寝違え

寝違えて首の痛みで困っているあなたへ

寝違えの痛みは放っておけばそのうち良くなると思っていませんか?
たしかに自然と良くなることもあります。

しかし、放置してもなかなか改善しなかったり、どんどん痛みが悪化するケースもあります。
最初は痛いのは首だけだったのが、肩や肩甲骨の方に痛みが広がったり、手がしびれてくるということもあります。

それから心配になって来院する方もいらっしゃいます。
でも大丈夫です。ご安心ください。

適切な処置をすれば寝違えの痛みは早期に改善します。

このページでは首を寝違える原因適切な対処法について解説します。
このページを読むことであなたの不安は大きく軽減することでしょう。
そして適切な対処法について知ることができます。

ぜひ最後までご覧になってくださいませ。

寝違えの症状と原因

寝違え

まずはじめに寝違えの症状と、首を寝違える原因について説明します。

症状

寝違えの症状は、朝起きたときに首が痛くて動かしにくくなります。
首を動かすうちに数時間で徐々によくなることもありますが、数日痛みが続くこともあります。

ほとんどの場合数日以内に治りますが、一週間以上痛みが続くこともあります。
また痛い部位が首だけでなく肩甲骨や腕の方まで広がったり、腕のしびれが生じるようなこともあります。

そうなると単なる寝違えではなく、放っておいてもなかなか治りくい状態です。

原因

寝違えの原因については医学的にもはっきりした原因はわかっていません

原因と病態

何が起こって痛みが出ているかについては、いろいろな意見がありますが検査や画像でとらえられるような変化がないのが一般的なので、正確な原因であるという証拠はありません。

睡眠中不自然な姿勢が続いたために一部の筋肉が阻血(血液の供給が不足)におちいり時にしこりとなっている、前日などにいつもはしないスポーツや労働をして一部の筋肉が痙攣している(こむら返り)、頸椎の後ろの関節(椎間関節)の袋(関節包)に炎症がおこる、などの原因が考えられています。

筋肉の阻血・疲労や関節包の炎症を引き起こすのは、上肢の使い過ぎ(手で重いものを持つ動作は頸の後ろの筋肉に負担がでます)、同じ姿勢の持続(飲酒後の睡眠や疲れ果てての睡眠などでは寝返りが少なくなる・パソコンや事務作業が長時間に及ぶと頭を一定位置に保持するために頸部の筋肉に負担が生じる)、が原因の場合が多いと思われます。いずれにしても、「外傷(けが)」ではなく、軽い病気です。

引用:寝違え|日本整形外科学会

寝違えの痛みが長引く原因

ほとんどの場合、数日から1週間程度で寝違えによる首痛は治っていきます。
数週間経っても治らない場合は必ず回復を妨げる原因があります。

いくつかの原因を紹介します。

腕の筋膜の捻れ

寝違えの直接の原因としては、寝相が悪くて首に痛みが生じてしまうケースが多いです。
その場合に横向きで丸まって寝ていたりして、腕が捻じれてしまうのです。

例えば、右側を下にして右腕を身体の下敷きにした状態で寝ていると右腕が押しつぶされた状態が長時間続くわけです。
そうすると腕の筋膜バランスに不調和が起きてしまうことがあります。

腕が捻じれて首の筋肉を引っ張り、そして寝違えを起こしてしまうのです。
寝違えの改善の一番のポイントは腕の筋膜のバランスを整えることです。

実際腕の捻じれを整体で調整することで、ほとんどの寝違えの痛みがその場で改善します。

肩こり・肩甲骨周辺のコリ

寝違えを起こす人はほとんどの場合、肩こりや肩甲骨周辺のコリの症状を抱えています。
肩こりがない小さな子供は変な寝方をしてもどんなに寝相が悪くても寝違えになることはめったにありません。

たとえ寝違えを起こしても数日以内に良くなります。
しかし、日頃からガンコな肩こりに悩まされていると寝違えにもなりやすいし、一度なるとなかなか治りにくいものです。

さらには、寝違えがようやく治ったと思ったらまた首が痛くなったりして、根本の原因が治っていないので再発を繰り返すのです。

このような場合には患部の寝違えの痛みが良くなっただけでは整体の施術としては不十分で、肩こりや肩甲骨周辺のコリも緩むように施術していく必要があります。

首こり

寝違えを起こしやすい人は頸椎周辺にストレスがかかっています。
要は首の筋肉がこり固まっているのです。
だから首を痛めやすくなります。

では首こりをマッサージなどで緩めればいいのか?
というとそんな単純でもないのです。

なぜなら首の筋肉はこり固まる必要があって凝っているとも言えます。
つまり身体は首の筋肉を固めることで頭の重さを支えているのです。

首の筋肉を固めないと頭の重さを支えられないようなバランスになってしまっているのです。

このような場合には、まず首の筋肉をほぐすのではなく、頸椎にかかっているストレスを取り除くことを優先して整体の施術を行います。

骨盤や脊柱のバランスを整えていくことが大切なのです。
その上で必要に応じて頸椎や首の筋肉の調整を行っていきます。

食生活の問題

寝違えを起こした時には痛めた患部に小さな炎症が起きています。
微少レベルで組織が損傷を受けているのです。
だからその損傷が回復するためには栄養が必要となります。

数週間経過しても寝違えの痛みがなかなか良くならないという場合には、肉体面の歪みだけでなく栄養の問題も考えられます。

必要な栄養素が足りないためになかなか痛みが取れないというケースもあります。

適切な栄養素をしっかり補給すると回復していきます。
必要に応じて栄養面のアドバイスも行なっています。

分子整合栄養医学(栄養療法)を導入している専門クリニックを紹介させて頂く場合もあります。

精神的ストレス

精神的ストレスも痛みと深く関係していることが近年医学的にも注目されるようになってきました。
精神的なストレスが自律神経のバランスを乱して回復しにくい体になります。

精神的なストレスには自覚しているものと無自覚なものが含まれます。
無意識領域に抑圧している感情のエネルギーが体の痛みとして現れている場合もあるのです。
そのような場合には、自分自身の内面と深く向き合うことで解決していきます。

当院ではEFT(感情解放テクニック)を用いてストレスやトラウマ解放のメニューも用意してあります。
必要に応じてEFTも活用して心身両面から回復のお手伝いをさせて頂きます。

寝違えを改善する整体の流れ

次に寝違えを改善する施術の流れを紹介します。

カウンセリング

一言で寝違えと言っても痛い部位や痛み方も人それぞれです。

  • いつから痛めたのか?
  • どんな痛みがあるのか?
  • どのように動かすと痛いのか?
  • どの部位が痛いのか?
  • しびれもあるのか?

など細かくチェックして改善のための方法を見つけます。
対処法もその人によって違ってきます。

下肢と骨盤の調整

痛いのは首ですが、全身のバランスをみていきます。
ほとんどの場合全身のバランスが不調和を起こしています。

人間の体は足が土台となっていますので、上半身の症状であっても足からバランスを整えます。
まずは下肢と骨盤周辺の調整をして土台のバランスを整えます。

腕と肩甲骨の調整

寝違えの施術は腕に対するアプローチがポイントになります。
ほとんどの場合、腕の捻れを調整するとその場で首の痛みが軽減します。
首の可動域も劇的に改善する人も多いです。

上腕骨~肩甲骨~鎖骨~胸骨の繋がりが歪んでいるので、そのバランスを取ります。
腕から胸にかけて筋膜の捻れを直します。

頭頸部の調整

腕の調整をすると首の痛みや可動域はよくなります。
さらに頭と首の筋肉、筋膜の調整を行ないます。

日頃から首こりや肩こりがひどい人も寝違えやすいです。
首や頭の緊張を緩めるととても頭や首回りがすっきりと楽になります。

改善のためのアドバイス

小さい子どもは寝違えることはほとんどありません。
なぜなら筋肉が柔らかいからです。

ものすごい寝相で寝ても痛くなりません。
大人になって首や肩が固くなると寝違えやすくなります。

寝違えの痛みはいずれ良くなりますが、首や肩がこったままだとまた痛くなりやすいです。
寝違えにくい柔らかい体を作るためのアドバイスも伝えています。

寝違えの整体症例

頸椎、頭蓋骨の調整

数週間前に寝違えたケース

寝違えて首が痛くなった経験は誰にでもあると思います。
たいてい数日から1週間以内には痛みもなくなり治癒します。

ところが、あまりに激痛でまったく首を動かせなくなってしまうケースや、最初は寝違えたくらいに軽く思っていたのが、何週間も場合によっては何ヶ月も痛みが取れないようなケースもあります。

どちらのケースでも痛みがその場で100%消失しないにしても、施術により首の可動域が改善すると回復も早まります。

その場ですっかり痛みがなくなってしまうこともありますが、多くの場合は痛みは少し残るものの、楽に動かせる範囲が広がります。
そうするとその後の回復のスピードが全然違います。

常連クライアントのSさんは、数週間前に寝違えたのですが、なかなか痛みが治らずに、顔を振り向くような動きをすると肩の辺りに痛みが出るという状態がずっと続いていました。
操体法の施術の様子を紹介してみましょう。

検査

まずはSさんの体の状態をチェックします。

右を向くと首の付け根に痛みが走ります。
きっかけは何週間か前に寝違えて、それ以来痛いんだそうです。
左を振り向くのは楽にできます。

腕を挙上するのも、肩の関節がやや引っかかって、挙がるのは挙がりますが苦しそうです。

施術台の上にあおむけに寝てみると、つま先の方向が左右で同じ方向に向いています。
足首の関節や股関節がねじれたようになっていました。

足関節と股関節の調整

操体法の施術では痛い患部は後回しにします。
なるべく遠いところから施術を行ないます。

Sさんが仰向けになると、足首や股関節が明らかにねじれた状態になっていましたからそこから施術をスタートします。

足首付近に手を添えて、操法をスタートです。
Sさんは2年前から10回以上来院していますから慣れたもので上手に気持ち良さそうに連動して動きます。

足首から膝関節、股関節、骨盤、脊柱と全身をねじって気持ち良さそうに動きます。
それで股関節の歪みも整って足のつまさきの向きも左右対称になりました。

そこで一端ベッドに腰かけてもらって、肩関節の可動域をチェックすると腕もスイスイと挙がるようになりました。
首を動かしてみると痛みはあるものの、さっきより楽に右を向けるようになりました。

足首からアプローチしても、頸椎まで調整されるのです。

腕のねじれの調整

寝違えたときには、右側を下にして寝ていたそうです。
そういう場合は右腕の骨格や筋膜のバランスがおかしくなって、それが首の痛みに影響していることが多いです。

案の定、肘の関節を調整すると首の痛みがさらに楽になります。
右側にスイスイ振り向けるようになりました。

肘の上には上腕骨、肘の下には橈骨と尺骨があります。
それらの三本の骨のバランスがおかしくなっていたのです。

上腕骨、橈骨、尺骨のバランスを整え、前腕と上腕の筋膜のねじれを調整したら、右を向いたときの首の痛みはすっかり良くなりました。

頸椎の調整

次にあお向けで頸椎の調整をします。

まず足首や股関節を整え、右腕を整え、右を振り向くのは楽に出来るようになりました。
ところが、仰向けで頸椎を左右に回旋させてみると、右に向くのはすっかり良くなったのですが、左に向くときにやや違和感が残っていました。

座位(座った姿勢)で右腕を調整して右を向けるようになったので、では再び座位になってもらって、左腕を調整しようかと思ったのですが、座位になると左を向いても違和感はでませんでした。

座った姿勢だと、頸椎だけでなく脊柱全体でねじるようになるので痛みが出ないのですね。

仰向けに寝た姿勢では背部が固定されますから、頸椎の歪みの影響が直接出ます。

ということで、これは頸椎の問題であると判断し、また仰向けになってもらって、三軸操体で頸椎のねじれの歪みを整えたところ、左右ともスイスイと振り向けるようになりました。

寝違いの施術まとめ

このケースは、その場で痛みがほとんどなくなり、左右ともスイスイ振り向けるようになりました。
しかし、痛みが残っていたとしても、動かせる範囲が広がるとその後の回復のスピードが全然違います。

ちょっとわずかに動かすだけで激痛が走っていたのが、だいぶ動かせるようになりました。
大きく動かして可動域一杯で痛みが出たとしても、普段の生活の中でそこまで動かさないようにすればいいわけです。

痛みを感じる頻度もだいぶ減ります。
そうすると筋肉も神経もリラックスした状態になれますので回復モードに入りやすくなるというわけです。

今回のSさんは、股関節、右腕、頸椎のねじれが関係していました。
人によって歪み方も違いますし、歪みがその人にとっての許容範囲内に収まれば、身体が自然と回復モードになりますので、その人の体の都合に合わせた調整が必要ということです。

【関連ページ】

首こり