腰痛の古い神話と新しい理論を紹介します。本当の原因を知ることで解決策が見えてきます。当院では古い医学常識に捉われず、新しい理論に基づいた独自の整体であなたの腰痛の根本改善のお手伝いをしています。

 

 

  • この腰痛はずっと付き合っていかなくてはならないと思っている
  • ぎっくり腰に何度もなったことがある
  • 常に腰周りに違和感を抱えている
  • 骨盤周辺が固まっている感じがする
  • 過去に椎間板ヘルニアの診断を受けた
  • 何か作業をするとすぐに腰が痛くなる
  • 腰に爆弾を抱えている気持ちで過ごしている

増え続ける腰痛患者の数

腰痛患者は増え続けています。 厚生労働省の国民生活基礎調査によると、日本人の中で自覚している症状の第1位が腰痛、第2位が肩こり、第3位が関節痛だそうです。この調査によると、日本国内の腰痛患者は約1000万人

肩こりと関節痛も含めると2500万人もの人が筋骨格系の痛みに苦しんでいるのです。

これだけ医学が進歩しても、医学としての腰痛治療法はいまだ確立されていないのです。病院で治るのなら、整体院など民間療法は必要ありません。

当院にも、病院でなかなか治らない難治性のクライアント様が数多く来院されます。 中には不適切な治療をくり返していることで、回復が遅れていると考えられるケースもあります。

従来の腰痛治療

腰痛の治療法は実に様々です。

牽引、温熱療法、物理療法、腰椎の矯正、骨盤矯正、マッサージ、鍼、灸、、、アプローチの方法は治療法の数だけ無数にあります。治療法がすぐれていて、どの療法が劣っているということはありません。

どの治療法もそれなりの効果を出すことは可能です。今まで、様々な医療機関や治療院などを渡り歩いてきた方はわかると思いますが、施術を受けた直後はなんらかの症状の改善はあったと思います。

問題は、その効果が長続きしないことにあります。 治療を受けた当日は調子がよくとも、早ければ翌日にはまた元のつらい状態に戻ってしまいます。一週間もよい状態が続けばよい方でしょう。

また、つらくなって治療院を訪れる。治療を受けて楽になる。またしばらくすると、痛くなる。その繰り返しをしている方が多いのではないでしょうか。

当院では、クライアント様に対して、腰痛に関する正しい情報をお知らせするとともに、真の原因にアプローチしています。

古い常識

腰痛に関して常識と思われている情報の多くが、実は根拠の無いものであったりします。

「腰痛は二足歩行をする人類の宿命である」「老化が原因」「職業病だ」「骨の変形のせい」「安静第一」「治るためにはコルセットが必要」「湿布が必要」などなど・・・。

これらの説について、あなたも耳にしたことがあることと思います。しかし、これらの説は実はしっかりとした根拠があるわけではないのです。 これから腰痛常識がいかにあやふやな情報であるか、ということについて述べたいと思います。

人類の宿命なのか?

腰痛は二足歩行をする人間の宿命である、とする説があります。私も整体の学校でそのように教わりました。 しかし、二足歩行をする人間は全員腰が痛いのでしょうか? 腰の痛みとは一切無縁の人もいます。

腰痛が二足歩行をする人間の宿命であるならば、近年患者が急増していることもおかしな話です。 人口増加率の10倍以上のスピードで腰痛患者数が増えているという調査結果もあります。

二足歩行といえば、ペンギンはどうでしょう?ペンギンは腰痛を抱えているのでしょうか? ペンギンさんに聞いてみないと本当のことはわかりませんが、私には野生のペンギンが腰が痛くて苦しんでいるとは思えません。

人類の進化には500万年の歴史があります。500万年かけて進化してきたのです。二足歩行が自然に逆らったものであれば、腰痛どころかとっくに人類の歴史は終わっていたと思うのです。

以上のことから人類の宿命というのはすこしおかしな話だと思いませんか?当院では人類の宿命とはまったく考えていません。

老化の関係

とくに病院へいくと、腰痛を老化のせいにされることが多いです。「年だからしょうがない」と言われる人も多いことでしょう。 しかし、高齢でもまったく痛みを感じない人もいますし、若くても痛い人もいます。

それどころか、腰痛患者の年齢分布を調べた調査資料を見ると20代から40代がピークなのです。 働き盛りの年代が最も患者数が多いのです。 初めて腰が痛くなった年齢も20代が最も多いのです。

そして高齢になるほどに腰痛患者は減っているのです。これは「老化のせい」という常識が、現実とはまったく反対であるということです。整体院に来院するクライアントも、20~40代の人が多いです。

職業との関係

腰痛は職業病である、という常識もあります。あなたはどんな職業の人が腰が痛くなる人が多いと思いますか? 力仕事や肉体労働を職業とする人に多いと考えていますか?

腰痛患者と職業の関係を調査した資料によりますと、肉体労働者と専業主婦の腰痛患者の割合はほぼ同じくらいです。職業別でみると、もっとも腰痛が多いのはなんと無職の人たちだったのです。 職業と腰痛に医学的な因果関係はないのです。

当院では「その人がどんな姿勢や動作でその仕事に取り組んでいるか?」「どんな精神状態でその仕事に取り組んでいるか?」ということが関係しているのではないかと考えています。

腰椎の変形について

病院へ行ってレントゲン撮影やMRIなどの画像検査を受けると、多くの人に腰椎の変形が見つかります。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄、椎間板の狭小などです。 そしてそれらの腰の骨の変形が腰痛の原因であると言われています。

日本国内では、医学的にもそれが正しいとされていて、お医者さんも腰痛患者さんもそれが真実であると信じています。しかし、医学といえども仮説の上に成り立っています。 ここ数十年の現代医学の進歩により、先進諸外国では「腰痛と腰椎の変形には因果関係はない」とする論文も多数発表されています。

ジョージワシントン大学の研究によると、過去にまったく腰痛を経験したことのない人にMRI検査をしたところ、60歳以下の痛みのない人の1/5に椎間板ヘルニアが認められ、半数の人に椎間板の膨隆が見られました。また、60歳以上では1/3に椎間板ヘルニアが見つかり、80%近くの人に椎間板の膨隆が認められたということです。

しかもこれは過去にまったく腰痛を経験したことのない人たちの検査結果というのですから驚きです。

椎間板ヘルニアがあってもまったく腰に痛みを感じない人もたくさんいるのです。椎間板ヘルニアだから腰痛であるというこれまでの常識の説明が覆されようとしているのです。

当院では椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の診断を受けている方に対して、これまでの常識をいったん頭から忘れてもらうようにしています。

これまで信じてきた古い理論や常識によって、回復が遅れてしまうことも多々あるのです。これから当院が考える真の原因と、対策について述べたいと思います。

腰痛の真の原因

当院では、腰痛に関して様々な情報を集めてきました。カイロプラクティックや整体などの手技療法のみならず、心理療法や免疫療法など様々な角度から研究してきました。

その結果、現段階の考えとして「多くの腰痛の原因は患部の血流障害である」との結論にいたっています。だから整体でも、カイロでも、針でも灸でも、温泉でも漢方でも心理療法でもストレッチでもマッサージでも運動療法でも温熱療法でも改善するのです。

それらに共通することは患部の血流が変化するということです。血流が改善することにより、神経や筋肉の組織に酸素と必要な栄養素が届き、老廃物が排出されます。その結果腰痛も改善します。

しかし、なぜ血流障害を起こしているのか?という問題を考えるとその患者さんにより、その原因は様々です。不良姿勢、運動不足、一定姿勢での作業、食生活の問題、栄養不足、偏食、浅い呼吸、ストレス、感情の不調和、などなど・・・。日常生活の様々な要因が血流障害を作り出す原因となるのです。

患部を中心として筋肉の血流を改善すれば、腰痛は改善します。しかし、血流障害を作り出す生活習慣が変わらない限りまた再発します。根本解決を目指すなら、生活習慣の改善が必要なのです。

当院では、腰痛の根本解決を目指して整体とセルフケア指導をあわせて行なっています。

安静にしないと治らない?

腰痛は安静にしていないと治らないのでしょうか?実は不要な安静はむしろ回復を遅らせます。当院には、ヨーロッパの急性腰痛診療ガイドラインの要約がありますが、それによると「治療としての安静臥床を指示してはならない」と書かれています。

どうしても痛みがひどくて動けない場合を除いて、いつまでも安静にして寝ていると回復が遅れることが医学的にも明らかになっています。

急性腰痛患者を「安静臥床のグループ」「ストレッチを積極的にしたグループ」「日常生活を続けたグループ」に分けて比較調査すると、安静に寝ていたグループが、最も回復が遅く欠勤日数も多かったのです。

腰が痛くても、少しでも動けるようになったら、なるべく日常生活を続けるようにすると腰痛の回復も早いのです。(無理は禁物です)

当院ではなるべく安静期間は短くして日常生活を続けるようにアドバイスを行なっています。

腰痛とコルセット

腰が痛くて動けないときにコルセットや骨盤ベルトなどで、保護することがあります。 しかし骨折や重度の腰痛を除いて、自力で動ける場合にはなるべく早期にコルセットをはずした方がよいのです。

コルセットをすることで、腰部を締め付けますから患部の血流が制限されます。また、自分の筋肉を使わなくなるので長期的に使用すると筋力が低下します。

当院ではコルセットはなるべく使わないようにアドバイスしています。 コルセットがないと仕事ができない、腰痛がつらい、などのケース以外はコルセットをなるべく早期にはずすように提案しています。

鎮痛剤服用のリスク

腰痛で病院にいくと多くの場合、鎮痛剤と湿布が処方されます。しかし血流障害が原因ですから、鎮痛剤を長期使用すると血流障害がひどくなります。鎮痛剤は血流を抑えて痛みを和らげるのです。

せっかく整体を受けたりお風呂で温まって血流が良くなっても、毎日鎮痛剤を飲んでいる人はまた血流が悪くなりますから、非常に腰痛の回復が遅いのです。

湿布も鎮痛剤と同様に、血流を抑えますが、湿布の場合は患部周辺に効果がとどまります。しかし、鎮痛剤の場合は内服するので全身に効果が及びます。鎮痛剤の長期服用は全身の血流障害を起こしやすくなります。その結果、血圧が上がって降圧剤も処方されるようになります。

「安静」「コルセット」「鎮痛剤」の三点セットをしっかり行うと腰痛の回復が遅くなります。

当院では正しい情報をお伝えすると共に、血流を促進する整体や生活改善アドバイスを行なっています。

参考資料:
 「腰痛は怒りである」長谷川淳史 春秋社
 「こうすると病気は治る」安保徹 
 「腰痛を知る」グリーンライトネットワーク
「JHA NEWS」日本治療協会

骨格のバランス

腰痛の原因は筋肉などの組織の血流障害による酸素欠乏です。ですから必ずしも骨格が歪んでいるからといって腰痛になるわけではありません。しかし、多くの場合、骨格に歪みが見られることも事実です。

これはどういうことかと言うと筋膜や筋肉が緊張して硬くなると、骨や関節を引っ張ります。その結果、二次的に骨格に歪みが生じます。

筋膜が歪むことで筋肉が固まり関節の動きも悪くなります。骨格の歪みは筋膜の歪みにより生じています。そして血流障害の大きな要因となります。

骨格の解剖学的歪みと機能的歪み

骨格の歪みにはおおまかに2種類のケースがあります。

1.解剖学的な歪み
2.機能的な歪み

解剖学的な歪みとは、骨や関節自体が変形している歪みです。先天的なものや老化による変形など。このような歪みは整体やカイロプラクティックでは矯正不可能です。

従来の医学では骨や関節の変形が腰痛を引き起こすと考えられてきましたが、当院では解剖学的歪みと痛みは直接の関係はないと考えています。

後者の機能的な歪みとは、骨や関節は正常だけれども筋肉の緊張により二次的に骨格に歪みを生じている場合です。機能的な歪みは整体やカイロプラクティックで矯正可能です。

そしてこのような筋・筋膜の異常は画像検査ではわかりにくいのですが、当院ではこの機能的な歪みにアプローチすることで腰痛を改善させています。

多くの場合は、両者の歪みが複合的に存在しています。 腰痛を解消するためには見た目の歪みだけでなく、関節の可動域(動きの範囲)を正常にすることが大切です。 見た目には歪みが少なくても、腰痛がある場合には筋肉の緊張による関節可動域の減少が見られます。

骨盤矯正もその関節可動域を正常にするという観点で行なう必要があります。 単に骨盤の歪みだけに着目して矯正を行なうと腰痛が悪化することもあるので、注意が必要です。

骨盤の歪み

二つのタイプの歪み(骨格構造)について解説します。

腰のそりが強いタイプを腰椎過剰前湾(ようついかじょうぜんわん)といいます。女性に多く見られます。

一方男性に多い腰の骨がまっすぐになってしまっているタイプを腰椎前湾減少(ようついぜんわんげんしょう)といいます。座りっぱなしの仕事や運転の仕事をしている人によくみられます。

それぞれの骨格タイプについて解説します。

腰椎過剰前湾タイプ

腰の骨のことを腰椎(ようつい)といいます。第1腰椎から第5腰椎の5つの骨でつくられています。腰椎は通常軽く前にそるようにカーブしています。これを腰椎の前湾(ぜんわん)といいます。

腰椎の前湾カーブが強いと、あおむけで寝たときに腰と床の間にすき間があきます。あおむけで寝ると腰痛を感じる人はたいていこのタイプです。こういうタイプを腰椎の過剰前湾といいます。若い女性や、太った人で腰痛持ちの人に多くみられます。

あお向けで寝ると腰痛や腰の違和感があるので、横むきやうつぶせで眠るくせがついています。立ち仕事など立ち続ける姿勢で腰痛を感じる人もこのタイプが多いです。また、女性で生理痛や生理不順、生理時の腰痛がひどい人はこのタイプが多いです。

体を後ろにそらせると腰痛が生じます。腰部の関節の間隔がせまく、体重が関節にもろにかかります。ですから、筋肉の痛みというより、関節の痛みとして感じます。

腰の筋肉は柔らかいのにもかかわらず、腰痛を訴えます。後ろにそったときに「アイタタタ、、、」といわゆる「こしぼね」に痛みを感じます。関節性の痛みを感じやすいです。

腰椎過剰前湾タイプの特徴

腹筋運動が苦手。腹筋が弱い。

腰のそり(カーブ)が強い。

あおむけで寝ると腰が痛い。あおむけだと腰周辺が落ち着かない。

股関節痛になりやすい。

O脚である。

太ももの前の筋肉(大腿直筋)が緊張している。

すねの筋肉(前脛骨筋)が疲れやすい。

体を後ろにそる(後屈)がつらい。

※注:必ずしも上記のような症状がみられるわけではありません。

腰椎前湾減少タイプ

この骨格タイプは過剰前湾タイプと反対です。うつぶせになって腰をさわってみると、腰のカーブが少なく、腰の骨がまっすぐになっています。

腰のアーチがないので、うまく体重が支えられません。イスに座っていても、すぐに腰が丸まってしまいます。
腰が丸まってしまうので、長時間の車の運転、座りっぱなしなどで、腰痛を生じます。姿勢も悪く、猫背になりやすいです。背中のはりや、肩こりなどの症状も同時に訴えます。

中腰の姿勢が苦手です。中腰で作業をするとすぐに腰が辛くなります。(掃除機がけ、風呂そうじなど)
腰の筋肉がぱんぱんに張っています。慢性的に腰が重苦しい症状があります。 ぎっくり腰を起こしやすいタイプですのでとくに重いものを持ち上げるときには注意が必要です。

腰椎前湾減少タイプの特徴

腰やお尻の筋肉が硬い

太ももの裏やふくらはぎがパンパンに張っている。

イスに座るとき、腰を丸めて座る。

ぎっくり腰の経験者が多い。

太ももや足にしびれがみられることがある。

坐骨神経痛になりやすい。

中腰の作業がつらい。

体を前に倒す動作(前屈)がつらい。

※注:必ず上記のような症状がみられるわけではありません。


上に挙げた腰痛になりやすい二つのタイプですが、先天的な要因と、成長過程での要因と、現在の生活習慣による要因が複合的に合わさっています。また実際にはこの二つのタイプ以外に他にも様々なパターンの歪みもあります。

腰痛に悩む方は、腰部の関節や筋肉の負担になるような体の使い方をしている可能性がありますので、姿勢や動作を改善させることも大切です。

また、構造的な問題だけでなく、心理的問題(ストレス、感情、信念)も深く関係します。体の歪みを整え、生活のバランスも整えるのです。

当院では、操体法の哲学に基づき、呼吸・食事・身体動作・考え方・環境面も含めた総合的なアプローチで腰痛解消に取り組んでいます。

下肢や臀部の筋膜の歪み

腰痛の主な原因は組織の血流障害による酸欠である。そのまた原因は生活習慣のストレスや身体の使い方にもある。ということを述べてきました。

骨格の歪みを、筋膜にアプローチすることで歪みが解消し血流が改善し、腰痛も回復していきます。筋膜に着目して紐解いていくと、腰痛は腰そのものよりも臀部や下肢の筋・筋膜の緊張により引き起こされることがわかります。

筋膜の歪みと骨格の歪み

当院では、筋膜が緊張することによって骨格の歪みが生じるとの考えをとっています。

骨は、それ自体では骨格模型と同じで、支えるものがないとバラバラになってしまいます。 人間の骨格は、靭帯や筋肉、筋膜などの軟部組織で支えられています。中でも筋膜が重要と考えています。

その筋膜が、日常生活の習慣によって、緊張し、柔軟性が失われてくると骨に付着している部分を引っ張ることになります。そうして、骨格が歪むことになるのです。つまり、筋膜が歪むと骨格が歪んでしまうということです。

筋膜の歪みとは、筋膜が縮んだり捻じれたりした状態のことを言います。筋膜の歪みを解放することが出来れば、骨格の歪みも解消され、腰痛の症状も消失していくということが言えます。

下肢の筋膜の歪みの一例

一般的な慢性腰痛について解説します。よく見られる例が腰椎のカーブがほとんどなくなっている前湾減少タイプです。

健康な人は、うつぶせになってみると、腰が少し前にそっているのですが、腰椎の前湾が減少している人は、うつぶせになっても、背中から腰にかけてストーンとまっすぐになっているか、逆に腰の部分が後ろに盛り上がっている人もいます。

骨盤をみると、骨盤の傾斜(前傾)が少ない状態になっています。 筋肉を見ると、腰の骨の両側の筋肉がパンパンに硬くなっています。 一般的な整体院などで腰の筋肉をほぐしてもらって骨盤の矯正すると腰痛は一時的に楽になります。

しかし、これだけでは不十分なのです。 さらに筋肉を触診すると、臀部の筋群も硬くなっています。太ももの後ろ(ハムストリングス)や、ふくらはぎも緊張しています。 実は、これらの臀部から下肢の筋群が緊張していることで、骨盤が後ろに傾くように引っ張られて、その結果、腰椎の前湾も少なくなっているのです。

さらに、腰椎の前湾が少なくなるということは、腰椎が後方にストレスを受けやすくなるので、ヘルニアなどを生じる可能性があります。そこで、体は防御反応として、腰の筋肉を硬くして背骨を守ろうとするのです。

慢性腰痛の施術としては、腰椎や骨盤へのアプローチだけでは不十分なのです。臀部や下肢の筋膜の緊張を緩める必要があります。

この場合、腰痛の原因は臀部と下肢の筋群の緊張です。 臀部や下肢の緊張の原因は、座りっぱなしのオフィスワークだったり、運動不足だったりします。

当院では、慢性腰痛の原因となる下肢の筋・筋膜群も含めて調整を行なっています。全身の繋がりを考慮して施術を行う必要があります。そうすることで、腰痛に対する施術の効果が高まり、効果の持続期間が長くなります。

患者さん本人の努力や心がけも大切です。たとえ、下肢も含めて調整し、症状が楽になったとしても、下肢の筋群の柔軟性を取り戻さない限り、腰痛はついてまわる事になります。

ですから、その人の症状にあわせて自宅で出来る操体法やトレーニングや生活習慣指導も行なっています。 「その人に合わせたセルフケア」というところがポイントです。  同じ症状を抱えていても、患者さんによって症状の原因となる筋肉は全く異なるからです。

※ここで挙げたのはよくみられるケースですが、一つの例に過ぎないことをご了承ください。

腰痛改善対策

腰痛を改善させる対策としては、血流を促進することをすればよいのです。

入浴、運動、リラックス、整体、散歩、温泉、カラオケ、、、なんでもよいのです。気持ちの良いことを味わう、好きなことを楽しむと、心と体がリラックスして血流も改善します。

仙台やすらぎの杜整体院では、構造のバランス、生理バランス、神経バランスの3つの観点から血流を促進する整体を行なっています。

※ただし、急性期の炎症が強い時期には安静を指示したり、血流を抑制する施術(アイシングなど)をすることもあります。

腰痛に関しては、専門家の間でも様々な考え方があります。 当院では、クライアント様本人の感覚を最優先し、気持ちよさを感じながら楽になる整体を行なっています。

整体の施術

当院の整体施術は以下のような手順で行います。

痛みのメカニズムの説明

腰痛に対する間違った考え方が回復を妨げます。従来の治療法を継続するほどに回復を遅らせてしまっているケースも多いです。腰みのメカニズムや真の原因を知ることで正しい理解を身につけます。正しい情報を知ることで心も体も安心し、回復のスピードも早まります。

関節可動域検査

全身の各部位が自由に動ける状態が健康的ですが、腰痛の患者さんは患部だけでなく、様々部位の動きが制限されています。検査でチェックして整体の施術後にどのように変化するのかしっかり確認します。

適切な整体施術をするとその場で身体の動きや自由度が大きく変化しますので、特に初めて当院に来院した方は驚かれる方が多いです。

多次元操体法の施術

仙台発祥の自然療法「操体法」に宇宙の法則を導入して、より繊細に深く効果が及ぶように改良してきたのが多次元操体法です。優しい刺激で身体が内側から変化して行きます。痛みもなく、気持ちよさに包まれながら安心して受けられる整体です。

全身バランスの調和

患部のみならず、全身のバランスが調和するようにお手伝いいたします。患部の症状だけでなく、他の様々な症状も同時に改善していきます。症状(結果)にアプローチするのではなく、原因の世界にアプローチする整体です。

エネルギーバランスの調和

多次元操体法は肉体としての身体だけでなく、目に見えないエネルギー領域にも同時にアプローチするヒーリング整体です。気分が良くなったり、運気向上の効果を感じる方もたくさんいらっしゃいます。

潜在意識へのアプローチ

私はクライアントさんお一人お一人の波動をチェックしています。治りにくい人は治りにくい思考パターンや、固定観念に捉われています。そのような場合にはどんなに良い治療を受けてもなかなか回復しにくいのです。自然と回復しやすい心と身体になるよう整体と併せて心理面のアプローチも行っています。