執筆者:院長 上川名 修

パニック障害で電車に乗るのが怖くなったり、実際に乗れなくなったりすることがあります。
私も経験がありますので同じ症状で悩んでいる人の気持ちがわかります。

パニック障害と広場恐怖

パニック障害の症状の一つに「広場恐怖」があります。
これは広いところが怖いのではなくすぐに逃げられないような場所や、発作を起こしたら嫌だなと思う場所に行くことに不安や恐怖を感じる症状です。
人によって様々な場面がありますが電車に乗れないという悩みを抱えている人も多いです。

各駅停車よりも急行列車や特急に乗ることに不安を感じる人が多いようです。
各駅停車なら発作を起こしたときに、駅のホームに避難することができますが、急行などは次の駅に到着するまでの間が長いので不安も大きくなるのです。

電車に乗れなくなった体験

私も20代前半から10年以上パニック障害で苦しみました。
駅などの人ごみに行くとめまいがクラクラしました。
電車には何とか乗ることは乗れましたが、座席に座れるときはまだいいのですが車内が混雑していて立っていなければならないようなときは、めまいがしてきて我慢していると動悸もして息も苦しくなって不安と恐怖が襲ってくるのです。

当時サラリーマンをしていて地下鉄で通勤していました。
地下鉄に乗っている時間は10数分だったと思いますが、その時間が非常に苦痛でした。
今から25年以上前ですが当時はパニック障害という病名も一般的ではなく、自分に何が起きたのかもわからず誰にも相談せずに悩んでいました。

体調が悪い時は地下鉄に乗ること自体が怖くて、タクシーで会社から帰ったり、少し元気な時には数十分かけて歩いて帰っていました。
毎日歩いて体力をつければ多少は大丈夫になるかもと考えながら歩いていましたが、今度は広い横断歩道を渡る時が怖いという症状が出てきました。
横断歩道の真ん中で発作を起こしそうになるのです。

電車に乗る練習

とにかく電車に乗れないことには仕事にも行けないので何とか不安をこらえて乗っていました。
混雑している車内で立ちっぱなしでいることは非常に辛かったです。
何でもないときには普通にできた行動がパニック障害になると出来なくなったり、何とか出来たとしてもものすごい負担のかかることになってしまうのです。

不安や恐怖と何とか闘いながら過ごしていましたが、人によってはまったく家から出られなくなったりうつ症状が強く出たりします。

電車に乗ることは苦痛でしたが、苦痛なりに毎日乗っているうちに少しずつコツがつかめてきました。しんどいけれど何とか大丈夫だという確信がちょっとずつ芽生えてくるのです。

リラックスのコツも少しずつ覚えてきました。
頭の中を出来るだけ空っぽにして不安なことは考えないようにします。
仮にパニック発作を起こしたとしてもそれで死ぬようなことはないし、たくさん人がいれば誰かが助けてくれるでしょう。

吊革につかまりながらなるべくぼーっとするようにして、全身の力を抜くようにして会社の近くの駅に着くまで辛抱する、という経験を繰り返すうちにその路線では大丈夫になっていきました。
慣れたところだと大丈夫なのです。

パニック障害は慣れない環境や、普段と違う行動をするときに大きな不安を感じるので日常の中で慣らせるところは慣らしていくといいでしょう。
認知行動療法など一切知らないときから、自己流でやってきたことが行動療法になっていたのだと思います。

パニック障害の克服のために

パニック障害は克服できます。
出来ないことが少しずつ出来るようになっていくと、ほかの場面での不安も減っていきます。

私は薬に頼らず自分で克服しましたが、薬を活用したほうが楽なこともありますので薬を飲みながら精神療法やその他の方法も併用しても良いと思います。

ただ薬物療法だけに頼るのはお勧めしません。
症状を抑えるだけで根本的な原因が変わらないからです。
積極的に生活改善や意識改革をしていくことをお勧めします。

電車に乗れない、という症状はパニック障害の一つの側面にすぎません。
また必ず同じ症状が出るわけではありません。
人によってはパニック障害でも電車に乗ることに関してはまったく不安を感じない人もいるでしょう。

症状を消すことに捉われるよりも、根本の自律神経を整えたり潜在意識の波動を変える訓練を積極的にやっていくと、少しずつ行動出来る範囲が増えたり症状が出る場面も減っていくと思います。

当院では、院長の私自身がパニック障害を長年患い試行錯誤しながら自力で克服した経験があります。
たくさんのことを試してきて効果的な方法も効果が感じられなかった方法もありました。

整体と生活改善アドバイスでパニック障害の改善や克服のお手伝いをしていますが、人によって効果的な対処法も異なります。
効果の出ない方法を繰り返してもダメなのです。

あなたにとって効果的な方法はあなたがもっともわかっているかもしれません。その答えを一緒に探すお手伝いをしています。

【関連ページ】

◆パニック障害の整体を詳しく>>