宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。当院の整体を受けて価値観が変わったそうです。宮城県岩沼市から通院中の30代女性クライアントさんです。

整体と価値観

整体と価値観

当院に来院する前には仙台市内の整体院に通っていました。推拿という中国式のマッサージの施術を受けていました。その施術には満足していたそうです。その整体院のスタッフが当院のフェイスブックページにいいねを押してくださったのがきっかけで当院のことを知ってくださったそうです。

それで当院HPを読んで内容に共感してくれて来院されました。一回来ただけで体調も気分も良くなったそうで、それから月に一回メンテナンス通院をしています。

前に行っていた整体院の施術には満足していたのですが、今は行ってないそうです。なぜかと言うとそれまでは治してもらうために通院していたのが、当院と出会って自分で治せることがわかってからは、価値観が変わってしまって以前の整体院には行きたいという気持ちがなくなってしまったのだそうです。

治してもらいに行かなくても自分で治せる、ということがわかったことは物凄い大きな変化で、今もその変化に戸惑っている自分がいるとのことでした。依存せずに自分で治せるという考えで整体院に通うのと、治してもらうために通うのではまったく意味が違ってきます。

自分で治せるのなら通院が必要ないのかと言えば、自分で治せる技術を身につけて生活習慣を整えれば必要なくなるとも言えます。しかし、その技術を身につけながら生活習慣を出来るところから整えていくサポートも必要です。

整体院の役割としては自力で治せるようにサポートしていくことだと思っています。そして自分でできることは自分でやってもらって、自分ではできないところはプロの整体でカバーするというスタンスです。

それを完全に治してもらうことを依存してしまうと、自力はどんどん弱ってしまいますし、依存する心も大きくなってしまいます。整体院の経営を考えると依存する人をたくさん作り出せば儲かるかもしれませんが、それはお互いに健康な状態ではないと思います。

自力を信じられるという事は素晴らしいことです。体調面のみならず人生のいろいろなことが変わる可能性があります。でも自分では出来ないこともあるだろうし、いつでもきちんとセルフケア出来ないこともあります。ストレスがたまっていたり、世古ケアのやる気が出ないこともあるでしょう。

自分も含めて誰もがそんなにきちんとしてないし、いつでもきちんと出来るわけでもありません。

全部自分ひとりでやりなさい、とも違う。全部依存させるのも違う。自分で出来ることはなるべくやりながら、でも出来ないことはお手伝いしますよ、というのが当院のスタンスです。

厳しい話をすることもありますが、操体法は「60点で合格」ですのでけっこう緩いと思います(^^)