ぎっくり腰で困っている方にお役に立てるように情報を書いてあります。ぎっくり腰を改善する整体について詳しく解説いたします。

 

  • 急に腰が痛くなった
  • 強い腰痛を感じている
  • 慢性的に腰痛があってさらに痛くなった
  • 仰向けで寝るのが辛い
  • 腰が痛くて寝返りが打てない
  • 腰が痛くてまっすぐ立てない
  • じっとしていれば大丈夫だけど体を動かすと腰が痛む
  • 仕事や日常生活に差し支える程の腰痛
  • 仕事が忙しい状況が続いていた
  • 体に負担をかけていたと思う
  • ストレスが結構溜まっていたと思う
  • 何となく腰周りに違和感を感じていた
  • ぎっくり腰を何度か経験している
  • 自分は腰が悪いと思っている

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰は西洋ではその急激な痛みから「魔女の一撃」と呼ばれています。そのつらさは経験した人でないとわからないという、とにかく痛くてつらいものです。腰痛のなかでも痛みが鋭い腰痛です。

重いものを持ち上げるときに、腰を痛めてぎっくり腰になるというイメージが強いですが、実際にはくしゃみをしたり、後ろを振り返ったり、かがんで物を拾おうとした時など、日常の何げない動作でぎっくり腰になる場合がほとんどです。

すぐに痛くて動けなくなる場合と、ひねったときは何ともないのですが、数時間後からズキズキと痛くなり動けなくなる場合とがあります。

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰になると、腰の右か左のどちらかに痛みが続き、上半身をそちらに曲げて腰痛をさける姿勢をとります。 痛みの程度は人それぞれです。軽いぎっくり腰だと、歩いたりは出来ますが、腰の関節に負担がかかる体勢になると鋭い痛みが生じます。重症の場合は、痛くて寝返りを打つこともできなくなります。

どちらの場合も、痛みから逃れられる体勢をとっているときは大丈夫なのですが、体勢を変えるときに鋭い痛みが生じます。

ぎっくり腰の患部は必ず熱をもち炎症をおこしています。熱をもつのは毛細血管が切れて内出血をおこし、動脈血が患部に流れてくるからです。腰をいためてから、少し時間がたってくるとズキズキとした脈打つ痛みがやってきます。

ぎっくり腰 仙台

一般的な対処法(アイシング)

ぎっくり腰の一般的な対処法としてアイシングが挙げられます。冷やすことで血管を収縮させ、動脈血の患部への流入を最低限におさえます。これで炎症の痛みを最小におさえることができます。

しかし、炎症反応は体の修復のために起きているので実はアイシングをすると回復が遅れます。当院ではぎっくり腰でも痛みの程度がそれほど強くない場合にはアイシングは行わず、温熱療法を行っています。

耐えがたい痛みが続いている場合のみアイシングをしています。

アイシングの方法

製氷機の氷を一度水にくぐらせます。表面がぬれてつるつるの状態だと凍傷を防げます。水にくぐらせた氷をビニール袋に入れて、患部に直接置きます。急激に患部が冷えるので、焼けるように熱い感じがします。ビリビリ焼けるようなかんじがしますが、我慢していると、だんだん患部の感覚がマヒしてきます。

ぎっくり腰の患部を冷やす時間は20分以内にとどめます。20分以上冷やすと患部の炎症が強くなる場合があります。時計を見ながら、15~20分冷やします。その後1時間くらい休憩して、ズキズキする痛みがあればまた冷やすというのをくりかえします。

人によっては、ほんの10分ていど冷やすだけ腰痛がとれてしまう人もいますし、2、3日冷やさないといけない人もいます。ぎっくり腰の程度により個人差がかなりあります。

安静は回復を遅らせる

もう一つの一般的な対処法として、安静にしていることが挙げられます。ほとんどの整形外科でも安静を指示されます。ところが近年になって安静を続けると腰痛の回復が遅れることがわかってきました。

急性腰痛の患者を、「普段通りの日常生活を続けたグループ」「積極的にストレッチをしたグループ」「安静にしたグループ」に分けて経過を観察したところ、もっとも回復が早かったのは日常生活のグループだったのです。次に回復が早かったのがストレッチのグループで、もっとも回復が遅かったのが安静にしたグループでした。

動きたくても動けない場合には安静にしますが、少しでも動けるようになったら動ける範囲で動いた方が早く回復するのです。

ぎっくり腰で来院する人の特徴

ぎっくり腰で来院するクライアント様の9割以上が何気ない日常動作でぎっくり腰を起こしています。

重いものを持ったり、急な動作で痛める人は1割以下です。ほとんどの人が特に何をしたわけでないのにぎっくり腰になって来院します。それだけ身体が限界に来ていたということです。

だいたい仕事が忙しかったり、寝不足が続いていたり疲れがたまっている時にぎっくり腰になりやすいです。

ぎっくり腰になる前から何かしら腰が重かったりだるかったり動きが悪かったり前兆があるものです。前兆に気づかなかったり、気づいても無視しているとぎっくり腰になって教えてくれるのです。

何を教えてくれるのかと言うと、「疲れがたまっていますよ もっと身体を休ませてくださいね」そんなことを教えてくれています。だからぎっくり腰もありがたいサインなのです。

ぎっくり腰の整体法

当院のぎっくり腰に対する整体法を解説します。

施術前のカウンセリング

施術前にぎっくり腰の痛みの状況や、発症に至る背景についてもお話を伺います。重いものを持ったり、腰に急激な力が加わって発症する人は少数で割合的には1割以下です。大半の人は日常の中の何気ない動作で痛めています。それと仕事などが忙しくて気持ちと体の余裕がなくなっているときに発症する人が多いです。

仕事を休みたくても休めない、無理や我慢を重ねているようなときにぎっくり腰を発症する人が多いのです。それだけ心身に負担がかかっていたわけでもありますから、そのような生活が続けばとまた再発する可能性もあります。ぎっくり腰を繰り返し発症している人ほど日々の生活を見直す必要があるでしょう。

検査

腰痛なのか、臀部痛なのか、下肢痛を伴っているのか、関節性の腰痛なのか、筋筋膜性の痛みなのか、痛みの部位や原因などを特定します。

視診

立位や歩行時の姿勢バランスからもいろいろな情報が読み取れます。痛みが和らぐように逃避姿勢を取っている人も多いです。それは体が無意識に患部を守ろうとしての姿勢ですから無理にまっすぐにしない方がいいのです。

触診

お体に触れて筋肉のコリやハリをチェックします。炎症を持っている部位は熱感を持っています。血流が悪くなっている部位は冷感があります。

動診

実際に関節や筋肉を動かして可動域をチェックします。痛みが強い場合にはちょっと体勢を動かすだけでも辛いですから、出来るだけ楽な姿勢のままで動かせる範囲を確認していきます。

整体の施術

当院の整体はとてもソフトで優しい刺激ですが、ぎっくり腰の施術はより繊細に行っていきます。関節をミリ単位で動かしながら丁寧に調整していきます。

重度のぎっくり腰ですと寝返りを打つのも大変ですし、施術ベッドに横になることもできません。なんとか横になったとしても自力でなかなか起きられません。そのような方もいらっしゃいますから施術は出来るだけその方に合わせてもっとも楽な姿勢で行います。

ぎっくり腰になって整体院にご家族に車で連れて来られたまではいいのですが、自分で歩くことが出来なくて駐車場から四つん這いではって入り口に入って来られた方がいらっしゃいました。その時には入り口で四つん這いのまま施術しました。それで何とか歩けるようになりました。

全身のバランスを整える

ぎっくり腰の患部を施術するよりは、患部のストレスを軽減するために全身のバランスを整えていきます。意外なところに腰痛回復のポイントがあります。腕の施術で腰が楽になる人や、腹部の施術で楽になる人や、足首で良くなる人など人それぞれです。

短時間施術

慢性腰痛と比べて急性期の腰痛は痛みが強いことが多いので、長時間の施術は負担になってしまいます。本当に必要な施術を最小限行います。ついつい痛みを追いかけてもっとなんとかしてあげようとしてしまう整体師の先生も多いですが、必要最小限の施術の方が良い結果に繋がるのです。

ぎっくり腰施術のポイント 

私はぎっくり腰の初期の施術においては、いくつかのポイントを意識しています。直接痛いところを施術するのではなく、ポイントを意識した整体を行っています。

仰向けで楽に寝れる

ぎっくり腰の人はだいたい腰を丸めていたり、横にくの字に身体が曲がってしまっています。痛くて腰をまっすぐ伸ばすことが出来ないのです。だから仰向けで寝るのが辛い人が多いです。

この状態で過ごすと回復にとても時間がかかります。まっすぐ楽に寝れるようになると一晩ごとの回復のスピードがまるで違ってきます。無理に痛いのを伸ばすのではなく、脚や骨盤のバランスを調整することで仰向けで楽に寝れるようになります。

骨盤の可動域を取り戻す

仰向けで膝を立てて、その膝を左右に倒します。ぎっくり腰になると多くの場合に膝を倒す途中で腰に痛みが走ります。腰の筋肉が固まっていることで骨盤や腰の可動域がかなり少なくなっています。

整体により骨盤の緊張が緩むことで、膝倒しの可動域が広がります。同時に全身のこわばりも改善します。ぎっくり腰になると痛い腰をかばうために全身の筋肉も固くなりがちなのです。

遠赤外線療法

急性期の腰痛はアイシングをすることが一般的ですが、実は温めた方が早く改善します。痛みが強い時にはアイシングしますがある程度自力で動ける方には遠赤外線による温熱療法を行います。

早期回復のためのアドバイス

ぎっくり腰は放置してもいずれ回復するものですが、間違った思い込みや信念により回復までの期間が長引いたり慢性化したりします。腰痛に対する正しい認識を持つことで不要な不安を手放し、回復までの期間を短縮することが出来ます。

整体の施術と合わせて早期回復のために、心理面、身体面、栄養面から総合的なアドバイスを行っています。

食生活の見直し

あまり知られていませんが食生活と痛みも関係してます。痛みを感じやすい人や痛みが治りにくい人は、食生活に大きな原因が潜んでいることもあります。触診や問診である程度わかりますので、必要に応じて食生活の改善アドバイスもしています。

ぎっくり腰の整体症例

実際のぎっくり腰への整体の症例を紹介します。

繰り返すぎっくり腰

30代の男性が当日予約で来院しました。数日前にぎっくり腰になり、一度治りかけたと思ったけれどまた痛くなって「急性腰痛」などのキーワードで検索して当院HPを見て来院しました。

重いものを運ぶ仕事をしているので、年に一回は寒い時期にぎっくり腰になるとのことでした。いつもロキソニンテープを貼ってコルセットを巻いてしのいで何とか自力で治していたのですが、今回は痛みもひどくて治らないとのこと。

実は二か月前にもぎっくり腰になり、完治しないうちにまた今回のぎっくり腰になったので、根本的に治していかないとと思うようになったようです。

ぎっくり腰はくせになる?

ぎっくり腰はくせになる、などと言われています。しょっちゅうぎっくり腰になる人は確かに存在します。ではなぜしょっちゅうなってしまうのでしょうか?

原因は腰周辺の筋肉や筋膜が固まっているからです。そしてぎっくり腰を繰り返す人は普段から骨盤周りの可動域に制限があります。動きも固いのです。痛みはなくとも何となく腰回りが重くてだるい、という症状を普段から感じていたりします。

正常な可動域があれば日常動作をしてもなんともないのですが、可動域制限があるとちょっとした日常の中の何ということもない動作で腰の筋肉を痛めてしまうのです。それがぎっくり腰です。

腰痛が長引く理由

骨盤や腰周りの可動域が悪いということは、その周辺の筋肉がこり固まっています。筋膜の状態も捻じれて歪んでいるのです。そのような状態だと血流も悪くなかなか腰痛が回復していきません。

仰向けで寝ても足を伸ばして寝るのが辛いという人が多いです。寝ても身体がリラックスできないので寝ている間も緊張が続くのです。だから腰痛がなかなか治らないのです。

前置きが長くなりました。この方はうつ伏せにも仰向けにもなれなくて、右肩を上げると肩に痛みもありました。30代ですけど、時々右肩が痛くて挙がらなくなるようです。

ぎっくり腰の痛めた部位はけがのようなものだから、そこを施術するのではなくて患部にかかる負担を取り除くような整体を行います。

仰向けで膝を立てると楽だったので、その姿勢のまま仙腸関節の調整をしたら膝倒しの動きが少しずつ楽になってきました。さらに膝倒しの逆モーション操法を行い、さらに楽になりました。

仰向けに寝るのも楽々寝れるようになりました。ぎっくり腰の人は、仰向けで楽に寝れるようになることがまず一つのポイントと考えています。

腰痛の方だとここで一度身体を起こしてもらって再度検査をしますが、ぎっくり腰の人はいちいち検査のたびに体勢を変えることも辛いので、検査はまとめて最後にやることにしてそのまま上半身の施術を行いました。

右肩可動域制限も調整して、最後に起きてもらうと肩の痛みも取れていました。起き上がる動作時にまだ少し痛みは残っていますが、起きてもらうと楽にまっすぐに立てるようになりました。

こうなると日常動作も格段に楽になりますし、一晩寝るごとにどんどん回復していきます。

最小限の刺激

仙台市宮城野区在住の40代男性。当日予約でお電話いただきました。カルテを見ると約八年ぶりの来院です。八年前に腰痛で二度来院されています。今回は今朝ぎっくり腰になり当日予約での来院でした。

八年前とはだいぶ施術内容も変わっていますし料金も違うし時間もかなり短くなりました。施術内容だけでなく、クライアントさんにお伝えする内容もだいぶ変わっています。

当時は治しません、なんてことは言えませんでしたし腰痛の患部に対して直接施術したりもしていました。

今回は、患部には一切触らず。時間もほんの10数分。

でも可動域もだいぶ広がり動きやすくなりました。痛みそのものを治すのではなく、ぎっくり腰を起こしてしまうような身体のバランスや可動域制限を本来の状態に戻していく必要性をお伝えさせて頂きました。 

八年前にはそういうこともあまり伝えていなかったのかもしれません。その時痛いところだけ治ればよい、という方には特にそれ以上のことはあまり言いませんでした。

でも今回は方針もご理解して下さり、腰痛も楽になりました。

前腕の施術で腰痛が楽になった

ぎっくり腰の整体には観察力を高めることも大切です。クライアントさんの歩き方、姿勢、などから話を聞かなくてもわかることがたくさんあります。

私はそのクライアントさんが院内に入ってくる動作や姿勢を見れば、だいたいの施術内容が浮かびます。身体が嫌がる行為もわかりますし、どうしたら治るのかという道筋も見えてきます。

教わったテクニックを丸暗記してやってもぎっくり腰はたいして良くなりません。その方の身体が必要としている施術をしなくてはなりません。その為には観察力を高めることが大切です。

痛い部位は腰だけれども、刺激を必要としている部位は足首だったり、手首だったり、ということもあります。

両脇を娘さんと奥様に抱えられて入ってきた60代のぎっくり腰の男性。歩くのもやっとです。ベッドに寝ることも出来ません。やっとの思いでベッドに腰掛けたのは良いけれどそこからまったく動くことが出来ません。

座ったままこの男性の前腕に施術をしました。触れているのは前腕でしたが、前腕~上腕骨~鎖骨~肩甲骨~脊柱と刺激を伝えました。すると腰も楽になり、その場で自力ですっと立てるようになっていました。

この方は左官屋さんの仕事をしていて、腕も相当に酷使していましたので、腕からアプローチしたのです。二回目に来院した時には、「おかげであれからどんどん良くなって今は普通に動けます」ということでした。

適切な整体をするとその場で変化も出るし、その後の回復もかなり早まります。