ストレートネックと首こりの関係について解説します。

ストレートネックと頭痛

頭痛がひどくて脳神経外科などでMRIを撮って、脳の血管には特に異状ありませんと言われて、肩こりがひどいせいだからと今度は整形外科を紹介されます。

そしてレントゲン写真を撮って「あなたはストレートネックですね。これが肩こりや頭痛の原因です。」みたいなことを言われるわけですが、個人的には疑問を感じています。

そもそもストレートネックとはどんな状態を言うのでしょうか?

ストレートネックとは?

ストレートネックとはうつむき姿勢を長くとり続けることで頸椎の正常な前弯カーブが失われた状態を言います。頸椎の弯曲が減少してまっすぐになった状態です。

ただこれはそうなった状態を指す言葉で病名ではありません。一説によれば日本人の80%がストレートネックであるという話も聞いたことがあります。

ストレートネックでも、無症状の場合もありますからストレートネックだから悪いというわけではありません。本音を言えばほとんど症状とは無関係だと思っています。

なぜなら病院でストレートネックと言われた人がこれまでにたくさん来院していますが、必ずしも頸椎の矯正などしなくても症状が改善していくからです。ストレートネックが原因で症状が出ていると言われていても、特に心配しなくてもよいと考えています。

ストレートネックの症状

一般的にストレートネックによる症状と言われているものには以下のような症状があります。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 首こり
  • めまい
  • 自律神経失調症
  • 頸部痛
  • 手や腕のしびれ
  • 吐き気
  • 寝違い

等などいろいろありますが、たしかにこれらは頸部の筋群の緊張により引き起こされる症状でもあります。ですから、頸部の筋肉の緊張が緩めば症状も改善します。

当院ではストレートネックはこれらの症状の原因ではなく、症状と同様に一つの結果だと考えています。つまり単にそうなっているという事に過ぎません。

本当の問題は首のこりにある

レントゲンの画像がストレートネックだとしても上に挙げたような症状をまったく感じない人もいます。骨格的にストレートネックだとしても首の筋肉が柔らかい状態であれば問題はないのです。

首こりがあると自律神経のバランスも乱れ気味になりますので様々な症状が表れやすくなります。ですからその首こりに対して施術をしていくことが解決策となります。

ストレートネックへの整体

ストレートネックと診断を受けているクライアントに対して、整体ではどんなアプローチをすればいいのでしょうか?当院では頸部にかかるストレスを解放するための整体を行います。

首の後ろ側や横の筋肉が固く緊張しているので、それらの筋肉が緩むように調整します。その方法として直接筋肉をもみほぐすのではなく、頭と脊柱、骨盤のバランスを整えていきます。

なぜなら、首の筋肉だけを揉み解したとしても(たしかにその場は気持ちよいかも)、首の筋肉にかかるストレスが変わらなければすぐにまた症状が出てきてしまうからです。

筋膜、骨格のバランスを調整すると同時に、日常生活での姿勢や動作を改善していくことも必要なのです。

長時間のスマホ操作

よくストレートネックになる原因として言われているのは長時間のスマホやタブレットの操作です。現代社会の生活の中ではネットサーフィンやゲームアプリなど、長時間スマホを操作してしまうことが多くなっています。

集中しているうちにあっという間に時間も経ちます。気づいたら首や肩がガチガチに凝っていたという経験もあるのではないでしょうか。

現代社会ではスマホやタブレットは、仕事やコミュニケーションのツールとしても欠かせない存在となっていますから、使わないようにするというのは対策としては現実的ではありません。

長時間使用して首や肩に負担を掛けたならば、その分念入りにケアをしていけばよいと考えています。

ストレートネックのセルフケア

長時間下を向いて作業をしたり、スマホ操作を長時間続けたりすると首の筋肉が凝ります。首の筋肉のストレッチもセルフケアとしては有効です。

首の操体法は文字情報だけで伝えるのが難しいので簡単なストレッチを紹介します。いろいろな方向に首を倒して気持ちよい方向を見つけたらゆっくりと伸びる感覚を味わうと良いでしょう。

さらには首だけでなく、肩甲骨や上半身全体を使ったノビやストレッチなども有効です。難しいことは考えずに気持ちが良いように、犬や猫になったつもりで自由にノビをしてみましょう。

その気持ちよい動作やノビが操体を行う時の基本になります。気持ちが良いようにやれば自然と身体のバランスが整うというのが操体法の考えなのです。

身体の叡智を信頼する

ストレートネックという言葉に捉われる必要はありません。テレビ番組やマスコミの影響で何か重篤な病名や症状のように勘違いしてしまうかもしれませんが、当院の臨床経験上では病院でストレートネックと言われてもまったく気にしなくてもよいと思います。

現状ではそうなっているというに過ぎません。それよりも、首や肩に負担がかかっている姿勢を長く続けている事や、頭痛がするほどに身体を酷使している事について、考えなくてはいけないことがあります。

それだけ身体に負担を掛けて、身体が悲鳴を上げているということを謙虚に受け止めてください。ストレートネックだから首が凝るのではないのです。それではまるで他人事のような捉え方です。あなたが自分で首が凝る様な身体の使い方をしてきた結果なのです。

そこに気づく必要があります。身体にかけてきた負担を解消するように、筋肉の緊張を解放するように、身体の声に気づいてあげることが大切だと考えます。

ストレートネックでも何の症状もない人もいるし、ストレートネックではないけれどひどい首こりや頭痛に悩まされている人もいます。だからストレートネックかどうか、ということはたいした問題ではありません。

もっと大切なことは、あなた自身の身体の声を聴くこと。そして身体の治癒力を信頼することです。。身体には叡智があります。仙台やすらぎの杜整体院では身体の声を聴き、身体の希望を表現することで症状の回復のお手伝いをしています。

(2016年9月)

ストレートネックの整体症例

20代女性。大学生です。

関東に住む叔母さんが当院HPを調べてくれて
お母さんと叔母さんが一緒に付き添って来院しました。

宮城県内ですがかなり遠方からの来院です。
皆で一緒に車に乗って来院しました。

叔母さんの知り合いが昔橋本敬三先生に操体法を受けて
すごく良かったというのを聞いてて操体法を
姪っ子に受けさせてみたかったとのこと。

姪が整形外科に通ってもさっぱり良くならずに
困っていたのを聞いてネットで調べて来てくれました。

手足のしびれ

椎間板ヘルニアの診断も受けているので安心する話もして
ストレートネックとも言われているので気にしなくて大丈夫な
話もしてまずは安心してもらって施術に入ります。

だいたい手も足もしびれる場合は血行が悪いんです。
骨の問題や神経の圧迫ではなく筋肉や筋膜のトラブルなのです。

そんな話をして安心してもらった時点で
半分は施術が終わったようなものです。

後は操法を一つするごとに身体がどんどん変わって
横で見ていた叔母さんと一緒に歓声を上げてくれて

「さっきと全然違う!!」
「魔法見てるみたい!!」

と大喜びしてくれました。

座ってるだけで足がしびれて
脚を伸ばして寝れなかったのが
脚を伸ばしての楽々寝れるようになりました。

腕とかも痛くて回したり伸びたり出来なかったのが
うんと楽になって「ぜーっんぜん違うっ!!!」
ってお母さんの前でも強調して喜んでくれました。

ストレートネックの診断を受けていても

筋膜のバランスが変わると症状は改善します。

三人で遠方から来てくださってので
こんなに喜んで頂けて私も嬉しかったです。

操体法って凄いな。
人の身体って凄いな。

改めて思いました(^^)


前回来たのが9/17で今日9/20に二回目の来院。
しびれはほとんど良くなっていました。

左右の股関節の歪みが気になっていて
体育座りの姿勢を取ると右の股関節付近が
つまった感じで苦しいという症状がありました。

膝倒し操法
膝倒し逆モーション操法
うつ伏せワイパー操法

などをやったら股関節の左右差がすっかりなくなりました。

今回は叔母さんとお祖母さんが
一緒に付き添いで来られていました。

見学しながら「あれ~!」だの「不思議だわね~♪」
など驚いてくれてお蔭でセッションも楽しく
盛り上がりました。

叔母さんは関東在住でしたけど
「私も今度診てもらいたい」とまた宮城に来る予定の
11月に予約を入れてくれました。

するとお祖母さんもでは私もという事で
今月次回お孫さんと一緒に施術を受けることになりました。

実際にお孫さんがみるみる改善する様子を
横で見ているから安心して予約してくれました。