慢性的に頭痛でお悩みのあなたへ

このページでは頭痛の症状と分類と原因について解説しています。
根本的な改善のために必要な情報や当院の整体の考え方についても紹介しています。

現在お困りの方はぜひ参考にされてみてください。

 

  • 頭や首が重苦しい
  • ズキズキ頭痛がする
  • 頭がボーっとする ふらつく
  • めまいがする
  • 首や肩がひどくこっている
  • 頭痛薬を頻繁に服用している
  • 頭痛がひどいと吐き気がする時もある

 

頭痛の症状と分類

頭痛の症状と分類

まずは頭痛の症状と分類について解説いたします。

ズキズキする鋭い痛み、ガンガン響くような痛み、締め付けられるような重い感じ、等々。
同じ頭痛でもいろいろな症状があります。

こめかみが痛くなったり、目の奥が痛かったり、後頭部が痛かったり、全体が重苦しい感じだったり、痛みの出る部位も人それぞれです。

頭痛の陰に深刻な病気が原因となっていることもあります。
耐えがたい激痛がしたり、頭痛が長く続くような場合は医療機関で検査を受けることをお薦めします。

陰に他の病気の存在が関係している頭痛を二次性頭痛と言います。

一方、特に病気がないのに慢性的に頭痛を繰り返す一次性頭痛があります。
当院では一次性頭痛について対応しています。
このページの解説も基本的に一次性頭痛に関する内容となっております。

医療機関で検査をしても原因がはっきりしない一次性頭痛の場合には、ストレスや筋肉の緊張が関係しています。
そのようなストレスや筋肉の緊張による頭痛の場合には整体で改善のお手伝いが可能です。

それでは頭痛の分類から紹介します。

緊張型頭痛

首や肩のこりからくる頭痛を緊張型頭痛といいます。
頭痛の中でももっとも多いと言われています。
症状としては、頭痛、頭が重苦しい(頭重感)の他に、目の疲れや、首のこりや肩こりなどの症状も同時に訴えます。

後頭部から首にかけて重苦しさを感じます。
肩のマッサージを受けても、後頭部と首のコリがほぐれないとつらさが残ります。

頭痛がするので心配になって脳外科でMRIなどの検査を受ける人も多いです。
特に異常が見つからない場合、筋肉の緊張から引き起こされる筋緊張型頭痛と言われることがあります。

ちょうどうなじのあたりに、大後頭直筋、上斜筋、下斜筋という3つの筋肉に囲まれた三角形の部分(後頭下三角)があります。
後頭下三角の内側には、脳へつながる動脈や、後頭部へ走行する神経が通っています。

うなじの部分がこってくると、後頭下三角の中の動脈や神経が圧迫を受け、脳に血液がスムーズに供給されずらくなり、頭痛が起こります。

つまり、筋肉が緊張して、血管や神経を圧迫し、脳が血流不足になります。その結果、脳に酸素が足りなくなり、頭痛が引き起こされるのです。

筋緊張型頭痛の場合は、頭が重い感じや、苦しい感じ、締め付けられるような鈍痛などがするのが特徴です。

【関連ページ】

緊張型頭痛

片頭痛

片頭痛は頭の片側だけがズキズキと痛む中等度から重度の頭痛です。

体を動かしたり、光、音、においなどによって悪化することがあります。
また吐き気がしたり実際に嘔吐することもあります。

片頭痛は、頚部などの筋肉が緊張した状態から解放されてリラックスした時や、身体が温まったときなどにズキンズキンという痛みを感じることが多いです。

心臓の鼓動にあわせてズキンズキンという拍動性の痛みを感じることが特徴です。
思い返してみると、ズキズキした頭痛が起こるのは、仕事が終わってホッと一息ついたときや、家でくつろいでいる時や、布団に入って身体が温まったときが多いことがわかるでしょう。

【関連ページ】

片頭痛

群発頭痛

群発頭痛は、こめかみや左右どちらか一方の眼の周囲に激痛が起こります。
いったん起こると1~2ヵ月の間続きます。
1~2年に1回の割合で出現するようです。

1回の痛みが1~2時間、1日に1~数回続きます。
片頭痛が女性に多いのに対し、20~30歳代の男性に多いタイプの頭痛です。

じっとしていられないような転げまわるような頭痛を感じます。

「頭の中をかきまわされたように痛い」「目玉をえぐり取られるような痛み」と表現されるほどの激痛を感じます。
群発頭痛がなぜ、起こるのかという原因ははっきり解明されていません。

群発頭痛も偏頭痛などと同様に、「血管性頭痛」です。
脈拍に一致した拍動性の痛みです。

一般的な治療法

一般的な治療法は消炎鎮痛剤(痛み止め)の薬を服用することです。
痛いときに飲む痛み止めの薬と、痛くないときも飲む予防薬があります。

片頭痛の治療は大きくわけて2種類あります。頭痛発作がおこった時になるべく早く頭痛鎮めるための治療法を急性期治療(頓挫療法)といいます。もうひとつは頭痛がある日もない日も毎日お薬を飲んで頭痛発作を起こりにくくし、また、頭痛発作が起こっても軽くすむようにするための予防療法です。

引用:日本頭痛学会

しかし、頭痛薬を飲み続けてもなかなか治りにくい人もいます。
「頭痛持ち」という言葉もあるように何年もの間頭痛に悩まされている人も多いのです。

次に頭痛の原因について説明しましょう。

頭痛の原因

頭痛の原因

緊張型頭痛、片頭痛などと分類されていますが、基本的に頭痛の痛みは以下の二つです。

  1. 筋緊張による痛み
  2. 緊張が解けて血流が回復するときの痛み

それぞれについて解説しましょう。

筋緊張による痛み

ストレスがかかって緊張したときなどに、首や肩の筋肉もこって固くなります。
首から頭にかけて血管が収縮し血流が途絶えて、筋肉が緊張します。

このような状態での頭痛は重くしめつけられるような痛みです。
これを緊張型頭痛と分類しています。

緊張が解けて血流が回復するときの痛み

その後、緊張から解放されたときにリラックスして血管が広がります。
このときにズキンズキンという拍動性の頭痛が起こります。

これを片頭痛と分類しています。

首や肩の筋肉が緊張して血流障害が起きていたのが、リラックスしたことにより急激に血流が良くなって血液が一気に流れている状態なのです。

このようなズキズキした片頭痛が起こるのは、だいたい仕事が終わってホッとリラックスしたときや、布団に入って体が温まったときなどが多いのです。

痛みの元はプロスタグランジン

血管が開いて血流が改善するときに痛みが出ます。
これは主にプロスタグランジンという物質の働きによるものです。

プロスタグランジンは「血管を開く」「痛みを起こす」「発熱させる」という作用を持っています。
頭痛の場合、通常炎症はないので熱は出ませんがほとんどの人に血管拡張と痛みが起こります。

そこで頭痛薬を飲むと痛みは消えます。
頭痛薬(消炎鎮痛剤)はプロスタグランジンの産生を抑えているのです。
それで痛みが消えるというわけです。

しかし、体はプロスタグランジンを生成して血管を拡張して血流を多くしたいのです。
頭痛薬を飲むことはそのような体がやろうとしている働きを止めることになります。

つまり頭痛薬を飲んで痛みが消えた状態というのは、見方を変えればストレスで筋緊張が起こっている状態に戻っているとも言えます。

だから、頭痛薬を繰り返し飲んでも根本的に頭痛から解放されないということが起こってしまうのです。
では根本的に頭痛を改善するためにはどうしたらよいのでしょうか?

次にその方法を紹介いたします。

頭痛を根本から改善する整体

頭痛を根本的に改善するためには、原因にアプローチする必要があります。
頭痛の主な原因は首や肩や頭の筋肉や筋膜のコリです。

当院では首や肩や頭のコリに対して独自の方法でアプローチしています。

頭痛を解消する独自の施術

首こりが頭痛の原因なら、首こりが解消すれば頭痛は改善します。
では首の筋肉を揉みほぐしたりストレッチすればよいのではないかと思われる方も多いと思います。

しかし、直接こっている部位をもみほぐす方法では効果は一時的になりがちです。
なぜなら首こりを作り出す原因がいくつかあるからです。

それは

  • 全身の姿勢のバランス
  • 普段の姿勢や動作
  • 精神的なストレス

などの影響です。

ですから、首や肩だけでなく全身のバランスが調和するように施術する必要があるのです。
また、普段の日常の姿勢や動作も首こりの原因になります。

特に長時間のPCやスマホ操作は首の筋肉に負担をかけます。
また精神的なストレスが多いと首の筋肉もこりやすくなります。

そこで当院ではメンタル面のケアや、普段の生活の中で実践できるセルフケア指導にも力を入れています。
単に首をもみほぐすことを繰り返しても対症療法とあまり変わらないのです。

根本の原因に総合的にアプローチしていくことが大切です。

つまり、

  • 全身のバランスが調和する施術
  • 日常での姿勢や動作の改善
  • 精神的ストレスの緩和

などの対策が必要といえるでしょう。

全身バランスが調和する施術

全身バランスが調和する施術

当院では頭痛の原因である首こりを解消するために、全身の土台である足からバランスを整えます。

家を建てるときに基礎や土台が歪んでいたら床や柱も傾いてしまいます。
はじめに足や下半身のバランスを整えると、脊柱や上肢のバランスも変化するのです。

足首の歪みが首に影響していることもあるのです。

全身のバランスの調和を考慮しつつ、部分のバランスも整えていきます。

日常での姿勢や動作の改善

日常での姿勢や動作の改善

日常生活の中での姿勢や動作の改善指導やセルフケアのアドバイスにも力を入れています。

不適切な体の使い方をしていると、施術を受けてもまたすぐに症状が再発しやすくなります。

理にかなった体の使い方を身につけることはなかなかすぐにはできません。
日々の訓練も必要になります。

しかし、自分で体のバランスを整えることは比較的簡単に習得出来ます。
効果が高く比較的簡単に身につけられる方法を、あなたの症状に合わせて指導いたします。

精神的ストレスの緩和

精神的ストレスの緩和

頭痛は精神的ストレスによる緊張の影響も受けますので、心身ともに深くリラックスできる施術を心がけています。

身体的なバランス調整と合わせてエネルギー療法、ヒーリングの施術も行っています。
身体面と精神面がともに癒され、本来の治癒力が引き出されるようにお手伝いをしています。

必要に応じてメンタル面のトラウマやストレスを解放するセッションもご利用頂けます。
あなたに合わせたストレスケアの方法もアドバイスしています。

頭痛のセルフケア方法

頭痛のセルフケア方法を紹介します。

首のストレッチ

頭痛のセルフケア方法

緊張型頭痛の場合には首の筋肉のストレッチが有効です。
緊張型頭痛は首の筋肉が緊張して脳への血流が不足して酸欠になって頭痛が生じています。

そこで首の筋肉のストレッチをして、筋肉の緊張を緩めることで頭痛が改善します。
首にはいろいろな筋肉がありますので、こっている筋肉を念入りにストレッチします。

片頭痛の場合は、緊張から解放されたときに血液の流れが急激に回復しその刺激により頭痛がします。
一般的な対処法としては冷やす方法が紹介されていることが多いですが、片頭痛の場合でも根本改善を目指すのであれば血流を促進したほうが良くなります。

ところが、血流の改善に伴い頭痛が強くなる可能性もありますので注意が必要です。
ストレッチを行なう場合にも無理をせずに気持ちの良い範囲で行なうようにしましょう。

具体的な方法は下記ページにて紹介しています。

【関連ページ】

【画像入り】頭痛改善ストレッチ

首を温める

頭痛は首を温めると楽になることが多いです。
首の筋肉の緊張が緩み脳の血行が良くなります。

ストレッチの項にも書きましたが、片頭痛は温めると痛みが強まることもありますので無理をしないで、感覚を確かめながら温めてください。

ポイントは気持ちよく感じる範囲で温めることです。

首を温める方法

温める方法は使い捨てカイロの使用がお勧めです。
首には直接貼れないので、手ぬぐいや薄手のタオルなどにくるんで首に巻きます。

1.手ぬぐいにカイロを貼る

カイロを貼る

使い捨てカイロを手ぬぐいの真ん中に貼ります。
貼れないタイプの場合は置くだけでOKです。

2.カイロをくるむ

カイロを手ぬぐいでくるみます。

3.手ぬぐいを首に巻く

手ぬぐいを首に巻く

カイロをくるんだ手ぬぐいを首に巻きます。
これがとても気持ちが良いのです。

首の後ろや横や前側も温められます。
一カ所に当てておいて熱く感じたら位置をずらして温めます。

女性はスカーフにくるんでも良いかと思います。

細胞が温熱エネルギーを欲している部位は温めると気持ちよく感じます。
気持ちよい感覚を頼りにして気持ちよく感じるところを温めてください。

使い捨てカイロは痛みにはとても効果的なので、一年中用意しておくと良いでしょう。
冬になるとドラッグストアで安く売っているので買いだめしておくと良いです。

カイロは冬以外も売っていますが、目立たない場所に陳列してあるので店員さんに訊けば教えてくれます。

クライアント様の体験談

次に実際に施術を受けて頭痛が改善したクライアント様の体験談を紹介します。

気構えもせず、ゆったりと受けられる

【田中 由美様 40代 会社員 青葉区】

痛くもないし、ゆったりとした気分で気持ちよかった

身体が良い感じにゆるんだ感じ

>>感想をもっと読む

自分が治療に参加しているという意識がある

【O.M様 30代女性 主婦 青葉区】

OM様

体の全体をみてバランスを整えるというのと、受け身ではなく自分の感覚で良い状態に持っていくアプローチをするというのに興味を惹かれました。

ほんの少しの力加減で、体が変化するのが面白くて、どんどんハマっていきます。

まとめ

このページのまとめです。

  • 頭痛には別の病気による二次性頭痛と、他に病気はないのに頭痛がする一次性頭痛に分けられる
  • 一次性頭痛の代表的なものは、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛である
  • 一次性頭痛の原因は、「筋緊張による痛み」「緊張が解けて血流が回復するときの痛み」である
  • 頭痛の根本改善は筋肉の首、肩、頭の筋肉・筋膜の緊張を緩めていくこと
  • 患部をもみほぐすだけでなく全身のバランスが調和することが大切
  • 日常の姿勢や動作の改善、精神的なストレスのケアも必要
  • 総合的なアプローチが効果的である

以上、頭痛を改善する整体について解説しました。
現在お悩みのあなたのお役に立てば幸いです。

【参考文献】

「こうすれば病気は治る 心とからだの免疫学」
安保徹著 新潮選書