手首痛

手首の痛みでお悩みの方へ。

手首の腱鞘炎はとてもつらいですよね。
日常動作で手首を使う場面はとても多いです。

そのたびに手首に痛みが走ります。
そのうち自然に治るだろうと放置しても、なかなか治らないと不安になります。

病院に行くと湿布や痛み止めの薬を処方してくれます。
しかし毎日湿布を貼って痛み止めを飲んでも治らないどころか、痛みが悪化するケースもあります。

すると最終的に手術を勧められます。

一方当院では手首の腱鞘炎に対して病院とは異なるアプローチをしています。
病院や他の治療院で改善しなかった方も良くなっていきます。

このページでは手首の腱鞘炎の原因と、根本的に改善する方法について解説します。
きっと安心して頂けることと思います。

現在手首の痛みでお悩みの方はぜひこのページの最後までご覧になってみてください。

※効果には個人差があります。また医療行為ではありませんのでご了承ください。

手首痛(腱鞘炎)の症状と原因

症状

手首痛の症状も様々です。

痛みが出る動きも人それぞれですから、その人の痛みが出る動きをよく観察して整体しなくてはなりません。
「手首痛にはこのテクニックをやればOK!」というのはありません。

親指側に曲げると痛い、小指側に曲げると痛い、手のひら側に曲げると痛い、手の甲側に曲げると痛い、ひねると痛い、動かしてもいたくないけど、手をついて体重をかけると痛い、等々。

また痛みの出る部位も、手根骨周辺だけでなく、手の甲や手の指、前腕に及ぶこともあります。
痛みの部位や痛みが出る動きによって、整体アプローチも変える必要があります。

比較的に多いのが手首の親指側が痛くなるケース。
ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)と呼ばれます。

ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)とは

母指(親指)を広げると手首(手関節)の母指側の部分に腱が張って皮下に2本の線が浮かび上がります。ドケルバン病はその母指側の線である短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある手背第一コンパートメントを通るところに生じる腱鞘炎です。

手首(手関節)の母指側にある腱鞘(手背第一コンパートメント)とそこを通過する腱に炎症が起こった状態で、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、手首の母指側が痛み、腫れます。母指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ります。

引用:ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)|日本整形外科学会

原因

腱鞘炎の原因は一言でいうと手首や指の使いすぎです。
使いすぎで負担がかかって炎症が起こっている状態です。

腱鞘炎になると、指の付け根などに痛みや腫れが起こります。近年スマートフォン(スマホ)の長時間利用など指の使い過ぎにより「ドケルバン病」といった腱鞘炎や、指の曲げ伸ばしの際に引っ掛かる「ばね指」といった症状が増えています。手首に負担がかかりやすい子育て中の人や、スポーツやキーボード操作などで指をよく使う職業の人などもなりやすいといわれます。

引用:腱鞘炎の症状・原因|くすりと健康の情報局

【関連ページ】

手の指の痛み(ばね指など)

当院の考える原因

腱鞘炎の直接の原因は手の指の使い過ぎによる炎症ですが、当院ではある部分に着目しています。

それが「橈骨と尺骨のバランスの不調和」です。
橈骨と尺骨というのは前腕の二本の骨です。
親指側が橈骨、小指側が尺骨です。

この二本の骨の動きが悪くなっていたり、位置関係が不適切になっているのです。
橈骨と尺骨の距離が広がり過ぎていたり、狭くなりすぎていたり、捻じれた状態で固まっていたり、などなど。

橈骨と尺骨のバランスが変わることで、長年治らなかった手首痛が劇的に改善することも少なくありません。

手首の痛みを早く回復させるポイント

回復のポイント

次に手首痛の早期回復のポイントについて解説します。
一般的な治療としては湿布で冷やしたり痛み止めを処方されたりしますが、当院ではむしろ逆の考え方でアプローチしています。

1.温熱療法

腱鞘炎とはその名の通り、腱鞘に起きている「炎症」です。
通常は炎症を悪いものとみなして炎症を鎮めようとします。

湿布や痛み止めは炎症を鎮める効果があります。

しかし、自然治癒の観点から炎症という反応を観てみると、炎症とは組織の修復工事と言えます。
炎症は必要があって起きているのです。
体は炎症を起こすことでその部位を修復しようとしているのです。

この原理が理解できると炎症は決して悪いものではないということがわかります。
冷やすのではなくむしろ積極的に温めると回復が早まるのです。

「温めると痛みが強まるから温めてはいけない」という意見があることも承知しています。
しかし、実際に試してみると急性期の炎症も含めて温めると気持ちが良いという人が多いのです。
そして温めると回復が早まります。

温める方法は入浴はもちろんですが、使い捨てカイロをうまく活用すると良いでしょう。

詳しいメカニズムは和歌山県で整形外科を開業している坂井学先生の「体を温めるとすべての痛みが消える」に書かれています。
当院では2011年頃より急性期の炎症に対しても最初から温める方法を取っていますが冷やすより早く回復します。

※耐え難いような強い痛みの場合や、温めて我慢できないくらい痛みが強まるような場合には無理に温めず最初は冷やしても良いでしょう。

2.筋膜の調整

湿布や痛み止めよりも温めた方が早く楽になります。
さらに整体で筋膜の調整を行うとより効果的です。

早期回復のポイントは血流を改善させることです。
血流を悪くする二大要因は冷えとコリです。

冷え対策として温熱療法、コリ対策としてはストレッチやマッサージも効果的です。
当院の整体は筋膜に着目して行っています。

筋膜の緊張を緩めることで前腕部の橈骨と尺骨のバランスも良くなります。
その結果手首の関節の負担も軽減し、腱鞘炎などの手首の痛みも楽になります。

3.栄養補給

案外忘れられがちなのが栄養面のアプローチです。
血流が改善しても栄養が足りていない場合には回復が遅れます。

関節痛と栄養の関連については下記ページをご覧ください。

【関連ページ】

五十肩の痛みと関節の糖化

整体の施術

施術の流れ

当院では手首痛の大きな要因として橈骨と尺骨のバランスの不調和と考えています。
しかし、直接橈骨、尺骨にアプローチしません。

直接アプローチするのは後回しにします。
まずは「なぜ橈骨、尺骨がアンバランスになっているのか?」
という事を考えてみましょう。

骨自体が勝手に歪むことはありません。
骨格の歪みは結果として引き起こされます。

よく、「骨盤の歪み」「骨盤矯正」という言葉を聞きますが、骨盤自体が歪むわけではありません。

骨盤は結果として歪んでいます。
だから本当の意味で骨盤矯正をしようとするならば、骨盤自体を矯正してもほとんど意味がありません。

「骨盤を歪ませている何か」にアプローチする必要があります。
手首痛の場合も同様です。
手首痛を引き起こしている橈骨、尺骨のアンバランスを、さらに引き起こしている何かにアプローチします。

そうやって奥の原因をどれだけ見出して、症状との関連を見立てられるかが整体の腕の見せ所です。
施術者の経験や知識によってもその見立ては変わってきます。

橈骨尺骨のアンバランスを引き起こす要因

手首痛の直接の原因は腱鞘炎です。
そしてその背後に橈骨と尺骨のアンバランスがあります。
さらにそのまた背後には上腕全体の筋膜の繋がりの不調和があります。

骨が歪むのではなく筋膜の歪みにより結果として骨格が歪むのです。

だから上腕全体の筋膜のねじれや歪みを調整する必要があります。

ではなぜ、上腕の筋膜がねじれたのか?とさらに考えます。
上腕骨~肩甲骨~鎖骨の繋がりの不調和が存在します。
そのまた原因を考えます。胴体と上腕のバランス、骨盤と脊柱のバランス、骨盤と下肢のバランス、、、。

結局そうやって見て行くと、手首痛と言えども全身の筋膜の繋がりのバランスを調和させていく必要があります。

筋膜調整

操体法の特徴の一つは、全身の連動を使う事。

人間の身体は筋膜を通じて骨格が連動するように創られています。
その連動をうまく利用することで、一部位だけでなく複数の部位が同時に変化します。

操体法と一般的な整体法との違いはいろいろありますが、連動を活用していることも特徴の一つです。
上手に連動を使うと全身の筋膜、骨格のバランスが一気に劇的に変化します。

多次元操体法では従来の操体法以上に繊細さを追究しエネルギーロスを減らして行いますから、ほんのかすかな動きと場合によっては動きはまったくなくとも、身体の内部から全身が大きく変化します。

また、一般的な整体では整体師が頭で考えて分析して施術を行うのに対して、操体法では受け手であるクライアント本人の感覚を最大限に尊重して施術を行います。

さらに多次元操体法では、クライアントの内側の存在(内なる叡智)とダイレクトに繋がり、無意識領域と対話を行いながら施術(セッション)を行います。

だから一般的な整体よりも深い次元から変化するのです。

身体の叡智に従って調整が「行なわれる」ので一切の無理がありません。何かされた感が非常に少ないのにも関わらず身体が内部から変化しますので皆さん不思議に感じられる方も多いです。

手首痛の真の原因

手首痛の原因のそのまた原因を探っていくと、全身の筋膜の歪み・不調和ということになります。

そのまた原因は、その人自身の身体の使い方に問題があったというわけです。
最終的にはそこを見て行く必要があります。

手首の関節を痛めるような怪我をしたわけでないのに、日常生活の中で手首痛が発症して、それからなかなか治らないとすればそれだけ手首に負担をかけるような身体の使い方をしてしまった結果だというわけです。

そしてそれは手首の使い方だけでなく、全身の姿勢や動作、緊張した身体の使い方が関係して来るわけです。

緊張した身体の使い方があれば、リラックスした身体の使い方もあります。
不適切な身体の使い方があれば、より機能的な身体の使い方もあります。
ストレス状況によっても身体の使い方は大きく変わってきます。

そうやって考えると、手首痛と言えども身体操法や精神領域のケアも含めて広い視点で取り組んでいく必要があることがわかります。

【関連ページ】

産後の手首痛の改善方法

手根管症候群