宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。
とても嬉しかった整体症例です。

Aさんは過去に重度のうつ病も経験して自ら命を断とうとしたり
まったく仕事が出来ない時期もありました。
そんなAさんが当院の整体を受けて別人のように元気になり
バリバリ働けるようになったのです。

全身の痛みに悩んでいたAさんの同僚のBさん。
そんなAさんの姿を見て、一緒に通院するようになりました。
Bさんも最初来院した時にとても元気になられて
「まるで北斗の拳のトキみたいです!」と絶賛してくれました。

北斗の拳 トキ

北斗神拳史上最も華麗な技の使い手であり、空中戦でその真髄を存分に発揮する。ラオウやケンシロウはもちろん、ジャギですらその才覚、技量を認めていたほどで、伝承者に一番ふさわしい人物であった。しかし核戦争の際、多くの子供達やケンシロウとユリアをシェルターに入れるため、自ら犠牲となって死の灰をあびて被曝し、それによる病によって継承者争いから脱落する。

以降「死ぬまでにどれだけの人を救うことができるか、それが自分の生きた証」であると考え、医師として生きる決意をする。「奇跡の村」などで北斗神拳の原理を応用した医療行為を行って多くの民衆を救った。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%AD_(%E5%8C%97%E6%96%97%E3%81%AE%E6%8B%B3)より引用

ところで今回の整体症例はAさんの話でもBさんの話でもありません。
Bさんの中学生の娘さんの話です。

中学生の整体

ちょうどひと月ほど前にBさんから、

「中学生の娘が頭痛で学校を休んでいるので整体を受けさせたい」
と電話を頂きました。

予約が混み合っていたのですがとても切羽詰っているようだったので
Bさんと娘さんの予約を受付しました。

娘さんの主訴は頭痛でしたが、生理痛、腰痛もあります。
もちろん首こり、肩こりの症状もあります。

驚くことに4~5歳の幼少の頃から頭痛に悩まされてきたそうです。
とてもおとなしい子で自分からはほとんど話さなくて
私の問いかけに対して少しうなづいたりする程度でした。

主に母親のBさんとやりとりをしながら施術しました。
一応全身のバランスが改善し、姿勢も良くなりました。
何せおとなしい子なので反応も良くわかりません。

「どう?少し楽になったかな?」と尋ねると
かすかに「うん」とうなづいた程度でした。

一か月後に聞いた話

その約一か月後の本日、AさんとBさんが一緒に揃って来院しました。
Aさんはどこも痛みもなく絶好調ということでしたがメンテナンスの
整体をしました。

Bさんは今日はあちこちつらいということでしたが
整体をしたらとても楽になって喜んでくれました。

その施術中に前回の娘さんの話を教えてくれたんです。

先生、うちの娘なんですけど、この前来て凄く楽になったんです。

でもまた最近体調悪くて学校休みがちなんですけど
あの子、先生のところに行きたい行きたいって言うんです。

それで、この前の帰り道に娘が「あの先生はトキだよね!」て言ったんです。
私とまったく同じこと言ってるって(笑)

そんな話を聞いて私はほっとすると同時に感動したんです。
ちょっと泣きそうになりました。

なぜかっていうと、娘さんはちゃんとわかってくれてたんです。

私は娘さんはとてもおとなしくて、
あまり自分を表現するのが得意でないけど
実はいろんなことを感じながらも
彼女なりに我慢したりこらえたりしてて
それで辛いんだろうなっておもったんです。

彼女にそんな話もしたけど、反応は特になくて
ちゃんと聞いてくれてるのかわかってるのかも
よくわかんなくて、お母さんに連れて来られたから
しょうがなくついてきたのかもしれないし
本当に良くわかんなかったんです。

だけど、彼女の身体の細胞が安心するように
心を込めて繊細に丁寧に整体の施術をしたんです。

今日のお母さんの言葉で
それが実は娘さんにも伝わっていたということがわかって
思わず泣きそうになってしまいました。

思考を超えて身体と直接対話をする。
心を鎮めて魂に響く施術をする。

繊細な感性を持つ娘さんはそれをわかってくれたんですね。

Bさんも教えてくれて嬉しかったです。

Bさんもいろいろ苦労を乗り越えて頑張っている方なので
Bさんが元気になるときっと娘さんも一緒に元気になっていくと
思っています。

また母娘で一緒にご来院お待ちしています(^^)