宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。整体の施術を終えた時にクライアントさんから質問を頂きました。「家でまた痛くなったらどうしたらいいですか?」

この方は、仙台市宮城野区にお住まいの30代の女性で、頭痛、首と肩と背中の痛み、めまい、動悸、不眠の症状で来院しました。今年の初めからもう10ヶ月も症状が続いています。

数日前にあまりの痛みに寝れなくて整体院に予約を頂きました。特に痛めたわけでもないのに、このように生活の中で痛みが強い方はほとんどの場合生活習慣の中に原因があります。

たまたま痛いわけではありません。痛いのには理由があります。ぶつけてもないのに普通に生活してて痛いのなら、その生活の中に何か良からぬことをしてしまっているのです。まずはそこに気づくことが大切です。

この方は育児休暇中ですので、仕事のストレスなどからは解放されていました。整骨院や鍼灸院などにも何軒か通ったそうです。なかなか良くならないので当院に来院しました。

食生活習慣を伺うとかなり甘いものや糖質の摂取も多いという事でしたので、当院の考える痛みと糖質との関係についてお伝えしました。肌荒れや動悸、冷え、イライラなどの症状もありましたので栄養面のトラブルも関係していると判断しました。

息食動想、それぞれ大切ですのでそんなこともお伝えしました。呼吸、食事、運動、考え方も身体に反映されるのです。

身体の歪みに関しては左右の上半身がハニワのような歪み方をしていました。どういうことかというと、右肩は内旋がきつい、左肩は外旋がきつい、というように左右逆転しているのです。

ちょうど社会科の教科書に出てくるハニワのような歪み方なので私は「ハニワ型」と名付けています。片手を肩の上から、片手を腰から手を回して背中で左右の手を斜めに繋ぐ動作があります。片方はやりやすいけど、片方はきついという方はハニワ型の歪み方をしています。

結構そういう歪み方をしている人多いですね。この方もそういう歪み方をしていましたが、整体の施術で劇的に変化してびっくりされていました。びっくりすると皆さん笑うんですよね。

当院では全身のバランスを整える整体をしますので、ハニワ歪みだけでなく骨盤も含めて全身のバランスが改善しました。その結果首や肩がとても軽くなり、動きもとても良くなりました。

それで最後に質問を頂きました。「また痛くなったらどうしたらいいですか?」それはなぜ痛みが出ているのかということによって原因に対する対処法が違うし、簡単に一言でこれをやればいいですよ、と言えるものでもありません。

なので、そこから

  • 痛みは何故出るのか?
  • 痛みの意味
  • 食べ物と痛みの関係
  • 骨盤の歪み、身体の歪みとの関係
  • ストレスと痛みとの関係

等について説明させて頂きました。痛みが止まるスイッチがあってそれを押せば痛みが止まるならいいですが人間の身体はそのようには創られていません。必要だから痛みが出ているわけです。今まで生活の中でおかしなことをしてしまったツケとしてサインの役割で痛みが出ています。

もしくは、回復の途上で痛みが出ている場合もあります。そのような場合には休めば回復します。お医者さんも一般の人も痛みを悪者扱いにして、何とか痛みを止めなくてはと思っている人が多いです。

痛みは病院(や治療院)で治してもらうもの。痛いときは薬を飲む。それはそれで常識としては間違っていませんし必要な場合もあります。しかし、安易にいつでもそのようにしていると身体からの大切なサインを見逃してしまう可能性もあります。

薬漬けになって自己治癒力が低下して大変な思いをしている人をたくさん見ています。整体に来るクライアント様にはもっとご自分の身体を信頼して頂きたいと思っています。

この方は素直に話を聞いて下さって、生活習慣の改善もやってみます!と仰って下さいました。こういう方はどんどん改善しやすいです。早く良くなるように整体と生活習慣改善アドバイスでお手伝いをさせて頂きます。