宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。

細胞が安心する整体

整体というと、どうしても荒っぽいイメージがあります。
ソフト整体とか、ボキボキしませんとか、そういう整体院も
増えてきたけれど私に言わせればかなり荒っぽい刺激です。

触れられた瞬間に、もう無理!って思います。
自分の身体のセンサーが危険を察知するからです。

でも、昔は荒っぽい刺激も大丈夫だった時もあります。
それは身体のセンサーが鈍かったからです。

操体法に取組み始めて、どんどんセンサーの精度が上がって
従来の操体法ですら荒っぽく感じるようになってきて
もっと安心できるやり方はないかと試行錯誤してきました。

精妙なエネルギーを感知する

整体の効果は、「いかにリラックスして施術を受けられるか」
ということもかなり影響します。

特に新規のクライアントさんは多かれ少なかれ緊張しています。
まだ信頼関係が出来ていない状態では誰もが緊張します。

緊張とまではいかなくても、心が閉じています。
その状態で施術をしてもあまり効果的ではありません。

心が閉じていれば身体も閉じています。
閉じている身体に対して整体の効果を出そうとするならば
物理的に強い力を使う必要があります。
世の中の一般的な整体の多くがそうだと思います。

まずは、心が開いて身体も開くことが大切です。

そのためには整体の手技の技術だけでなく
もっと精妙なエネルギーを感知できるセンサーも必要です。

「精妙なエネルギーを感知できるセンサー」などと言うと
なんだか特別な事のように思ってしまうかもしれませんが
ほとんどの人は無意識に使っているセンサーです。

そういうセンサーを意識的に使うのです。
意識的に使うことでさらにセンサーの精度が上がっていきます。

調和した空間での整体

やすらぎの杜整体院では、他にスタッフがいないので
基本的に私とクライアントさんが一対一になります。

予約が続いている時には、施術ベッド、光線ベッド、待合室と
それぞれ誰かがいるので、私を含めて四人が院内にいることになります。

その場合でも、全体の空間が調和するように心がけています。

空間が調和しているとは、穏やかな波動であることです。
荒々しい波動には決してならないようにしています。
そういうクライアントさんはいませんし、もし仮に来院しても
次回は通院させません。

整体院の院内は神聖な空間です。

敏感なクライアントさんは院内に入った時に
「空気が違う」と仰います。

そういう空間を意識的に創っているのです。
そんな空間で整体をするとよりよい効果が得られます。

どのようにして空間を創るかと言うと
これまたセンサーの働きなんですよね。

自分のセンサーを頼りに空間を創っていきます。

感覚に気づく

空間づくりも整体の手技も、自分のセンサーをフルに活用します。
感じる事がおろそかにされている現代社会。

何でもかんでもマニュアル、ノウハウに頼りたくなる時代。
そんな時代だからこそ感覚=センサーの役割が大切なのです。

施術を提供する側も受ける側も、お互いに感覚を大切にする。
感覚に気づくことで、人生で様々な恩恵が得られます。

まずは自分から。
自分の感覚に気づくこと。

自分の感覚に気づけるようになると
どうしたら治るかも自然とわかってきます。

自分の感覚に気づけるようになると
他人の感覚も自然とわかってきます。
なぜなら深い部分では繋がっているから。

やすらぎの杜整体院は治すための整体じゃないんです。
いろいろなことに気づいて頂くお手伝いをしています。

その結果として、治る人は治るし
治らない人はもっと他の何かに気づく必要があるということです。

ただそれだけのことです。
でもそれがわからなくなっている人が世の中の大半です。

でも確実に大切なことを思い出す人が増えていると感じています。
これからもちょっと変わった整体院であり続けます。