宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。

今日はセルフケアの整体についてちょっと書いてみます。
セルフケアというと、ヨガやストレッチや体操などの
エクササイズを思い浮かべるかもしれません。

でももっと簡単に手軽にいつでもどこでも
どんな体勢でも出来るセルフケア方法があります。

重力と釣り合う一人操体

言葉にすると下記のようになります。

  1. 出来る限り脱力する
  2. 脱力したままで重力を感じる
  3. 重力と釣り合う
  4. 重力を味わう
  5. 余韻を味わう

それぞれ解説すると結構奥深いです。

要は重力と釣り合って気持ちが良さを味わうということです。
1人でやる操体法の中の、重力と釣り合う操法です。

立ってても寝てても座っててもどこでも出来ます。

より繊細な感覚がわかるようになれば
仕事中や授業中にも誰にもわからずに出来るようになります。

そのためにはある程度の集中力と、感覚への気づきが必要になります。
言葉で説明出来ることと出来ないことがありますが
各項目について簡単に説明してみます。

1.出来る限り脱力する

まずは今の姿勢でリラックスします。
寝てる場合には完全に脱力します。

立っていたり座っている場合には、必要最小限の力でその姿勢を維持します。

身体の各部分に意識を向けながら、力みに気づき脱力していきます。
じっくり取り組むとこの作業だけでかなりリラックスできると思います。

2.脱力したままで重力を感じる

脱力するとその部位に重みを感じます。筋肉の力を出来るだけ抜きます。
寝た姿勢でも各部位の重さを感じます。結構な重さを感じる事ができます。

自律訓練法でも手や足の重さを感じる訓練があります。
このワークをするとさらに緊張から解放されます。

血行が良くなったり、内部のエネルギーの流れが良くなったり
ということも感じられると思います。

3.重力と釣り合う

重さを感じたら、ちょっとだけその重さを強調するように
ほんの少しだけ体を動かします。
たいていの場合は数mm~数cmで十分です。
(もっと大きく動いてもいいですがゆっくり動くのがコツです)

重力とつりあいが取れて何となくいい感じがするポジションを作ります。

何となくいい感じとは、

  • 気持ちよい感じ
  • 安心する感じ
  • ほっとする感じ
  • スーッとする感じ
  • 伸びて気持ちよい感じ
  • 縮んで気持ちよい感じ
  • じんわり効く感じ  

等など、自分でいい感じだと思ったらそれが正解です。
よくわかんないな、これでいいのかな、という場合は
多分うまくできてないと思います。

4.重力を味わう

重力と釣り合いを取りながら気持ちよさをじっくりと味わいます。
釣り合いの感覚も変化しますのでその場合はよりいい感じが持続するように
ポジションを変更したりしてもよいです。

気持ちよさを頭で考えるのではなく、気持ちよさの中にひたる感じです。

5.余韻を味わう

気持ちよさが薄れたら再度完全脱力状態に戻ります。
そしてそのまま余韻を味わいます。

この余韻の間を丁寧に味わうことに実は意味があります。
その意味は体験してみるとわかります。

効果が全然違ってきます。

リラックス効果も、効果の持続も違います。
余韻も含めて味わうことで操法の効果が倍増します。


以上、セルフケア整体として重力と釣り合う一人操体を紹介させて頂きました。
なかなか文章だけを読んでやってみるのは難しいかもしれませんが
わかる人はわかるだろうし、何かヒントが得られる人もいると思います。

実際に体験してみたい方は操体法レッスン(個人・グループ)で指導しています。