宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。

腰痛と背部痛の整体臨床例を紹介します。

腰痛と整体(多次元操体法)

福島県から来院の50代女性クライアント様。二年ほど前から通院中です。平日仕事をしているので土曜日に予約希望なのですが、その土曜日も月に一回しか休めなかったりしてしばらく足が遠のいていました。

本日は8ヶ月ぶりの来院です。何と土日休める会社に転職したんだそうです。慣れない職場で身体を酷使して腰痛になって再来院しました。

左の腰から背中にかけて痛みが続いているそうです。以前に患った腎臓結石の痛みとも似ていたので念のため病院にも行ったとのことです。

医師の診察では結石はあるもののそこまで痛いほどの大きさではないとのこと。一応石を溶かす薬も飲んでいるそうです。

背部痛への多次元操体法施術

多次元操体法では、症状や痛みそのものは追いかけません。まずは身体のバランスをチェック。右肩の動きが悪くなっています。腰周辺はやはり左側の緊張が強いです。

まずは骨盤へアプローチ。微圧を優しく脊柱に封じ込めていきます。(脊柱圧操法)これで骨盤の動きが大きく改善。そして何と腰の痛みもかなり良くなりました。

さらに腰背部の痛みがあるところに直接手当をして一分間ほどヒーリング。それで再度腰を動かしてもらうと痛みはなくなりました。

あと気になった歪みを整えてベッドから起きあがてみると、腰痛も背中の痛みもすっかり良くなりました。

整体で良くなったわけだから、腎臓結石の方は大丈夫だと思います。クライアントさんも安心して喜んで帰って行きました。