肩が痛くて腕が挙がらないあなたへ

五十肩(四十肩)とは、年齢が40代以上から50代の人に多い肩関節の症状です。医学用語では五十肩(四十肩)のことを、肩関節周囲炎といいます。

肩の痛みや、動きにくさを訴えます。おこりやすい男女差や、左右差はありません。 腕を上げようとすると肩が痛い、手を後ろにまわそうとすると痛い、などの症状を訴えます。

ある日を境に激痛を訴えることが多いです。急性期はじっとしていても痛く、痛みで眠れないという人もいます。
慢性期になると徐々に動かせるようになりますが、ある程度まで動かすと痛みが生じます。

何もせずに放っておいても自然治癒する場合もありますが、たいていは病院で治療を受けても、症状が長引くケースが多いです。右の肩がやっと治ったと思ったら、左の肩が五十肩になったりします。両肩がいっぺんに発症するケースは少ないようです。

 

 

  • 腕が挙がりにくい
  • 腕を挙げると肩が痛い
  • 服を着る時に肩の関節が痛い
  • 手を腰の後ろに回しにくい
  • 肩こりや肩甲骨周辺のコリがひどい
  • 腕や肩に痛みがある
  • 病院で肩関節周囲炎の診断を受けたことがある
  • 五十肩のリハビリを受けているがなかなか改善しない

五十肩を改善する整体

五十肩を改善する整体を紹介します。肩関節にかかる負担やストレスを減らすように全身のバランスを調整します。

病院や一般的な治療院では肩が痛いと肩の関節やその周辺の治療が行われることが多いのですが、当院では全身のバランスを考慮して整体を行っています。

施術前のカウンセリング

同じ五十肩の症状を訴えていても、急性期と慢性化したものでは対処方法も変わります。また私は五十肩もどきと呼んでいるのですが、肩の関節にはまったく問題がないのに痛みが出ているケースもありますので、しっかり見極めてその方に合った適切な施術を行います。

また五十肩を発症する経緯や生活習慣も含めてお話を伺い、回復を妨げる要因を減らしながら早期の回復に向けてサポートをしています。

下半身と骨盤の整体

主訴が五十肩だとしても、当院では必ず下半身の状態をチェックします。骨盤や下半身の歪みが上半身にも大きな影響を与えていることも多いのです。

足首や骨盤の調整で、肩関節の動きが劇的に改善するケースも少なくありません。

「五十肩もどき」の人でしたら、肩関節やその周辺には一切触らなくても骨盤の整体だけで肩も劇的に楽になることもよくあります。

鎖骨~肩甲骨~上腕骨の整体

一般的に腕のイメージとして、ロボットのように胴体から腕が出ているイメージがあります。しかし、骨格的には鎖骨から腕が始まっています。鎖骨が胸骨と関節を作っていて、骨格的にはそこで胴体に付着しているのです。

鎖骨と肩甲骨、肩甲骨と上腕骨の繋がりに不調和が起きていると肩の関節の動きも制限されます。腕も日常生活で酷使されて捻じれたり歪んだりしています。

独自の整体により、腕から鎖骨にかけての歪みを解消していきます。

頸椎、頭蓋骨の整体

当院では「私が治す」という考えではなくあなたの自然治癒力を高めることで、内側から自然に回復するためのお手伝いをしています。

頸椎や頭部の緊張が解放されると自律神経の働きが活性化します。

脳が緊張した状態とリラックスした状態では、どんな症状であってもリラックスした状態の方が回復しやすくなります。独自の整体により脳や自律神経がリラックスした状態を作りだしやすくします。

それにより自然治癒力、自己調整力が高まり、内側から回復しやすくなります。

五十肩のセルフケア指導

五十肩の回復の為には整体の施術を受けるだけでなく、積極的に生活改善の努力もしていくとよいでしょう。

食生活の改善

やすらぎの杜整体院では整体の手技だけでなく、食生活の改善にも力を入れています。なぜなら回復スピードが全然違うからです。

食生活の改善は、糖質の摂取を控えたり制限することであったり、たんぱく質をしっかり補給することだったりします。今までと同じような食生活を続けることが五十肩の回復を遅らせてしまうこともあります。

整体を受けると同時に、痛みを増幅させるような食べ物は出来るだけ控えて、回復に必要な栄養をしっかり補給していくと回復のスピードも早まることでしょう。

ストレスのケア

それと心の在り方も大切です。

くよくよ悩んでばかりいたり、イライラ怒ってばかりいると、身体も緊張します。ストレスが強くかかれば筋肉も固くなり血液やリンパの流れも悪くなります。

五十肩の痛みはとても辛いですから、痛み自体も大きなストレスになります。正しい情報を知って安心することも回復にはとても大切な事です。痛みをむやみに恐れず、適切な方法を行えば五十肩もいずれ良くなっていきます。

総合的なケア

息食動想、環境、総合的に取り組むことが大切です。いくら高度な整体手技で施術を受けても他のバランスが悪いと治りません。治してもらうのではなく、自然と治るにはどうしたらよいのかという視点が大切です。

当院では治すのではなく、自然と治るためのお手伝いをしています。

五十肩(四十肩)の原因 

五十肩がなぜ起こるかというはっきりした原因は解明されておらず、老化のせいにされてしまう場合がほとんどです。

五十肩の痛みは突然に襲ってきます。ある日を境にして突然痛くなるのです。 クライアントさん本人に訊いてみても思い当たる心当たりがありません。

五十肩の原因ははっきりと解明されておらず、病院や治療院などで治療をうけてもなかなか改善しにくいのが現状です。老化などによる骨や関節の変形が原因であるとする従来の損傷モデルでは、肩関節の可動域を無理に広げるような治療が行なわれているケースが多いのです。

肩こりに起因するケース

五十肩の人は皆さん肩や首の筋肉が凝り固まっています。肩こりを感じないのに五十肩になるという話はほとんど聞いたことがありません。転んで肩の関節を痛めたなどという理由ではなく、生活の中で自然と肩が痛くなってしまったような人は皆さん肩こりがひどいです。

肩から腕の筋肉のコリの強く筋肉が固まっていると肩関節を動かした時に、肩周辺の筋肉を痛めてしまうことがあります。それが五十肩のきっかけになることもあります。

首こり・肩甲帯のコリ

五十肩になる人のほとんどに首こりもあり、肩甲骨周辺も凝り固まっています。首から肩甲骨周辺の筋肉が凝って血流が悪くなっているのです。筋肉が固いので日常生活の動きの中で、肩の関節を痛めてしまうのです。

首こりを抱えていたり、肩甲骨の周りがいつも重苦しい・痛い、しょっちゅう寝違えるという人も要注意です。

様々なタイプの五十肩

五十肩にもいろいろあって、その場ですぐに肩が上がるようになるものもあれば、しばらく通院が必要なケースもあります。五十肩や四十肩と言うのは通称であって、実際の症状は人によって違います。

「五十肩もどき」の見分け方

施術をしてすぐに腕が挙げられるようになるものは私は「五十肩もどき」と呼んでいます。これは検査をしてみるとわかります。

肩関節の外転検査をします。腕を伸ばしたままゆっくり横から頭の上の方に上げていきます。その時にひっかかる感じが「ガチン」とした固い感じの場合は関節がロックしています。

そうではなくて何となく引っ張られてきついような感じの場合は、肩関節そのものの問題ではなく筋膜の捻じれなどの影響なのでそういう場合は比較的早く良くなります。

後者の場合には、骨盤の歪みを矯正したり、下半身と上半身のバランスが変わるとその場ですぐに肩が上がるようになります。

肩関節の激痛を伴うケース

五十肩(四十肩)でお悩みの方の中には、激痛で夜も眠れないという人もいらっしゃいます。こういう場合は関節が炎症を起こしていますので、整体を受けてもその場ですぐに痛みも動きも良くなりません。しばらく回復のための期間も必要です。

でもずっと激痛が続くわけではないのでご安心ください。

やってはいけないことは、激痛があるのに無理に動かしたりストレッチをしたり、ネットなどで紹介されている「五十肩を治す体操」みたいなことをすることです。余計に悪化します。

整形外科の医師から「肩が痛くても我慢して動かすように」と言われて無理してリハビリ体操をやっていた方がいました。そのままにしておくと動かなくなるから痛くても動かすようにと指導されて、我慢して体操を続けていたのです。

当院の考えとはまったく正反対です。当院では痛いことは出来る限りやめてもらいます。無理をして体が嫌がることをしているとかえって回復は遅れます。結局この方は痛いリハビリをやめてからどんどん回復していきました。

肩が痛いということは、痛みを出すことでそれ以上動かさないように体を守ってくれているのです。そのような自然の仕組みを無視して無理に動かしていると回復するものもしにくくなります。

炎症が起きている五十肩の場合は、痛くて動かせません。でもそれでいいのです。動かすな、というサインですから。不便だけどしょうがないのです。ちゃんと身体の声を聴いてあげてください。

それで痛い動きは出来るだけしないように過ごしているとだんだん五十肩の炎症も治まってきます。そうすると肩関節は動かしにくいけどさほど痛くはない、という状態になります。そうなったら徐々に肩関節が動けるように調整していきます。

そうすると徐々に関節の動ける範囲も広がっていきます。その時の状況によって対処法も異なるのです。

関節の糖化によるケース

このページを読んでいる方は基本的に五十肩でお悩みで何とかしたいと思っている方だと思いますが、ぜひ知っておいていただきたいことがあります。

痛い動作を避けて過ごしていても、いつまで経っても激痛が治らない人がいます。そういう場合は食生活に問題がある可能性が高いです。

結論から申し上げますと、糖質を摂り過ぎているのです。糖質はエネルギーになりますが、現代人の生活パターンでは糖質過剰になっている人が多いです。

余った糖質とタンパク質が結びつくとAGEs(糖化最終生成物)というものが作られます。この物質が全身を老化させるのです。

五十肩と老化の関係

五十肩の原因は老化ではありません!

五十肩や四十肩は40代から50代の人に多くみられる症状です。
でも必ずしもその年代に発症するとは限りません。 中には60代の人もいますし、30代でなる人もいます。

本当に老化だけが原因なのであれば、40代より50代、50代より60代と、年齢が進むにつれて、発症率も高くならないとおかしいはずですが、実際にはそうではありません。

また、40代で四十肩になっても、そのうちに治ってしまってその後はなんともないという60代や70代の人もいます。 老化が原因と言われていますが、老化以外に何か原因がありそうです。

こんな人は要注意!

五十肩や四十肩で来院される人をみてみると、たいていの場合、肩こりがひどく、背中の方までカチカチにこり固まっています。
特に肩甲骨まわりはカチカチで、肩甲骨の内側のすき間に指を入れようとしても、筋肉が固くて指が全然入りません。

また腕の筋肉も硬くなっていたり、痛みを訴えていたりします。
肩や背中のこりと五十肩は深い関係にあるのです。

五十肩のセルフチェック

五十肩の簡単な検査をしてみましょう。セルフチェックの方法を紹介します。手のひらを内側にして腕を体の横に垂らします。「気をつけ」の姿勢です。

そこから腕を真横の方向に挙げていきます。(上腕骨の外転)水平まで腕を挙げたらそのまま、腕が耳につくまで挙げていきます。どうですか?スムーズに腕は挙がりましたか?肩や肩甲骨が引っかかる感じはありませんでしたか?

この腕の外転動作を行なうときには、肩甲骨や上腕骨に付着する様々な筋肉がそれぞれ収縮しながら腕を挙げていきます。それらの筋肉の一部が固くなっていたり、柔軟性が悪くなっていると、スムーズに腕が挙がりません。

また、腕を挙げる動作は上腕骨の動きだけでなく、肩甲骨も連動して動いています。肩甲骨周りの筋肉の柔軟性が失われてくると、肩甲骨がスムーズに動かないために、上腕骨だけで腕を挙げようとします。そうすると、上腕骨と肩甲骨の関節(いわゆる肩関節)に負担がかかり、肩関節の炎症を引き起こすのです。

ローテーターカフ筋(回旋筋腱板)の柔軟性

肩関節の安定を保つはたらきをしている筋肉群をローテーターカフ筋といいます。ローテーターカフ筋とは、棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋の総称です。

これらの筋肉群が固くなると、肩関節のバランスが悪くなり、負担がかかり五十肩の炎症になるといわれています。 表面からは触ることのできない深層の筋肉です。(インナーマッスル)聞きなれない名前ですが、これらのローテーターカフ筋を柔軟にしておくことが、五十肩の予防にとって大切なことなのです。

五十肩(四十肩)の予防ストレッチ

肩甲骨を動かすことが少なく、筋肉が固くなると五十肩になりやすくなります。そこで日頃から肩関節や肩甲骨を動かすことが大切です。

腕をぐるぐる回してもよいのですが、それだと肩関節は動きますが、肩甲骨が動きません。そこで、指先を肩につけて肘を大きく回すようにします。右手の指先を右肩に、左手の指先を左肩につけます。その状態で、肘をできるだけ大きくゆっくりと回します。前回し、後ろ回し各10回ずつ回します。

その他効果的なストレッチもいろいろとありますが、文章で書くのに限界があります。

操体法では実際に感覚を尋ねながら快適な動作を行ないます。肩や背中が気持ちよく感じるように、ゆっくりと伸びをしてみてください。それだけでも、かなり筋肉が伸びるでしょう。

日頃、デスクワークなどをしていて、肩や背中がこりやすい人は、要注意です。意識的に肩や背中を伸ばすように心がけてみてください。

また、横向きで寝る習慣がある人も、下にしたほうの肩が五十肩になる可能性があります。なるべく上向きで眠るようにしましょう。

※肩関節が痛くても動かしなさいと言うアドバイスについて

五十肩の診断を受けている人の中に、整形外科の病院などで「このままでは肩の関節が固まって動かなくなるから、痛くても我慢して動かすようにしなさい」というアドバイスをされる人がいます。

実際に当院でもそのような方と何人も会いました。それで五十肩が改善するならまだいいのですが、改善するどころか悪化してしまう人もいます。

動かすと痛いということは、身体からの危険信号です。それ以上動かすと関節を痛めるからやめてください!という赤信号が出ているわけです。

それを無視して無理に動かせば関節の状態は悪化します。突き指して痛い指を無理やり動かしたり、捻挫して歩けないくらい痛い足首をグルグル回してストレッチしたりするのと同じような行為です。

よく考えればおかしなことをしているとわかるはずです。

当院では痛いところは出来るだけそっとしておきます。炎症反応が起きている間はとにかく無理して動かすことはしません。回復の為に必要なことが関節内部で起きているわけです。それが炎症反応です。

炎症が治まれば痛みも取れてきます。痛みはないけれど可動域が狭い、動きが制限されているという状態になります。そうなってから徐々に肩関節が動くようにリハビリなりストレッチなりをしていけばよいのです。

だから、痛いのを無理して動かすのは禁物であり、痛くない範囲で気持ちよい動きをしていけばよいのです。それが操体法の考えです。

※五十肩の痛み(炎症)がなかなか改善しない方へ

夜も寝れないくらい肩が痛む。じっとしていてもうずくように痛い。そういう場合は炎症が起きています。実は炎症が起こるのは身体が治ろうとしている反応です。

道路工事をすれば騒音も出るしホコリもたちます。道路工事の騒音がうるさいからと工事をやめさせればなかなか道路は修復していきません。

それと同様に、五十肩の痛み(炎症)が辛いからと痛み止めの注射や飲み薬を飲み続けたら回復が遅れてしまいます。我慢できないような痛みの場合は仕方ないですが、ずっと飲み続けるのは考え物です。

炎症が起きるから治っていくのです。そう考えると痛みは敵ではないということがわかります。

ところが、そろそろ痛みが和らいでも良い頃なのにさっぱり痛みが治らないという人がいます。そういう人は必ず生活習慣に回復を妨げる要因があります。

つまり炎症を長引かせるようなことをしているのです。それも気づかずにしています。多くの場合は食べ物だったり心の問題だったりします。

痛みに対して以上に恐怖感を抱いていたり、痛い=悪いこと、という認識があると不安と恐怖で一杯になりますからそれで身体も緊張してなかなか回復しにくいというケースがあります。

それと、これもかなり多いのですが糖質を過剰に摂取していたり、たんぱく質が不足しているような方もなかなか治りにくいです。体は食べたもので作られているので、体に触れると回復しにくい人はそういう感じがわかりますので必要に応じて食事改善のアドバイスをさせて頂きます。

食生活に大きな問題を抱えていると、整体院や治療院でどんなによい施術を受けても効果はいま一つになります。回復しにくい体になっているのですから当然です。そういう要因も無くしていきながら整体の施術をするとよりよい効果が得られるのです。

五十肩の整体症例

五十肩の整体症例を紹介します。実際の施術の雰囲気が伝われば幸いです。

症例1:30代男性 肩の激痛が改善

30代男性の五十肩症例です。自営のお仕事で比較的自由に時間を作れるのでしっかり通院してアドバイスも実践されて劇的に改善されたので印象に残っています。

2018年1月の初回来院時は右肩の激痛に加えて、肩から手にかけてのしびれ、肘関節の痛みもありました。施術のために仰向けに寝るだけで激痛でうめき声を上げるほどでした。痛みで夜も眠れない状態でした。

初回はカウンセリングに時間を割きました。このように痛みが激しい場合は出来るだけ患部はそっとしておきます。まずは炎症反応を抑えることが先決です。通常は炎症に対してはアイシングが鉄則ですが、当院では急性期の痛みであっても温めるアドバイスをしています。

ケースバイケースで状況を見て判断しますが、多くの場合最初から温めた方が治りが早いのです。この方はある程度時間の余裕があり、当院に来院した後からすぐに湯治にも行きしばらく泊まりがけで積極的に身体を温めたのです。

同時に関節の糖化を防ぐための糖質制限食も実践したところ、3回目の来院時には痛みもほとんど無くなり、可動域も劇的に改善していました。わずかに動かすだけで激痛でもだえていたのが腕が耳につくくらいにスイスイ肩が動くのです。

だいたい初回来院時に同様の程度の痛みを訴える人は数ヶ月かかる場合が多いのですが、生活習慣の改善でこんなにも早く回復していくものかと改めてびっくりしました。

この方は肩が完治した後に県外に引っ越されたのですが、当院を気に入って下さり今でも毎月一回メンテナンスのために通院されています。

(2018年2月)