オスグット・シュラッター病

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。膝痛の中学生の整体症例です。バレーボール部の中学三年生です。

膝のお皿の下の部分が痛くて整形外科ではオスグット・シュラッター病、いわゆる成長痛と言われたそうです。石巻からお母さんに連れられて来院しました。お母さんがインターネットでいろいろ調べて来てくれました。

オスグット病の診断を受けていても整体で改善するケースはとても多いです。そもそも成長痛って何なのだろう?と思います。

オスグッド・シュラッター病(オスグッド・シュラッターびょう、英: Osgood-Schlatter disease、独: Osgood-Schlatter-Krankheit)は、サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする小学生、中学生や高校生に多く見られる、膝の脛骨が出っ張って痛むという骨軟骨炎である。オスグッド・シュラッター症候群(オスグッド・シュラッターしょうこうぐん)ともいう。

1903年にボストンの整形外科医ロバート・ベイリー・オスグッド(1873 – 1956)と、チューリッヒの外科医カール・シュラッター(1864 – 1934)が別々に症例を確認、発表したため、この病名がある。一般的には、「オスグッド」などと略されるが、正式名称は「オスグッド・シュラッター病(症候群)」である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%97%85より転載

急に身長が伸びる時になるなどと言われていますが、実際には運動により身体に負担がかかって起きていることがほとんどです。

この中学生の場合も非常に身体の柔軟性が失われていて、それで膝に負担がかかっていました。

膝痛の整体施術の考え方

まずはじめに中学生とお母さんに当院の整体の考え方をお伝えしました。膝が痛いと膝の治療をするところが多いけど、当院では「膝の治療」はしないこと。膝が悪いのではなくて、膝に負担がかかっている要因を取り除くことをお伝えしました。

膝だけでなく、脚のバランスや骨盤や脊柱も含めて全身のバランスを整えていきます。

整体の施術

実際の施術の様子を紹介します。

足指の調整

足指がじゃんけんのグーの状態で固まっていました。そんなところも膝の痛みと関係します。まずは足指の調整をしました。足指の筋膜が変化すると結構いろんなところが変化します。

足指バレリーナ操法という多次元操体オリジナルの操法があります。

中足骨の調整

足の甲の骨の動きを良くしていきます。中足骨操法をしました。これも多次元操体オリジナルです。

骨盤の調整

実は最初に骨盤の検査をしていました。足指と中足骨の調整で骨盤の状態がだいぶ変化しました。お母さんも本人もびっくりしていました。

さらに骨盤の動きが自由になるように調整します。この中学生は臀部の緊張がとても強いので無理なく自然に緩むような調整を行いました。

大腿部の調整

大腿部、特に大腿前面の筋肉が緊張しています。操体法で緩めていきます。基本操法や多次元操体のオリジナル操法を混ぜながらやっていきます。

足首の調整

右足首の固さが気になったので伝えると幼少の頃に足首付近を骨折した経験があるとのことでした。足首の可動域を広げていきます。

肩甲骨と腕の調整

バレーボール部なのでしっかりアタックを打てるように肩甲骨~鎖骨~腕の自由度を高めていきます。

頸椎の調整

最後に頸部周辺の緊張を解放しました。


以上、文章で書くとあれこれたくさんやったようですが、時間にするとそれほどかかっていません。一つの操法が数秒から十数秒で終わりますので横で見ているお母さんに説明しながら施術をしてもそれほど長くかかりません。

説明なしで純粋に手技だけなら5~10分もあれば全身のバランスは大きく変わります。

ベッドから降りて歩いてもらうととても足も軽く膝も楽になりました。全然違う、不思議だねーと喜んで頂きました。