頭痛の中学生の整体

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。昨日中学1年生の女の子がお母さんに連れられて来院しました。小学生の頃から頭痛がするようになり、だるくて学校を休むほどひどくなってきました。

病院では起立性調節障害の診断を受け、血圧を上げる薬や鎮痛剤を飲んだりしていましたが症状の改善が見られず、お母さんがインターネットで調べて当院に来院しました。

CTなどの検査もしたけれど異常は見つからないということでした。このような病院に行っても原因もよく分からない、そして治療を受けても改善しないような頭痛は筋肉のコリから来ていることが多いです。

そのような頭痛は整体を受けるととても改善しやすくなります。

骨盤部の緊張

まずは姿勢のチェックと肩甲骨の動きの検査をしました。骨盤が大きく後傾して背中が丸くなっています。肩甲骨の動きも悪くなっていました。

骨盤のチェックをすると、骨盤内部の筋肉やお腹周りの緊張が強く感じました。本人はその自覚は一切ありません。精神的なストレスや緊張などの自覚もあまりないとのことでした。

でもお腹にとても力が入った状態で生活している感じがしました。人間の体はストレスがかかるとお腹や首の筋肉が固くなります。この中学生もそういう状態でした。

きっと自覚していないストレスもいろいろあるだろうと思います。むしろ自覚出来ないからこそ、身体がサインを出しているとも言えます。

お腹や骨盤の緊張が緩むと姿勢も改善し、肩甲骨の動きも良くなりました。

頭痛と首こり

首を触ると首の筋肉もとても緊張していました。頭痛と首こりは深い関係にあります。首の筋肉がこっていると頭に血液が行きにくくなり酸欠でぼーっとしたり頭痛がしたりします。

首こりが改善すると頭に酸素と栄養が届きやすくなりますので頭痛も楽になります。でも、首の筋肉をもみほぐせばいいかというと、首を揉むとかえって具合が悪くなる人もいます。

首こりになる理由

首の筋肉がこり固まるのにも理由があります。姿勢のバランスが崩れて頭の重さをさせ得るために首の筋肉が緊張している状態が首こりを引き起こします。

その状態で首の筋肉だけを揉みほぐしたらどうなるでしょうか?頭の重さを支えるために首が頑張っていたのが支えられなくなってしまいます。だから気持ちが悪くなったりめまいがしたりということも起こることがあります。

当院ではむやみに首を揉みほぐすのは良くないと考えています。

首の筋肉が緊張する理由がなくなってしまえば首は自然と楽になります。当院では首を直接もみほぐしたりせずに首の緊張を緩めていきます。

結果でなく、原因にアプローチしていくのです。

子供の整体

子供さんの頭痛や肩こりの場合には、特に子供はデリケートですからむやみにもみほぐしたり強いマッサージはしない方が良いと思います。余計に身体が緊張してしまいます。

力で揉み解すのではなく、自然と内側から自発的にほぐれるような整体法があります。当院では自然で繊細な施術を行っていますので小さな子供さんも安心して受けて頂くことが出来ます。

子供は自分で整体を選べません。大学生くらいになると自分で検索して来院しますが、中学生くらいまではほぼ親御さんが調べて子供さんを連れて来られます。

だから親がどのような選択をするかが分かれ道になります。自然で優しい整体で本質的なところから改善していきたい、という場合には当院の整体が力になれると思います。