宮内膜症のサインであったり放置すると不妊の原因となる場合もあります。

当院では自然治癒力を高めて根本的に改善するお手伝いをしています。

このページでは生理痛の症状と原因、対策について解説します。
さらに整体によるアプローチについて紹介します。

根本的に改善したい人はこのページを最後まで読んでみてください。

あなたは今、こういったことでお困りではありませんか?

  • 生理の時に痛みがあり痛み止めを必要とする
  • 生理痛がだんだんひどくなっている
  • 生理痛がひどく生活に支障が出ている
  • 腰痛や下腹部痛がしょっちゅうある
  • 痛み止めが効かない

生理痛(月経困難症)の症状と原因

生理痛(月経困難症)の症状と原因

それではまずはじめに生理痛の症状について解説します。

症状

生理に関連して起きる症状を「月経随伴症状」といい、その症状や程度は人によってさまざまです。腹痛や腰痛、体がだるくて重いといった全身倦怠感を感じる人が多いようですが、頭痛や下痢が起きる人、イライラしたり、憂鬱になったり、感情が不安定になる人もいます。

引用:生理時の症状|生理痛の話|エスエス製薬

生理痛と一言で言っても人により症状は異なります。
下腹部痛や腰痛を感じる人が多いです。

また頭痛や貧血を起こすこともあります。
経血量が多いと貧血になったりフラフラすることもあります。

生理中のホルモンの変化で精神的にイライラしたり憂鬱になるといった症状が出ることもあります。
生理が始まると症状が落ち着く場合には月経前症候群である可能性があります。

また痛みの背後に病気が隠れている場合もあります。

子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症などの病気により生理時の痛みが引き起こされていることもありますので注意が必要です。

器質性月経困難症と機能性月経困難症

ひどい生理痛を月経困難症と言います。

背後に病気が隠れていて生理痛が起こっている場合は器質性月経困難症、特に病気がないのに生理痛がひどい場合には機能性月経困難症と区別されます。

器質性月経困難症の場合には婦人科のクリニックで治療をお勧めします。
特に原因がわからないような機能性月経困難症の方は整体によるケアをお勧めします。

次に生理痛の原因について解説します。

原因

生理痛は、プロスタグランジンという子宮の筋肉を収縮させる作用をもつ生理活性物質によって起こります。子宮内にはがれた内膜の組織や月経血が溜まると、子宮はそれを異物として認識し、押し出そうとプロスタグランジンが分泌されます。

妊娠していない時の子宮はニワトリの卵程度の大きさで、その内側は1cm×3cmくらいの小さな空間です。その壁は厚さ1.5cmほどの筋肉で出来ています。

出産時、子宮は大きくなるとともに増えた筋肉の力を使って赤ちゃんを押し出します。月経中も、ちょうど歯磨き粉のチューブをギュッとしぼるように、子宮に小さな陣痛のような収縮が起こっており、そのため誰でもわずかな痛みがあります。

しかし、その痛みがひどく、生活に支障を来たすような状態は月経困難症と呼ばれます。月経中には、痛みのほかにも、月経血量が多いと貧血になりやすいほか、全身の倦怠感など様々な身体症状が現れます。

生理痛は生活の変化やストレスの影響も受けやすく、就職や仕事の環境変化が影響して急にひどくなることも少なくありません。

引用:きちんと知りたい生理痛|武田薬報WEB

生理痛はその時期に分泌されるホルモンにより発生する症状も異なります。

月経前の症状

排卵後、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増え生理が始まると一気に減少します。
この急激な変化により自律神経のバランスが乱れ、頭痛や胃痛、精神的なイライラなどの症状が出ます。

これを月経前症候群と言います。

【関連ページ】

月経前症候群(PMS)

月経前半の症状

生理痛の痛みの主な原因はプロスタグランジンによるものです。
プロスタグランジンは子宮を収縮させ経血を体の外に排出する働きがあります。

プロスタグランジンの量が多いと下腹部の鈍痛、キリキリした痛み、めまい、吐き気、下痢などの症状が出ることがあります。

月経後半の症状

月経後半は骨盤周辺の血流が悪くなりうっ血し、それにより骨盤周辺の重だるさや腰痛を引き起こします。
冷え、むくみなどの症状も起こります。

入浴や運動でうっ血を改善させると症状も改善します。

当院の考える生理痛の原因と対策

以上の原因は医学的に考えられていることですが、それ以外に当院の考える生理痛の原因について解説します。

当院では以下の要因が生理痛と関係していると考えています。

  1. 冷えによる血行不良
  2. コリによる血行不良
  3. ストレスによる自律神経の乱れ
  4. 食生活による自律神経の乱れ

各項目について解説します。

1.冷えによる血行不良

生理痛を抱える女性のほとんどが冷え性です。
冷えていると血流も悪く細胞の働きも低下します。

対策としてはとにかく冷やさないことと温めること。

具体的には

  • 冷たい飲み物を口にしない
  • 飲み物は出来るだけ温かいものにする
  • 入浴で温める
  • 使い捨てカイロや湯たんぽで体を温める

などの対策がお勧めです。

2.コリによる血行不良

骨盤周辺や腰部の筋肉の緊張(コリ)によっても血流は悪くなります。
骨盤を緩める整体や運動を行うと下半身の血流は改善します。

3.ストレスによる自律神経の乱れ

不規則な生活やストレスによって自律神経が乱れると生理痛や他に不定愁訴が現れます。
ストレスのケアや自律神経を整える整体がお勧めです。

アロマセラピーの精油などをうまく生活に取り入れるのもお勧めです。

4.食生活による自律神経の乱れ

甘いものの過食、糖質過剰の食生活、タンパク質やビタミン不足など、食生活の乱れによる栄養不足も自律神経のアンバランスを引き起こします。

栄養の過不足を整えることで自律神経のバランスも改善します。

生理痛の整体施術

生理痛の整体を行う上でもっとも意識していることは、血流の改善と自律神経のバランスを整えることです。

施術の流れを紹介します。

カウンセリング

お悩みの症状や生活習慣についてお話を伺います。
生理痛の根本改善のためには施術と併せて生活習慣の改善が必須となります。

必要な生活改善についてもお話させて頂きます。

下肢と骨盤の調整

生理痛で悩んでいる方は皆さん体が冷えています。
下半身の血流が悪い人がほとんどです。

土台である足から全身のバランスを整えていきます。
バランスが変化して全身が調和すると筋肉の緊張が緩んで血流も良くなります。

頭頚部の調整

頭の緊張、首や肩の緊張が強いと、脳や神経も緊張します。
主に皮膚や筋膜を介したアプローチで首や頭の緊張を緩めていきます。

自律神経のバランスを整えるアプローチも行います。

エネルギー療法

気の調整やヒーリングの技法を用いて目には見えないエネルギーの調整も行います。
心と身体が深くリラックスして安心感に包まれます。

自然治癒力が高まり治癒のプロセスが進行します。

生活改善アドバイス

施術を受けるだけで今まで通りの生活を繰り返していると根本的な改善は難しいと言えます。
生理痛の根本改善のためには生活習慣の改善により体質を改善していくことが大切です。

とはいえ何から始めたらよいかわからないという方もいらっしゃいます。
あなたにとって優先度の高いことからアドバイスを差し上げます。

当院では症状を取りのぞこうとするのではなく、根本的な改善のサポートをしています。
生活習慣の改善も含めて取り組んでいきたい方にお勧めします。

難しいことはほとんどありません。
誰もがすぐに実践できるようなシンプルなことで体は変わります。

生理痛を根本的に改善したいあなたのご来院をお待ちしています。

【関連ページ】

不妊症克服 子宝整体