このページではなぜあなたの腰痛が治らないのか?
その原因について解説します。

腰痛の古い常識と新しい理論を紹介します。
古い常識にとらわれていると治りにくくなってしまいます。

腰痛の本当の原因を知ることで解決策が見えてきます。
当院では新しい理論に基づいて腰痛の根本改善のお手伝いをしています。

腰痛が治らない原因

腰痛が治らない原因

増え続ける腰痛患者の数

腰痛患者は増え続けています。

厚生労働省の国民生活基礎調査によると、日本人の中で自覚している症状の第1位が腰痛、第2位が肩こり、第3位が関節痛です。
この調査によると、日本国内の腰痛患者は約1000万人。
肩こりと関節痛も含めると2500万人もの人が筋骨格系の痛みに苦しんでいるのです。

これだけ医学が進歩しても、医学としての腰痛治療法はいまだ確立されていないのです。
当院にも、病院でなかなか治らないクライアント様が数多く来院されます。

中には不適切な治療をくり返していることで、回復が遅れていると考えられるケースもあります。

従来の腰痛治療

腰痛の治療法は実に様々です。

牽引、温熱療法、物理療法、腰椎の矯正、骨盤矯正、マッサージ、鍼、灸、、、

アプローチの方法は治療法の数だけ無数にあります。
どの療法がすぐれていて、どの療法が劣っているということはありません。

どの治療法もそれなりの効果を出すことは可能です。

今まで、様々な医療機関や治療院などを渡り歩いてきた方はわかると思いますが、施術を受けた直後はなんらかの症状の改善はあったと思います。

問題は、その効果が長続きしないことにあります。 

治療を受けた当日は調子がよくとも、早ければ翌日にはまた元のつらい状態に戻ってしまいます。
一週間もよい状態が続けばよい方でしょう。

また、つらくなって治療院を訪れる。治療を受けて楽になる。
またしばらくすると、痛くなる。

その繰り返しをしている方が多いのではないでしょうか。

当院では腰痛に関する正しい情報をお知らせするとともに、真の原因にアプローチしています。

古い常識

腰痛に関して常識と思われている情報の多くが、実は根拠の無いものであったりします。

  • 腰痛は二足歩行をする人類の宿命である
  • 老化が原因
  • 職業病だ
  • 骨の変形のせい
  • 安静第一
  • 治るためにはコルセットが必要
  • 湿布が必要
  • 鎮痛剤が必要

これらの説について、あなたも耳にしたことがあることと思います。
しかし、これらの説は実はしっかりとした根拠があるわけではないのです。

これから腰痛常識がいかにあやふやな情報であるか、ということについて述べたいと思います。

腰痛は人類の宿命か?

腰痛は二足歩行をする人間の宿命である、とする説があります。
私もカイロプラクティックのスクールでそのように教わりました。

しかし、二足歩行をする人間は全員腰が痛いのでしょうか?
腰の痛みとは一切無縁の人もいます。

腰痛が二足歩行をする人間の宿命であるならば、近年患者が急増していることもおかしな話です。
人口増加率の10倍以上のスピードで腰痛患者数が増えているという調査結果もあります。

二足歩行といえば、ペンギンはどうでしょう?
ペンギンは腰痛を抱えているのでしょうか?

ペンギンさんに聞いてみないと本当のことはわかりませんが、私には野生のペンギンが腰が痛くて苦しんでいるとは思えません。

人類の進化には500万年の歴史があります。
500万年かけて進化してきたのです。

二足歩行が自然に逆らったものであれば、腰痛どころかとっくに人類の歴史は終わっていたと思うのです。

以上のことから人類の宿命というのはすこしおかしな話だと思いませんか?

老化のせい?

とくに病院へいくと、腰痛を老化のせいにされることが多いです。
「年だからしょうがない」と言われる人も多いことでしょう。

しかし、高齢でもまったく痛みを感じない人もいますし、若くても痛い人もいます。

それどころか、腰痛患者の年齢分布を調べた調査資料を見ると20代から40代がピークなのです。
働き盛りの年代が最も患者数が多いのです。
初めて腰が痛くなった年齢も20代が最も多いのです。

そして高齢になるほどに腰痛患者は減っているのです。
これは「老化のせい」という常識が、現実とはまったく反対であるということです。

来院するクライアント様も、20~40代の人が多いです。

職業のせい?

腰痛は職業病である、という常識もあります。
あなたはどんな職業の人が腰が痛くなる人が多いと思いますか?
力仕事や肉体労働を職業とする人に多いと考えていますか?

腰痛患者と職業の関係を調査した資料によりますと、肉体労働者と専業主婦の腰痛患者の割合はほぼ同じくらいです。

職業別でみると、もっとも腰痛が多いのはなんと無職の人たちだったのです。
職業と腰痛に医学的な因果関係はないのです。

腰椎の変形について

病院へ行ってレントゲン撮影やMRIなどの画像検査を受けると、多くの人に腰椎の変形が見つかります。
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄、椎間板の狭小などです。

そして病院では腰の骨の変形が腰痛の原因であると言われてしまいます。
クライアントさんもそれが真実であると信じています。

ここ数十年の現代医学の進歩により、先進諸外国では「腰痛と腰椎の変形には因果関係はない」とする論文も多数発表されています。

ジョージワシントン大学の研究によると、過去にまったく腰痛を経験したことのない人にMRI検査をしたところ、60歳以下の痛みのない人の1/5に椎間板ヘルニアが認められ、半数の人に椎間板の膨隆が見られました。

また、60歳以上では1/3に椎間板ヘルニアが見つかり、80%近くの人に椎間板の膨隆が認められたということです。

しかもこれは過去にまったく腰痛を経験したことのない人たちの検査結果というのですから驚きです。

椎間板ヘルニアがあってもまったく腰に痛みを感じない人もたくさんいるのです。
椎間板ヘルニアだから腰痛であるというこれまでの常識の説明が覆されようとしているのです。

当院では椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の診断を受けている方に対して、これまでの常識をいったん頭から忘れてもらうようにしています。

これまで信じてきた古い理論や常識によって、回復が遅れてしまうことも多々あるのです。
これから当院が考える真の原因と、対策について述べたいと思います。

腰痛の真の原因

腰痛の真の原因

当院では、開業前から腰痛に関して様々な情報を集めてきました。
手技療法のみならず、心理療法や免疫療法など様々な角度から研究してきました。

その結果、以下の三つが腰痛の原因との考えに至りました。

  1. 組織の血流障害(酸素と栄養不足)
  2. 筋肉・筋膜の異常
  3. 脳と神経のストレス

温めたり動かしたりして血流が改善すると腰痛も改善します。

また脳と神経の緊張が和らぐようなことをすれば腰痛は楽になるのです。
筋肉と筋膜の緊張が緩むと腰痛が楽になるのです。

その方法は人それぞれです。

その人が「心地よい」と感じられることが回復のきっかけになりやすいです。
それは体にとって心地よい場合もあれば心にとって心地よい場合もあります。

脳が安心し、自律神経のバランスが整い、その結果筋肉の血流が改善したりいろいろと必要な変化が起きて改善していくのです。

安静にしないと治らない?

腰痛は安静にしていないと治らないのでしょうか?
実は不要な安静はむしろ回復を遅らせます。

当院にヨーロッパの急性腰痛診療ガイドラインの要約した資料がありますが、それによると「治療としての安静臥床を指示してはならない」と書かれています。

どうしても痛みがひどくて動けない場合を除いて、いつまでも安静にして寝ていると回復が遅れることが医学的にも明らかになっています。

急性腰痛患者を「安静臥床のグループ」「ストレッチを積極的にしたグループ」「日常生活を続けたグループ」に分けて比較調査すると、安静に寝ていたグループが、最も回復が遅く欠勤日数も多かったのです。

腰が痛くても、少しでも動けるようになったら、なるべく日常生活を続けるようにすると腰痛の回復も早いのです。(無理は禁物です)

当院ではなるべく安静期間は短くして日常生活を続けるようにアドバイスを行なっています。

腰痛とコルセット

腰が痛くて動けないときにコルセットや骨盤ベルトなどで、保護することがあります。
しかし骨折や重度の腰痛を除いて、自力で動ける場合にはなるべく早期にコルセットをはずした方がよいのです。

コルセットをすることで、腰部を締め付けますから患部の血流が制限されます。
また、自分の筋肉を使わなくなるので長期的に使用すると筋力が低下します。

筋力低下と血流が悪くなるのとで回復が遅れます。

当院ではコルセットはなるべく使わないようにアドバイスしています。
コルセットがないと仕事ができない、腰痛がつらい、などのケース以外はコルセットをなるべく早期にはずすように提案しています。

鎮痛剤服用のリスク

腰痛で病院にいくと多くの場合、鎮痛剤と湿布が処方されます。

しかし鎮痛剤は血行を抑える働きがあります。

せっかく整体を受けたりお風呂で温まって血流が良くなっても、毎日鎮痛剤を飲んでいる人はまた血流が悪くなりますから、非常に腰痛の回復が遅いのです。

湿布も鎮痛剤と同様に、血流を抑えますが、湿布の場合は患部周辺に効果がとどまります。
しかし、鎮痛剤の場合は内服するので全身に効果が及びます。

鎮痛剤の長期服用は全身の血流障害を起こしやすくなります。
その結果、血圧が上がって降圧剤も処方されるようになります。

「安静」「コルセット」「鎮痛剤」の三点セットをしっかり行うと腰痛の回復が遅くなります。

当院では正しい情報をお伝えすると共に、血流を促進する整体や生活改善アドバイスを行なっています。

【参考文献】

「腰痛は怒りである」長谷川淳史 春秋社
 「こうすると病気は治る」安保徹 
 「腰痛を知る」グリーンライトネットワーク
「JHA NEWS」日本治療協会

 

【関連ページ】

腰痛

ぎっくり腰

妊娠中(妊婦)の腰痛/マタニティ整体