多次元操体法は身体の構造バランスとエネルギー的身体のバランスを自然の法則と調和させる方法です。

「操体法の哲学」による自然治癒のメカニズムと、「引き寄せの法則」による人生の意図的創造の方法論を私が独自に融合させたものでもあります。

多次元操体法を活用し肉体と精神の健康の両立と、幸せな人生の実現を目指します。

多次元操体法の理論

多次元操体法の理論を解説します。

多次元操体法の誕生秘話

多次元操体法は、2007年9月に私が一人でセルフ操体をやっている最中に、突如直観でひらめいたものです。

自分の身体を3次元のそれぞれの次元に分けてみました。
0次元=点、1次元=線、2次元=面、3次元=立体。そしてそれぞれの次元に対する快適感覚を味わってみたのです。
そうするとその時により、自分の快適さが感じられる次元が異なることに気が付きました。

また、各個人により快適さを求めている次元がそのときにより異なるのであれば、その時点で快を求めている次元で快適感覚を味わうことこそが操体法の極意ではないかと気づいたのです。

操体法は全国に知られていますが、先生方の熱心な研究により年々進化しています。
古くから存在する(主に全国に広まっている)基本操法で快適さを味わうことが出来ない人も、各種応用操体操法を活用することで、快適さ味わいやすくなります。

さらに私は、操体の枠に捉われることなく、その哲学を肉体的・精神的各次元に活用できるのではないかと考えました。

快適感覚と次元

多次元操体法は、快適感覚を味わうことで治癒の方向へ進むという操体法の哲学を肉体的・精神的各次元に応用したものです。
その人が快を要求している次元で快適感覚を味わうことがポイントです。
そして深く味わうほどにその効果は他の次元にも及びます。

  • ■0次元(点)
    物理的身体:ツボ
    対応する療法等:トリガーポイント療法・指圧・鍼治療等
    効果的な操体法の操法:圧痛操法・コリ操法
  • ■1次元(線)
    物理的身体:筋肉繊維
    対応する療法等:ストレッチング・PNF・マッスルエナジーテクニック等
    効果的な操体法の操法:局所的な基本操法
  • ■2次元(面)
    物理的身体:皮膚・筋膜
    対応する療法等:オステオパシーの筋膜系アプローチ・筋,筋膜リリース等
    効果的な操体法の操法:皮膚操法・筋膜操法
  • ■3次元(立体)
    物理的身体:筋・骨格系バランス
    対応する療法等:カイロプラクティック・各種整体法等
    効果的な操体法の操法:全身的基本操法・連動操法・三軸操体法
  • ■4次元(氣・チャクラ・経絡)
    エネルギー的身体:エーテル体
    対応する療法等:気功・各種ヒーリング・経絡治療等
    効果的な操体法の操法:ゆらし操法・静の操体(余韻の操体)
  • ■5次元(感情・気分)
    エネルギー的身体:アストラル体
    対応する療法等:EFT・TFT・FAPなどのタッピングセラピー、トントン操体、エネルギー療法等
    効果的なアプローチ方法:感情のナビゲーションシステムの活用
  • ■6次元(思考・想念・精神)
    エネルギー的身体:メンタル体
    対応する療法等:イメージトレーニング・各種メンタルセラピー等
    効果的なアプローチ方法:思考の意識的選択
  • ■7次元(内なる自己・ハイアーセルフ・高次の自分)
    エネルギー的身体:コーザル体
    対応する療法(?)等:スピリチュアルな気づき・自己実現等
    効果的なアプローチ方法:真の欲求や使命の気づき・愛・感謝

※次元が高くなるほどにエネルギー的、次元が低くなるほどに物質的性質を示します。

多次元操体法と引き寄せの法則

引き寄せの法則とは、自分の目の前の現実(自分が経験する出来事)はすべて自分の思考の波動により引き寄せられてくるものであるという宇宙の法則のことです。

  • 念ずれば花開く
  • 類は友を呼ぶ

これらの古くから言われてきた言葉も引き寄せの法則の一部を表すものです。
私も多数の関連書を読んで実践してきたのですが、ヒックス夫妻の書いた「サラとソロモン」を読んで目からウロコが落ちました。

それは自分の感情をナビゲーションシステムとして活用しながら思考や関心を向ける対象を意識的に選択するというものでした。

感情というものがいかに大切で重要な役割を担っているかということがわかったのです。
(ほとんどの人がその重要さを知らずに感情に振り回されて生活しています。)

そして同時に、引き寄せの法則における「思考と感情と人生の経験の関係」が、操体法における「身体刺激と原始感覚と症状の関係」とまったく同一の相似像をなしているということに気がついたのです。

操体哲学も引き寄せの法則も自然の法則を表すものですから、共通していることがあってもおかしくはないのですが、あまりに似通っていたのでこれは面白いと思い、何とか操体法と引き寄せの法則を融合して活用していきたいと思ったのでした。

【参考文献】

生体の歪みを正す : 橋本敬三論想集
橋本敬三 著

実践引き寄せの法則:感情に従って”幸せの川”を下ろう
エスター・ヒックス, ジェリー・ヒックス