ボキボキ・ポキポキしない整体

宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。先日いらした新規クライアントさんが「ボキボキしない整体」というキーワードで検索していて当院サイトと出会われたそうです。当院の手技はポキポキしない整体です。

ボキボキする整体とは、関節をポキッと鳴らすような矯正ですね。最近は見ないけど昔はよくテレビの罰ゲームで強面の整体師が出てきて芸能人の背骨をボキボキっと鳴らすシーンを良く見かけました。

未だに整体と言うとそんなイメージを持っている人も少なくないんですよね。整体=乱暴、恐い、痛い…というネガティブなイメージです。

ちなみにポキポキ鳴らす整体が全部乱暴なわけではありません。正確に関節をアジャストできるカイロプラクティックの先生もたくさんいます。でもそういうのが苦手な人もたくさんいることは事実です。

実は私も開業当初はボキボキ鳴らす整体を行っていました。ポキポキしてから全身を揉みほぐしていました。でも優しい手技を身につけ、だんだん必要性を感じなくなったので辞めました。

操体法は優しい整体か?

優しい整体を探していたこちらのクライアントさんですが、友人からある整体院を勧められたそうです。そこでも操体法をやっているそうです。でもその先生のところではかなり力を使ってぐいぐい押すような手技をするのだそうです。

私は操体法関係の先生はある程度知っています。同じ操体法でもどの先生に教わったのかによってまったく別物になります。その先生は私の師匠とはまた違う系統で習ったようです。

操体法でも検索して、優しい整体でも検索して、当院がどちらの条件にも会っていたようで来てくださいました。

ボキボキしてもしなくても、揉みほぐしをしてもしなくても、力が強くても弱くても、それはそれほど重要ではなく、その人の現在の身体の状態にどれだけマッチした刺激であるかということが大切なのですとお話しました。

操体法を謳っていても、身体が悲鳴を上げるようなことをすればそれは悪化します。ヨガでもストレッチでも雑誌で見かけたエクササイズでも、それがその時の自分にとって心地よく感じるのであれば、それが操体とも言えるわけです。

身体との対話を通じて、身体が喜ぶようにやっていくのが操体法なのですよとお伝えしたらとても納得されていました。

多次元操体法を体験(ボキボキしない優しい整体)

そして実際の施術がスタートします。優しい整体で探していたようですが、こんなにも優しい刺激なのに大きく体が変化したことにとても驚かれていました。だいたい新規のクライアントさんは驚きます。びっくりします。そして不思議がります。

でも弱い刺激、優しい刺激だからそのような変化が起こるというわけでもないのです。優しい刺激がしっかり必要なところに届いて必要なところが変化しているから、びっくりするような変化が起こるのです。

物理的に肉体への刺激を通じて、同時に脳や潜在意識へのアプローチも同時に行っています。さらに目には見えないエネルギー領域も変化しています。だから一瞬でいろいろな変化が起こるのです。