宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。今月の17日に第67回多次元操体法講習会を開催しました。「所作のエネルギー」というテーマで開催しました。自分の身体の動きが相手にどんな影響を与えるのか、ということを実際に確認しながらいろいろ試してみました。

埼玉県から初めて参加されました、カイロプラクティック院を経営するT先生から後日面白い感想を頂いたので紹介させて頂きます。

1日でこんなすごい講習会をうけたことがありません。

上川名先生の肩の触れ方や肩上げ検査など
それだけで自分の肩が楽になるとは思いませんでした。

所作と肩の触れ方や上げ方を丁寧にするだけで
患者さんへの効果も違うことが、この数日体感しています。

施術を受けても何十年も痛い右肩が、上川名先生の触れ方と検査だけで
少し上げやすくなりました。

肩の変化を感じたことがなかったので、驚きです。

ぜひまた参加したいと思います。

という感想を頂きました。

実はT先生には肩の治療はしていないのです。ただ腕に触れただけです。その時の私の触れ方と、私の動作(所作)によりその場でT先生の肩関節の可動域が激変しました。

驚いたことに、その場だけの変化だけでなく帰宅して数日後も調子の良い状態が続いているそうです。

何十年もの間、様々な治療を受けたけれど変化がなかった肩の痛みが、触れ方とこちらの動作だけで改善して、そして効果が続いているという事実。私もびっくりしました。

操体法の操法すらやっていないのです。様々な整体法、手技がありますが、私は脳と神経がリラックスすることが大切と考えています。脳と神経をリラックスさせるためには整体手技よりももっと大事なことがあります。

もちろん手技も大切ではありますが、手技以前のこちらの意識や動作や触れ方がもっと大切になります。そのようなことの上に上乗せされる形で手技の効果が出てくるのです。

ところが、単に整体の手技やテクニックだけをやってもそれ以前のことが出来ていないとあまり良い効果が得られないのです。

それにしても、触れ方と所作だけでもこんなにも身体が変化して、その変化が継続するのかとわかったことは私にとっても大きな収穫でした。またさらに当院の整体(多次元操体法)が繊細に進化していきそうです。

T先生、多次元操体法講習会にご参加頂き、そしてメールの感想の掲載をご快諾頂きありがとうございました。