宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院の上川名です。身体がしんどい時に、ただ「しんどい」「つらい」と言っているだけの人がいますが、どうしたら楽になるか自分で工夫してみることが大事です。

野生動物は病気やけがをしたときも病院なんかありませんから、自分で治すんです。人間も動物ですから本来自分で治せるようになっているんです。

でも「病気やけがは病院に行って治してもらうもの」という思い込みがあります。心身の不調は病院や治療院に行って治してもらうものという思い込みがあります。特に年配の人ほどそういう思い込みが強い傾向があります。

もちろん自分で治すのはなかなか難しいものもありますが、基本的な考え方として自分で治せると思っているのと、自分では治せないと思っているのでは、治り方が全然違ってきます。

治るというと、症状が完全に消え去って再発しない状態をイメージするかもしれませんが、そもそも心身は常に変化しているわけで良くなったり悪くなったりするのも当たり前なのです。だから治そうと頑張るのではなくて、どうしたら「楽になる」のか研究してみればいいのです。

研究と言っても難しい実験もいりませんし、研究室もいりません。普段の生活の中で自分の身体をいろいろ動かしてみればいいのです。

ちなみに当院の整体施術の大半は、私が自分の身体を動かして気づいたことを基にして創り上げました。操体法という治療法をベースに、自分でいろいろやってみると「こうした方が効果が高まる」「こうした方がもっと負担が小さくなる」という発見があります。

そういう発見を基に自分の手技を変化させてきました。

クライアントさんから「これは家で自分では出来ませんよね?」と言われることがありますが、「いいえ、出来ますよ」と答えます。確かに自分一人では出来ないこともありますし、やってもらった方が効果が高いものもあります。

しかし、基本的には自分でも出来ることがほとんどです。私が自分自身で試してこれはいいな、と思ったものを施術でどう再現したら良いかと工夫してきました。

つまり、自分で自分を楽にすることも出来るし、他人を楽にすることも出来るのです。必ずしも教わらなくとも自分で工夫を積み重ねていけばちゃんと出来るようになっているのです。

肩こりでも腰痛でも人により治し方、楽になる方法はそれぞれです。事情は皆それぞれ違いますから、自分の事情に合わせてやっていく必要があるのです。しっかり自分に向き合うことで解決策も見えてくるのです。