宮城県仙台市宮城野区のやすらぎの杜整体院です。

整体症例。名取市より来院の40代男性です。
定期的にメンテナンス通院をされています。

椎間板ヘルニアの診断を受け、坐骨神経痛や
腕のしびれの症状もありましたが現在は落ち着いています。

今日はまあまあ調子も良いということでした。
毎日腕立て伏せを頑張っているそうです。

腕立て伏せをすると右肘の関節がポキポキ鳴るというので
全身のバランスを調整した後に最後にみてみました。

だいたい当院では気になる部位は最後にみます。
全体のバランスが調和してそれで部分も調和するように
どちらも大事にしています。

肘を曲げると確かに「ポク ポク」と肘関節から
音が聞こえます。関節内部の靭帯が擦れているような感じです。

痛みなどはないそうですが、肘を曲げるたびに音がするので
気になるということです。それはそうだと思います。

関節の動きに特に問題はない感じでしたけど
何とかその音が消えないかとあれこれやってみました。

前腕の筋膜をねじって気持ちが良いところで
味わってもらいましたが音は消えません。

音が聞こえてくる肘関節の橈骨側を押さえて
肘を曲げ伸ばしてみました。音は相変わらずしています。
押さえる場所をいろいろ変えてみても音は変わりません。

今度は尺骨側の前腕あたりを押さえてみると
手の方までジンジンしびれると言います。
それで肘関節を曲げ伸ばしすると音が消えました。

しばらくそのまま何度かやってみて
それから押さえていた部分を離して
また肘の曲げ伸ばしをやってみたら
だいぶ音が小さくなりました。

それで押さえる場所を教えて
「自分でも気持ちが良い範囲でやってみてください」
とお伝えしました。

昔野球肘で痛めた過去があったそうです。
もう治ってはいますが、腕立てを始めたことで
当時痛めたときの影響が出てきたのかもしれません。

でも本当のことはわかりません。

身体に聞きながらあれこれ試してみると
わからないなりに答えらしきものが見えてきます。