股関節の痛みでお悩みのあなたへ

このページでは股関節痛の症状と原因について解説します。
当院の考え方や整体によるアプローチも解説しています。

現在お困りの方は参考にされてみてください。

 

  • 歩くときに足の付け根が痛い
  • 長時間立っていると股関節が痛くなる
  • しゃがんだり立ち上がる時に股関節が痛い

 

改善へと導きます

股関節痛の症状と原因

それではまず股関節痛の症状と原因について解説いたします。

症状

股関節とは足の太ももの骨(大腿骨)と骨盤がつながっている部分の関節です。
大腿骨と骨盤は、ちょうど電球とソケットのような関係になっています。(球関節)

股関節では、大腿骨が骨盤にはまっていて、その周りを靭帯が囲んでいます。
筋群で固定されています。とくに立っている姿勢や、歩行、走行といった動作をするときに動きます。

股関節は、体の重みがかかる関節です。
体を安定させ体重を支えるという役割を果たしています。

股関節の動きが制限されると日常生活で様々な不都合が生じます。

股関節やその周辺に痛みが生じるようになります。
立ったり座ったりといった日常の動作で股関節に痛みを感じます。
進行するとじっとしていても痛みを感じることもあります。

股関節痛には主に以下の二種類があります。

  • 股関節そのものの痛み
  • 股関節周辺の筋肉の痛み

次に股関節痛の原因について解説します。

原因

股関節とは、太ももの骨(大腿骨)と骨盤をつなぐ関節です。
股関節付近に痛みがあった場合、原因は様々ですが大きな原因は大きく二つに分けられます。

股関節の痛みの原因の1つは、股関節自体の障害です。
もうひとつの原因は周囲の筋群や靭帯に問題があり痛みが生じているケースです。

股関節に痛みが生じているからといって、必ずしもそこが悪いというわけではないのです。
痛みが発生している部位から痛みの原因をある程度判別出来るケースもあります。

特に関節の前側に痛みを感じる場合は、股関節自体の障害があったり、骨盤と大腿骨のバランスに原因があるケースが多いです。
股関節の後ろ側に痛みを感じる場合は、臀部や骨盤の筋群の問題で痛みが生じているケースが多いです。

股関節痛には様々な原因がありますが主なものを挙げてみます。

変形性股関節症

特に女性に多くみられます。
変形性股関節症は初期・前期・進行期・末期に分類できます。

初期では、疲れたときや股関節に負担をかけたときに痛みが生じますが、普段の生活では特に痛みは気になりません。

変形性股関節症の前期になると股関節の痛みが強くなります。
痛みを感じる回数も多くなります。脚を引きずるような歩き方になったりします。

進行期になると股関節の痛みをいつも感じます。
股関節の可動域が狭くなり、日常動作も苦痛を感じます。

末期になると、股関節の痛みが非常に強い場合、人口関節の手術が必要な場合もあります。

【関連ページ】

変形性股関節症

先天性股関節脱臼

先天性股関節脱臼は出生前後に股関節が外れる疾患です。
関節がはずれると、歩行をはじめとする運動機能が大きく障害されます。

また、立っている状態や座っている姿勢でもバランスが悪くなり、腰痛や股関節痛の原因にもなります。

原因としては、おしめの巻き方、遺伝性、極端な向き癖などの説があります。
赤ちゃんや子供の頃は気がつかずに大人になってから診断を下されるケースもあります。

先天性という名前が付けられていますが、必ずしも生まれつきというわけでもないようです。

当院にも、医療機関で先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全との診断をうけた患者さんが来院されることがあります。
「痛みを我慢するか手術を受けるか?」という選択をせまられている人もいます。

整体を受けたからといって骨自体の変形が治ることはありませんが、筋肉の調整により股関節の動きが改善し、股関節の痛みも軽減するケースも多いです。

【関連ページ】

先天性股関節脱臼

臼蓋形成不全

股関節の大腿骨がはまる骨盤側の受け皿の部分を臼蓋と言います。
この臼蓋が十分に発達していないと股関節痛の原因になると言われています。

変形性股関節症は、もともと臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)がある人が、中高年になって発症するケースが約9割を占めています。(中略)股関節はポールとソケットのような形状で、大腿骨の丸い骨頭(こっとう)が、骨盤側のお椀のような臼蓋といわれる部分の中にはまって、自由な動きができるようになっています。

臼蓋形成不全とは、この臼蓋の形が不完全であるために、大腿骨頭が臼蓋に収まらず、はみ出している状態のことをいいます。使い続けているうちに股関節に負担がかかったり軟骨がすり減ったりすることで、痛みが出てくるとともに関節が硬くなり、動きが悪くなります。

引用:臼蓋形成不全に伴う股関節の痛み|人工関節ドットコム

軟骨がすり減って骨がこすれているような場合に整体では改善が不可能ですが、臼蓋形成不全の診断を受けていても筋肉や筋膜のトラブルの場合には整体で痛みが改善するケースもあります。

【関連ページ】

臼蓋形成不全

当院の考えるその他の原因

臀部筋の緊張

坐骨神経痛は多くの場合臀部の筋肉の緊張が関係しています。
臀部の筋群には骨盤から股関節をまたいで大腿骨に付着している筋肉が多くあります。

股関節を支える筋肉が緊張し、股関節の痛みだけでなく坐骨神経痛や腰痛を起こしているケースも多々あります。

脚の筋膜の捻れ

大腿部の筋肉の前後や内外のバランスが歪み、股関節の負担となり痛みが出ることがあります。
わかりやすく言うと脚が捻れているのです。

脚の筋膜の捻れが膝や股関節痛の原因となっているケースがあります。

足首の歪み

足裏や足首や足指のバランスが悪く、股関節に負担がかかっているケースです。
身体の土台である足のバランスが崩れると股関節痛、腰痛、坐骨神経痛、膝痛などを引き起こすことがあります。

股関節痛の整体施術

股関節痛への整体施術について紹介します。

痛みの原因のチェック

痛みの原因のチェック

当院では股関節痛がある場合、まずその痛みの原因を判別します。
関節性のものなのか、筋肉に起因するものなのかを調べます。

股関節と周囲の筋肉と両方に原因があるケースもあります。

臀部や骨盤に付着している筋群の調整、骨盤と大腿骨のバランス調整などにより、痛みが緩和することも多いです。

医療機関で手術を勧められている方でも筋肉や骨格矯正により症状が緩和するケースもあります。

当院では筋肉と骨格のバランスを「より調和がとれた状態」に導きます。
その結果、ほんの少しの動きで股関節痛が解消したり、改善するということが起こります。

※すべての人の効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

足首・下肢の調整

足首・下肢の調整

股関節の調整をする前に、まずは足首から膝関節も含めて下肢のバランスをチェックします。

人間も家も土台が大事です。
土台が歪むと股関節や腰に影響が及びますので、身体の土台である足首から調整していきます。

足指や足首の調整で股関節痛が楽になる人もいます。

骨盤と脊柱の調整

骨盤矯正

骨盤と股関節の歪みを矯正します。
無理な矯正は一切しません。
身体が望んでいる方向へと優しく動かすことで本来のバランスが取り戻されます。

一般的な骨盤矯正とは違い、非常に繊細な方法で行います。
痛みもなく優しい刺激ですので妊婦さんでも安心して受けられる整体です。

股関節及び深層筋の調整

骨盤の深層筋の調整

骨盤、股関節周辺の筋群の調整を行います。
臀部や大腿部や骨盤の深層筋のバランスが歪んでいると股関節の痛みを引き起こします。

筋肉の調整で関節の痛みが軽減したり、消失することも多いです。

巷の整体院でよくあるような直接深層筋を揉みほぐす方法ではなく、人体の動きや連動の法則を活用することにより優しい刺激で深層筋から効率よくほぐれていきます。

エネルギー療法(ヒーリング)

エネルギー療法

当院では手技とエネルギー療法を融合した独自の整体を行っております。
潜在意識やエネルギーの領域にアプローチすることで、通常の整体手技の効果が及ばない部分が変化します。

内側からの治癒力が働き、自然と回復する力が高まります。

股関節痛の症例

食生活と左右のバランスを整え改善した例

股関節痛のクライアント様が来院しました。40代の女性です。
三週間前から左の股関節が痛くて歩くのも辛いとのことでした。
しかし、動きの検査をしてみても股関節の可動域はそれほど悪くありません。

関節の問題よりも、股関節をまたいでいる深層筋のトラブルと判断しました。
骨盤内部の深層筋である大腰筋を動かすと痛みが出ました。
ちょっと動かすだけで激しい痛みが出ます。

三週間たってもこのレベルで痛い場合は炎症が続いています。
なぜこんなに炎症が続くのかというと炎症が続きやすい体質になっています。

これを根本から改善していくためには食生活の改善が必須です。

関節の糖化

痛みがなかなか改善しにくい人は身体の内部で糖化が進んでいる可能性があります。
糖質の摂取が多いのです。話を聞いてみると案の定、ラーメンやパンが大好きです。

糖質の過剰摂取とタンパク質不足の典型的な例です。
こういう人は痛みがなかなか改善しにくい傾向があります。

今回は股関節痛での来院でしたが、赤ちゃんが出来なくて不妊治療も検討しているとのことでした。

不妊治療を受ける前に出来ることはいろいろあります。
当院でも子宝整体をしてますし、アドバイスもしています。

食生活の改善は子宝整体をする上でも非常に大切なので早速実践してもらうことになりました。

食生活の影響が強い人には、必要に応じてアドバイスをしています。
整体だけでは限界がありますし、結果として早く良くなっていきます。

反対側の股関節とのバランス

最近股関節痛のクライアント様を見ていて気付いた事は、多くの場合反対側(痛くない側)の股関節周辺の動きが悪いことです。

例えば右の股関節痛で来院したのだけれど、検査をしてみると反対の左側の股関節周辺(臀部筋群や腰部)の動きが悪いことが多いのです。

これはどういう事かと言うと、左側の股関節がうまく使えていないせいで右側の股関節に負担がかかって痛みが出ていると考える事が出来そうです。

そして面白いことに反対側の左股関節やその周辺の組織の緊張が緩むことで、患部の右側の股関節痛も楽になったりするのです。

股関節痛だけでなく、膝痛や腰痛や坐骨神経痛なども同様のケースが多いように感じています。

身体の各部分は繋がり合いそしてお互いに影響を与え合っています。
だから患部だけを見ていてはだめなのです。

全身のバランスを考慮して、全身が調和するようなお手伝いをしていきたいと常々思っています。

体験談

施術を受けられた方の感想を紹介いたします。

足を引きずって来院しても帰りには普通に歩けます

【三浦 弘子様 自営業 宮城野区】

 

>>感想をもっと読む

体験談2「腰痛、股関節痛」

心身共に解放された感じになります

【山内 智重子様 介護職 仙台市宮城野区】

 

>>感想をもっと読む

体験談3「先天性股関節脱臼」

kuma

股関節を患っていることもあり、体のメンテも必要と感じていたところでした。いきなり予約のTel.を入れ、30分後には家を出ていました(笑)

整体をして頂いて半年になりました。
<心地いい>ということを深く深く身体が知りたがり覚えたがっている、自分の身体と自分の心が<対話>できることを気づかせていただきました。

>>感想をもっと読む

最後に来院を検討中の方へ

はじめての整体院に行くのは不安が伴います。

「股関節の痛みが楽になるのだろうか?」
「余計に痛くなったりしたら嫌だなぁ…」

そんな気持ちがあるとお察しします。

当院では筋骨格系に効率的に働きかける優しい手技と、エネルギー領域に働きかけるヒーリングを融合して、あなたが自然に回復するためのお手伝いをしています。

何か不安なことがありましたら納得がいくまで下のページからお問い合わせください。
あなたとお会いできることを楽しみにしています。

お問い合わせ