宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。首の痛みの整体症例を紹介します。通院7年になる常連クライアントさん(多賀城市40代女性)です。

首痛のクライアント様

首痛のクライアント

最初に来院した頃は自律神経失調症、パニック障害、動悸などの症状がありましたが、整体セッションを繰り返した結果、現在は落ち着いています。日々の仕事の影響もあり肩こり首こりがあるので定期的にメンテナンスに通っています。

今日は首の痛みがありました。首から肩にかけて右側に痛みがあります。整体院によっては痛い所を何とかしようとするところが多いですが、当院は痛いところは基本的にはそっとしておきます。痛いところを治すのではなく、痛いところにかかっているストレスを取り除くことを考えるようにしています。

整体でも考え方によってやり方は無数にあります。整体院によって考え方もアプローチもまったく異なります。

骨盤の歪みと肩関節の可動性

最初に座位で検査。頸椎の左右回旋。どちらに向いても痛みが出ます。肩関節の外転検査。右肩が引っかかります。仰向けで膝倒し検査。右倒しで左臀部、腰部に抵抗があります。

まずは左臀部の緊張がほどけるように股関節なぁるほど操法をしました。ちなみにグーグル検索で股関節なぁるほど操法と検索するとちゃんと出てきます。なぁるほど、と小さい「ぁ」が入ります。名前と裏腹に効果抜群の操法なのでいつも使っています。

再度座位で肩の外転検査。右肩のひっかかりが完全に取れました。骨盤左側の緊張が解放されたことで右肩の動きが良くなりました。このように反対側に原因が潜んでいることはとても多いのです。

腕の捻じれを解消する新作操法

次に仰向けになって肩関節の検査をさらに念入りにしていきます。腕~肩甲骨~鎖骨の繋がりを見ていきます。腕がねじれることで首こりや肩こりに影響しているケースも多いです。腕の捻じれが取れると首や肩がすっきりします。

腕の捻じれに着目して施術をしている整体院はあまりないのではないかと思います。私も操体法の基本的な操法にアレンジを重ねて考案したテクニックで施術をしています。二日前にも新しい上肢のテクニックがひらめいたので、今月の多次元操体法講習会でシェアしたいと思います。

さて、早速今日も新作の操法を行いました。今まで伸びたことのないようなところが気持ちよく伸びると好評です。おとといから使っていますが、気づいたところがあったらさらに改良を加えてどんどん精度を上げていきます。

どうやって新しいテクニックを考えるのですか?と聞かれることがありますが、テクニックを考えているのではなくて自然とひらめくのです。考えていることはどうしたら目の前のクライアント様の身体が調和するかということです。一生懸命考えていると、こうしてみたらどうだろうと閃くのです。

そして閃いた操法を試してみて、良い結果が出ればまた同じような歪みがある別のクライアント様に試してみます。そうして気づいたことは改良していきます。当院で使っている操法の大半がそのようにして生まれた操法なのです。

首の痛みと腕の捻じれの関係

腕の捻じれを解消する新作操法をやって、再度ベッドに腰掛けてもらい首の左右回旋検査をすると首の痛みは取れていました。痛みがあったのは右側の首から肩にかけてですが、腕の捻じれは主に左腕を中心に調整をしました。右側からはちょっとだけ操法をやりました。

痛い所、患部にクライアントさんも整体師の先生も意識が行きがちですが、多くの場合本当の原因はそこにはありません。結構反対側に潜んでいることが多いです。でも必ずしも反対側というわけではありません。

整体の技術はセミナーで教えてもらえます。練習すれば上手になります。でも症状を抱えたクライアントさんに対してどこにどんな順番でアプローチしていくのか、という見立ては経験を積むしかありません。技術力、観察力、直観力、コミュニケーション力、人間力、すべてが必要ですね。日々精進致します。