宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。妊婦さんの整体症例です。仙台市宮城野区在住の三十代の女性です。やすらぎの杜整体院では妊婦さんにも優しい整体を行っております。

妊婦さんの整体

妊婦さんなどうつ伏せになれない方はベッドに座った姿勢や仰向けの姿勢で施術を行います。お腹に負担はかかりません。

妊娠中は痛み止めの薬も飲めませんし、妊婦さんに対応できる整体院も限られます。当院の整体(多次元操体法)は、身体に一切負担をかけませんので妊婦さんも安心して受けて頂けます。

妊娠中は腰痛になったり骨盤周辺が痛くなったりすることはよくあります。一昨日もぎっくり腰の妊婦さんが新規で来院したところでした。その方は上のお子さんを抱っこして下に降ろした時に腰にギクっと衝撃が走ったそうです。

でも軽度のぎっくり腰だったので、その日のうちに来院して施術をしてすぐに楽になりました。

妊婦さんの恥骨痛への施術

今日の方は、お電話では腰痛か骨盤の痛みと伺っていましたが、実際に来院して詳しくお話を伺うと恥骨や股関節周辺の痛みが一か月前から続いているとのことです。現在妊娠7ヶ月でおなかもだいぶ大きくなっています。

まずは座位で股関節の動きをチェックするとそれほど問題はないようです。

次に仰向けに寝てもらい膝を立てて左右に倒してみます。膝倒しの動診です。すると左に倒した方がたくさん倒れますが左の股関節付近に痛みが出ます。右に倒すのは痛みはありませんがあまり倒せません。

操体法の基本的な考え方としては倒しやすい方(楽な方)に倒すのがセオリーですが、実際に検査をしてみるとこの方のように倒しやすいけど痛い、倒しにくいけど楽だ、というケースもあります。

こういう場合はその他のことも考慮して臨機応変に身体に合わせて対応します。

今回は倒しにくい右倒しからの逆モーション操法を行いました。それで右倒しが楽になり、さらに左倒しをしたときの股関節の痛みも軽減しました。

次に右倒しが楽になったので右倒しの膝倒し操法を行うと、さらに左倒しも楽になりました。このように段階を経て操法を行っていきます。

さらに左倒しからの逆モーション操法も行って、これで左右倒しともとても楽に痛みもなくできるようになりました。

このように痛いところに直接施術をするのではなく、骨盤や股関節が正常に動けるようにバランスを整えていくのです。施術効果にとても満足して頂いて、考え方にもご共感頂きまた明日もご予約を入れて下さいました。