宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院の上川名です。膝痛の整体症例です。

半月板損傷のクライアント様

三ヶ月程前にキャッチボール中にジャンプした時に膝を痛めました。なかなか治らないので整形外科を受診。半月板損傷の診断を受けました。湿布を処方されたけれど皮膚がかぶれたのですぐ辞めたそうです。

病院では現段階では手術をするほどではないので様子を見ましょうということでした。膝にサポーターを巻いて保護しながら生活していましたが、なかなか痛みが取れません。椅子から立ち上がるときなどに膝に違和感や痛みが出ます。

それでインターネットで検索して当院に来院しました。

膝痛の検査

うつ伏せで膝を屈曲します。痛い方の右膝は左膝に比べて明らかに曲がりにくいです。股関節も左右でねじれが見られましたので写真に撮って本人にも確認してもらいました。膝が痛い右脚は足首の関節の可動も悪くなっていました。

膝痛の操法

まずはうつぶせでのワイパー操法で股関節のねじれを取っていきます。再度写真を撮って見せます。かなり股関節の左右差が取れて右膝の屈曲もしやすくなりました。

次に右脚の足首捻転操法を行います。足首から膝~股関節~骨盤~脊柱と連動して動かしていきます。本人の自動運動に対して補助抵抗をかけて行います。気持ちよさを感じながら各関節の配置が適切な位置に戻っていきます。

さらに右膝関節の可動域が広がりました。

仰向けになって膝倒しの動診をしますと左に倒れません。右の臀部から膝にかけてかなりつっぱり感が出ます。膝関節の外側部に痛みを訴え腸脛靱帯の緊張も関係しています。操体法では一部位だけでなく同時に多部位が変化していきます。

脇腹~腰~大腿部と筋膜が繋がって伸びていきます。膝倒し操法の後は本人もびっくりするほどに膝倒しの可動域が改善しました。左右差が取れました。

頭頸部の操法

仕事のストレスなどで首こりや肩こりがあり、時々頭痛もあるということで上半身も丁寧に見ていきます。上肢から鎖骨、肩甲骨のバランスを整えていきます。頸部や頭部にもアプローチして、上半身もすっきり軽くなりました。

足ゆらし操法

最後に足ゆらし操法を行いました。足の指から全身に優しく振動を伝えていきます。全身の細胞が振動により反応します。深いリラックス状態に入ります。多次元操体法の足ゆらしでは微細な振動を用います。それにより脳がトランスに入ります。

全身の緊張も緩み、膝の動きもだいぶ良くなりました。

膝痛(半月板損傷)のまとめ

この方は半月板損傷という診断でしたが、実際には筋筋膜のトラブルと考えられます。筋膜に働きかける施術で可動域が改善して痛みや違和感も軽減しました。

足首~膝~股関節への繋がりが捻れているのを調整しました。本来の調和した位置に戻ると関節の可動域も良くなりますし、筋肉もその場で柔らかくなります。

固まっている筋肉をもみほぐすのではなく、体の感覚を確かめながら「快」の感覚に従って調和の方向へと導いていきます。その結果、治りやすい状態になるのです。

半月板損傷や変形性膝関節症などの診断を受けていても、必ずしもそれが痛みの原因というわけではありません。筋筋膜に働きかける整体で改善するケースも多いですので、整形外科の病院に通ってもなかなか改善が見られない場合には整体を受けるという選択肢も考えてみるのもよいでしょう。