宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。

整体症例を紹介します。仙台市泉区在住60代女性クライアントさんです。娘さんの紹介で来院しました。

右膝の痛み-膝を伸ばすと痛い

主訴は右膝の痛み。二日前から急に痛くなって膝を伸ばせないとのこと。昨日よりも今日の方が痛くなっているので心配になって娘さんが通院している当院を紹介してくれました。

歩く姿もとても痛そうです。右膝を伸ばせないのでやっとのことで歩きます。

膝痛への整体

ベッドに仰向けで寝てもらいましたが、痛くて膝を伸ばせません。そこで両膝を曲げてもらうとその方が楽だと言います。

まずは膝倒しの検査をします。右には楽々倒せますが、左に倒すと膝の周辺に痛みが出ます。

膝痛の症状を抱えていても問題は膝だけにあるわけではありません。多くの場合骨盤や足首などにも原因が潜んでいます。

まずは右の膝倒し操法及び左の膝倒し逆モーション操法を行い、骨盤の捻じれを整えました。

次にうつ伏せで足首ひねり操法を二パターン行いました。足関節からのアプローチと、足首の筋膜からのアプローチを行いました。

それで一旦確認の為に立ち上がってもらうと、だいぶ膝が伸びやすくなりました。

「あら~!歩ける!!膝が伸びる!!不思議!!」

と喜びながら一緒に付き添いで来ていた娘さんにアピールしてくれました。

まだ完全に膝が伸びきったわけではありませんが、かなりいい感じになったので今日はこれで手技は終了です。欲張ると良いことはないのです。

光線療法を行って終了しました。

膝痛の原因

この方の場合は、骨盤の捻じれと膝下の捻じれが関係していました。それらの捻じれが整うように調整したら膝が伸びやすくなり痛みも和らぎました。

数日前に娘さんと一緒に出掛けた先で、ちょっと体を動かす機会があったそうです。激しい運動ではなかったのですが、それから痛くなったのでそれで痛めたのではないかということでした。

さらに、それ以前から足が上がりにくいとか違和感があったりとか、小さな症状は出ていたそうです。そこに急に普段やらないような動きをしたものだから体が対応出来ずに痛みが出てしまったという事です。

体は常にサインを出してくれているのですよね。

ご紹介による整体

この方は娘さんが通院されていて、そのご紹介で来院しました。しかも娘さんが一緒に付き添って連れて来てくださいました。

待合室でもニコニコ楽しい雰囲気でお話していました。

娘さんの紹介で安心して来院していたこと。
一緒の付き添ってもらえて安心していること。
ニコニコ楽しく親子の関係性も素敵であること。

そのような雰囲気を拝見して、こういう方は早く良くなると確信しました。その通りにちょっとした刺激で良い変化がみられました。

このような膝痛とは一見無関係に見えるようなことも、実際には施術効果に影響します。

どんなところかわからず緊張している
何をされるかわからず不安
日頃からネガティブな思考や感情に支配されている

このような場合には、そういうところにも気を配ってケアしていく必要があります。単に整体の技術だけ提供すればよいというものではありません。

その方との関係性も、治癒のプロセスに深く影響を及ぼすのです。

こちらも丁寧に寄り添う。
そこに安心して委ねてもらう。

そんな関係が構築されたときに自然と治癒のプロセスが進んでいきます。