股関節の違和感の整体症例

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。常連クライアントさんの整体症例です。60代の女性です。定期的にメンテナンスをしていましたが、しばらく通院を休んでいたら先日ぎっくり腰になりました。そこで急遽来院。

整体施術で楽になりましたが、念のためあまり感覚を開けずにまた予約して来院しました。腰痛は改善してきたけど、今日は左の股関節に違和感がありました。

股関節にビー玉が入っている?

「股関節の中にビー玉が入っているみたい」と言います。ビー玉大のしこりの様なものがあるとのことでした。

いつものように骨盤周辺の調整をするも、まだ違和感は残っていました。特に股関節を屈曲したときに動きに制限がありました。そこで股関節を伸展しながら、脚を後方に伸ばしていくと「あー、何だかスーッとして気持ちいいです~」と仰います。

しばらくその操法を味わってもらいました。基本操法の膝伸ばし操法を側臥位で行った感じです。基本操法の膝伸ばしはうつ伏せで行いますので、つりあいの取り方がだいぶ違います。

でもうまく決まるととても気持ち良いし身体も変化するので時々使っている操法です。

再度股関節の検査をしてみると「あ!ビー玉消えました!!違和感が無くなりました。」とのことでした。

股関節の違和感と痛み

股関節の違和感を訴える人は結構いらっしゃいます。股関節痛とはまた少し違うのです。痛みとまでは行かないけれど、ひっかかりを感じたり、左右の股関節で感覚が違っていたりします。

そういう場合には検査を行うと、だいたい左右の股関節で可動域の差が見られます。時には違和感を感じる反対側に問題が生じていることもあります。

股関節痛のクライアントさんにも多いですが、例えば右の股関節が痛いとして、検査をすると左側の股関節の動きが良くないなんてことも少なからずあります。反対側から施術をしていくと患側の股関節も良くなったりします。

絶対ではありませんが、結構そのようなケースも多いものです。

股関節の違和感を放置しておくと股関節痛や下肢痛になっていったりもします。違和感=身体からのメッセージなので早く気づいて早く対処していくと早く楽になります。

股関節痛に限らず、痛みになる前の違和感に気づいていくと良いですね。