「顔を洗おうと下を見るとくらっとする」
「寝返りを打つとめまいがする」
「振り返ると一瞬くらっとめまいがする」

そんなめまいでお悩みの方へ。
このページでは良性発作性頭位めまい症について解説します。

良性発作性頭位めまい症とは

良性発作性頭位めまい症とは

良性発作性頭位めまい症は頭を動かしたときに周囲がゆれるように感じたり回転性のめまいが生じる耳の病気です。多くの場合短時間(一分以内)に治まります。

めまいには命にかかわる重篤な病気が潜んでいる場合もありますが、このめまいは危険な病気ではないという意味で「良性」とついています。

症状

頭を動かしたときに自分の周囲が動いたり回転しているような感覚が生じます。
回転性めまいが数十分にわたり続くメニエール病とは違いすぐに(数秒から1分未満)治まります。

回転性めまいを訴える場合の多くは良性発作性頭位めまい症によるものです。

吐き気がしたり実際に嘔吐することもあります。
耳鳴りや難聴は伴わないのが特徴です。

症状そのものは危険なものではありませんが、車の運転や機械の作業中に発作が起こると危ないこともありますので注意が必要です。

原因

良性発作性頭位めまい症の原因を説明します。
その前に耳の平衡感覚を保つ仕組みついて少し解説します。

耳の奥には内耳の一部で「前庭」や「三半規管」と呼ばれるところがあり、体の平衡感覚をつかさどっています。内耳の障害でその機能に影響が出るとめまいが起こります。

引用:めまいが起こったら|日本医師会

良性発作性頭位めまい症は内耳の障害で起こる病気なのです。

内耳は平衡感覚をつかさどっている前庭・三半規管と、聴こえに関する蝸牛という部分から成ります。
前庭の卵形嚢(らんけいのう)という部分には炭酸カルシウムで出来た耳石があり、耳石が動くことで脳に電気信号が伝わり身体が傾いていることがわかります。

この耳石のはがれたカス(浮遊耳石)が、何らかの原因で三半規管の中に入ってしまうことがあるのです。

三半規管の中はリンパ液で満たされています。
耳石が入り込むことでリンパ液の流れが誘発されます。

つまり身体が動いているという信号が脳に伝わりめまいが生じてしまうのです。
耳石が入り込む部位によってめまいの持続時間や症状も変わります。

半規管結石型良性発作性頭位めまい症
半規管内に迷入した耳石が、頭位変換(頭の向きを変える)後に重力により管内を移動することで異常なリンパ液の流れが生じてしまい、めまい症状が出現します。耳石の動きが止まったらリンパの流れも止まりますので、頭位変換後、数十秒くらいでめまいが治まります。

クプラ結石型良性発作性頭位めまい症
クプラ(リンパ液の流れを感知する神経)に耳石が付着することが原因のめまい症です。耳石が付着したクプラが横向きになるような頭位をとると、重力によりクプラが刺激され回転するようなめまいが発症します。持続時間は2分以上と長いですが、耳石が付着したクプラが縦向きとなるような頭位(仰向けの状態で少し症状のない側を向く)にすると、めまいは治まります。

引用元:良性発作性頭位めまい症|社会福祉法人 恩賜財団 済生会

耳石が半規管内に入り込んだ場合と比べるとクプラという部位に入り込んだ場合にはめまいが長く続きます。

後半規管に耳石が入り込むケースが多いようです。

病院での治療法

良性発作性頭位めまい症の病院での治療方法を紹介します。

浮遊耳石置換法(エプリー法)

頭を動かして耳石をめまいがしない位置に動かす方法です。
約9割の患者がこの方法で改善すると言われています。

良性発作性頭位めまい症は簡単に治療できます。必要なのは、ただ耳石を後半規管から症状を引き起こさない場所に動かすだけです。そのためには、頭をとんぼ返りのように動かすことが必要で、これは浮遊耳石置換法と呼ばれ、具体的にはエプリー法などがあります。約90%の人は、この手技によって回転性めまいがすぐに改善します。

良性発作性頭位めまい症|MSDマニュアル家庭版

手術

耳石置換法で効果が出ない場合には、別の原因がないか詳しく検査をします。
他の病気が原因となっていることもあります。

長期間にわたって発作が続き日常生活に支障がある場合には半規管遮断術による手術治療が行われることもあります。

良性発作性頭位めまい症の改善法

難聴や耳鳴りを伴わない回転性のめまいで重篤な病気が潜んでいない場合には、自分で改善できることもあります。

エプリー法を試してみる

病院でも行われているエプリー法は実は自分で行うこともできます。
エプリー法で検索するとその方法や動画もいろいろとヒットします。

>>YouTubeでエプリー法を検索

当院でもクライアント様より回転性めまいの相談を受けたときにエプリー法を紹介していますが、それで自分で改善する方もいらっしゃいます。

また寝返りなどを繰り返しているうちに自然と耳石がめまいを生じない部位に移動して治ることもあります。

整体によるアプローチ

めまいの多くは寝て休むと自然と治ります。
しかし繰り返しめまい発作が起こったり慢性的にめまいが続く場合もあります。

病院へ行くと薬を処方され一時的に症状をやわらげることができますが、根本的な原因が変わらないと繰り返し症状が出てきます。

当院ではめまいの原因を解消し根本的に改善するためのお手伝いをしています。

めまいを改善する整体

良性発作性頭位めまい症の原因は耳石が三半規管などに迷入してリンパ液の流れを生じさせることですが、発症する人の多くがデスクワークをしています。つまりあまり体(頭)を動かさない状況で長時間過ごしている人がかかりやすいと言われています。

めまいの症状を訴える人は首や肩の筋肉がこり固まっていたり、血液やリンパの流れも悪くなっていることが多いです。

当院では血流やリンパの流れが悪いことも間接的に症状と関係しているのではないかと考えています。
そこで整体により全身のバランスを整えることにより代謝を促進し体液の循環を改善します。

脳と神経にアプローチすることにより優しい力で深部から緊張が緩みます。

  • 骨盤と脊柱のバランス調整
  • 筋筋膜の緊張の緩和
  • 自律神経のバランス調整
  • 脳と潜在意識へのアプローチ

体の面だけでなく精神的にもストレスを抱えてめまいを発症している方が多いです。
まじめで頑張り屋さんのタイプが多いですから、心のケアも大切に考えています。

心がほっと緩んで安心すると体の緊張もほどけます。

めまいは心や体が悲鳴を上げているサインでもありますから、心身の緊張が緩むと回復しやすくなります。

リハビリ指導

めまいは耳の問題の場合の他には運動をつかさどる小脳にエラーが生じている状態である場合もあります。
そこで当院では小脳を鍛えるリハビリエクササイズの指導もしています。

頭や目を動かす簡単な動作でも誰でも実践できる内容です。
薬に頼らないので副作用もありません。

自分自身の力でめまいを改善したいという気持ちが強い方ほどより効果が出やすいです。

【関連ページ】

耳鳴りや難聴を伴うめまいはこちら

メニエール病

めまいを改善する整体