腰痛や坐骨神経痛については従来の医学情報は古くなっています。椎間板ヘルニアは健常者にも見られることがわかっています。腰痛や坐骨神経痛の原因は他にあります。

当サイトでは新しい常識に基づいて腰痛と坐骨神経痛について解説しています。

腰痛と整体

当院サイトでは、腰痛の原因、慢性腰痛の原因、ギックリ腰の対処法、坐骨神経痛の原因、TMS理論、妊婦さんの腰痛などに関して詳しく解説しています。

どうぞ興味があるページへのリンクをクリックしてください。

腰痛の整体(真の原因と解決策)

  • 仙台やすらぎの杜整体院では、腰痛に関する正しい情報をお伝えすると共に、血流を促進する整体や生活改善アドバイスを行なっています。

    腰痛と骨格構造の関係を理解し、適切な腰痛対策を行ないましょう。
    腰痛といっても様々なタイプの腰痛があります。
    ここではよくみられる腰痛の二つのタイプ(骨格構造)について解説します。

    骨格構造に合わない腰痛体操をすると、腰痛が悪化することがあります。
    二つの骨格タイプに合わせた適切な腰痛体操を紹介します。

    慢性腰痛の真の原因は実は腰ではありません。脚や臀部の筋肉にあります。
    慢性腰痛の原因は脚の筋肉と深い関係にあります。
    原因が解消されない限り腰痛は繰り返し起こります。

    一般的に腰痛は非常に治りにくいというイメージがあります。
    実際に一度腰痛に悩まされると、一時的には良くなっても、しばらくすると再発するケースがほとんどです。
    「腰痛持ち」という言葉もあるように、常に腰痛に悩まされている方が非常に多いです。

  • 腰痛の予防と対策法

    さまざまな腰痛体操が存在しますが、実践するときには注意が必要です。
    骨格のタイプと合わない体操をしたり、体が嫌がっている体操をしたりすると、腰痛が悪化する可能性があります。

    また、腰痛予防体操と腰痛を改善させるための体操は必ずしも同一ではありません。あなたの今現在の心身の状態にちょうど合っている体操を選択する必要があります。

    腰痛の適切な対処法をご紹介します。
    急性期と回復期では腰痛の対処法が異なります。
    正しい対処法をとることが大切です。

  • ぎっくり腰の対処と整体法

    ぎっくり腰は温めた方が早く良くなります。
    これまでまずは冷やすアドバイスをしてきましたが、
    臨床経験上、温めた方が早く良くなることがわかりました。
    その理由も解説しています。

    ぎっくり腰の整体施術について書いています。
    ぎっくり腰の施術時に注意すべきことがいくつかあります。
    適切な整体をすると早く良くなります。

  • 坐骨神経痛の症状と原因

    坐骨神経痛と言われても決してあきらめないでください!
    お尻から太もも・足がしびれる坐骨神経痛には様々な原因があります。
    その人の原因に合わせて調整する必要があります。

    仙台やすらぎの杜整体院には臀部から太もも、足がピリピリ痛くなったり、しびれたりする坐骨神経痛の患者さんが多数来院し回復されています。

    TMS理論はニューヨーク医科大学医学部教授のジョン・E・サーノ博士によって提唱されました。アメリカでは15万人もの腰痛患者が、サーノ博士のTMS理論を知ることによって、または治療プログラムを受けることによって腰痛から解放されたといわれています。

  • 妊娠中の腰痛(マタニティ整体)

    妊娠中の腰痛でお悩みの妊婦さんへ。
    妊娠前には、腰痛が気にならなかった女性でも、妊娠してから腰痛に悩むようになる人がいます。
    妊娠中は、骨盤内で赤ちゃんを育てますから、骨盤の位置が大きく変化します。
    また出産に対する心理的な不安や緊張などが重なることもあり、自律神経のバランスやホルモンのバランスが変化します。

  • ぎっくり背中の対処法

    ぎっくり腰ではなく、ぎっくり背中。背中を急にぐきっと痛めてしまった状態です。
    とても辛い状況ですよね。ぎっくり背中になってしまったときの対処法、セルフケア方法、整体方法について書いてみました。