不眠症

不眠症(睡眠障害)でお悩みの方へ。

なかなか寝付けない人、途中で目が覚めて夜中に何度もトイレに起きる人、朝早く目覚めてしまう人、たくさん寝ているはずなのに寝た気がしない人等など。

当院では不眠症に対して、自律神経のバランスを整える整体と眠りやすくなる生活改善のアドバイスを行っています。

現在睡眠に関するお悩みを抱えている方の力になれれば幸いです。
このページを読んでいただくだけでもきっと参考になる情報があると思います。

 

 

  • 夜布団に入ってもなかなか寝付けない
  • 夜中に何度も目が覚める
  • 睡眠時間の割にぐっすり寝た気がしない
  • 朝予定より早く目が覚めてしまうがそのまま眠れない
  • 睡眠の質が悪いと感じている
  • 寝ても疲れが抜けない

不眠症の症状と原因

不眠症の原因と改善対策

不眠症にはいくつかのタイプがあります。
それぞれのタイプ別に対処法を説明いたします。

不眠症の4つのタイプ

不眠症とは睡眠に関する障害です。
寝つきが悪い、途中で目が覚めてしまう、朝早く目覚めてしまう、長時間寝ても寝た気がしない、等など不眠症にも様々なタイプがあります。

それぞれのタイプと対処法について説明します。

1.入眠障害(寝つきが悪い)

夜布団に入ってもなかなか寝付けないタイプです。
健康な状態であれば寝る準備が整って30分以内に眠れますが、入眠障害の場合には1時間~2時間、またはそれ以上かかっても眠りにつくことが出来ません。

考え事をしているとなかなか眠りにつけないという経験は誰しもあるかとは思いますが、毎晩のように眠れない、週に数回眠れない、というような状況が一定期間続くと辛いですよね。

2.中途覚醒(夜中に目が覚める)

中途覚醒は眠っている最中に目が覚めてしまう症状です。
本来睡眠は深い睡眠と浅い睡眠を繰り返しています。

年齢と共に睡眠全体の深さも浅くなってきます。
浅い睡眠になった時に目が覚めてしまうのです。
高齢者に多く見られます。

3.早朝覚醒(朝早く目が覚める)

朝早く目が覚めてしまうタイプの不眠です。

早寝早起きは良いこととされていますが、予定よりもあまり早く目が覚めてしまうのも困ってしまいますよね。
すっきり目が覚めて睡眠も十分に足りているなら問題はありませんが、まだ眠り足りないのに一度目が覚めて眠れないのは心身ともに辛いと思います。

4.熟眠障害(眠った気がしない)

睡眠時間はそれなりにしっかり確保しているのに、ぐっすり眠った感じがしません。
日中もだるさや眠気があったりします。

睡眠の質が悪い状態です。
睡眠時間もたっぷりあってちゃんと眠っているはずなのに疲れが抜けないのもとても辛いことです。

不眠の原因

不眠症を引き起こす原因についていくつか紹介します。

身体が疲れていない

現代社会はあまり体力を使わなくても生活出来ます。
身体はたいして疲れないけど、精神的にストレスが大きい状態で日常生活を送っている人も多いでしょう。

単に身体があまり疲れてないから睡眠を欲していないということもあります。
そのような場合には運動をして気持ちよい汗をかくことで睡眠の質も良くなったりします。

週末公園で遊んだり、運動をしたりした夜にぐっすり眠れたという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

考え事の影響

寝る前にいろいろと考え事をすると頭が活性化して眠れなくなることがあります。
不眠症の人ほど寝る前に余計な事を考えてしまう傾向があります。
寝る前は出来るだけ考え事をしないようにしたいものです。

とはいえ、考え事がクセになっている人は自分で意図せずとも思考が次から次へと浮かんでくるものです。
あとでその対策についても書いておきます。

精神的なストレス

悩み事があったり、精神的に負担になるような大きなストレスがかかっている場合に交感神経が優位に働き不眠の原因となり得ます。
安心している状態と不安や恐怖におびえている状態では、心身の状態は大きく異なります。

仕事のストレス、人間関係のストレスなど、緊張状態が続いているとなかなか眠れない状態になりやすくなります。

PCやスマホの影響

昼間は仕事でパソコンを使い、夜はスマホでゲームやSNSを続けていたり、神経を興奮させる刺激がたくさんあります。
本来は夜眠る時には副交感神経が優位になるのですが、寝る時になっても交感神経が働きっぱなしになっていると不眠の原因になります。

ホルモンバランスの乱れ

眠るという行為は実は自分の意思では直接コントロールすることは出来ません。
眠るための準備をしたらあとは眠りに落ちるのを待つだけです。
自分で数秒後に眠ろうと眠るわけではないのです。

神経やホルモンのバランスが変化して眠るための条件が整った時に自然と眠りが訪れるというわけです。
食生活やストレスの影響でホルモンバランスが乱れていると、脳が眠りに入れません。
または眠ったとしてもまた途中で覚醒してしまいます。

ホルモンバランスも直接コントロールすることはできませんが、食生活習慣などを整えることで間接的にコントロールしていきます。

飲酒の影響

不眠を改善するためにお酒を飲む人がいます。
眠気が誘われますが、実は睡眠の質は低下しがちです。

お酒を飲むと早く眠れるようになる一方、中途覚醒や早朝覚醒をしたりします。
適度な飲酒によりリラックス効果はありますが、飲み過ぎには注意ですね。

不眠症の一般的な治療法

不眠症の治療法

睡眠障害で病院に行くと一般的な治療法としては睡眠薬や睡眠導入剤を処方されます。
また薬局・ドラッグストアで自分で購入出来るものもあります。

不眠症の薬

不眠症の薬は大きく分けて「睡眠薬・睡眠導入剤」と「睡眠改善薬」に分けられます。

睡眠薬・睡眠導入剤

睡眠薬と睡眠導入剤は医療用医薬品の分類で医師の処方箋が必要です。
慢性的な不眠症状に使用されます。

これらの薬は向精神薬に分類されます。
向精神薬とは中枢神経に作用し精神に影響を与える薬です。
抗不安薬、抗うつ薬、精神安定剤などの仲間になります。

つまり眠りを得るために中枢神経に作用する強い薬ですので、リスクについても理解しておく必要があるでしょう。

睡眠改善薬

睡眠改善薬は一般用医薬品のため、処方箋の必要がなく、薬局などで自分で購入することができます。
寝付きが悪い、眠りが浅いなど、一時的な不眠症状に使用されます。

睡眠改善薬の主成分はかゆみなどを抑える抗ヒスタミン剤です。
抗ヒスタミン剤の副作用として「眠気」がありますが、市販の睡眠改善薬はこの副作用を主作用に代えた薬というわけです。

不眠症を改善する整体

自律神経整体

整体で心身の調和を取り戻し本来の体の機能を高めるお手伝いをしていきます。
不眠症は心と体のバランスが乱れた結果として起きていますので、それを整えていきます。

筋膜整体

不眠症の人は身体もこっている人が多いです。
ストレスがかかった状態で過ごしていると全身の筋膜がこわばったり、歪んだりしてきます。

例えて言いますと小さいサイズの洋服を着ると窮屈な感じになります。
筋膜が捻じれたりこわばったりするとまさにそんな状態になります。

筋膜の緊張を解放することで本来の体の状態に近づき生理機能が高まり眠りやすくなります。
また呼吸がしやすくなり全身の関節の可動性が高まります。

骨盤矯正

自律神経のバランスが崩れている人はお腹や骨盤の周辺も固くなっている人が多いです。
骨盤が歪んでいると姿勢の調和が乱れその結果頸椎へのストレスも大きくなります。

頸部の緊張を解放することは不眠症にとっても大切な施術ですが、頸部を直接操作するのではなく骨盤の緊張を解放することで頸部にかかるストレスを解放していくのです。

頸椎の調整

不眠症の人は首の筋肉が固くこり固まっている人が多いです。
しかし当院ではそれをむやみに揉み解すのはいろいろなリスクがあると考えています。

と言いますのも、なぜ首の筋肉がこり固まっているのか?
ということを考えると、身体にとっては「首がこって固まる必要性」があるわけです。

そんな身体の事情を無視して一方的にもみほぐしたりすると気持ち悪くなったり頭痛がしたりという反応を引き起こしてしまう可能性もあります。

特に頸部はデリケートな部分ですから細心の注意が必要です。
当院では身体に負担をかけない繊細な整体施術を行っています。

首だけを見るのではなく、首と全身の関係を考慮しながら無理なく自然に首にかかる物理的なストレスを解放していきます。

自律神経の整体

整体により自律神経のバランスを整えるポイントを刺激します。
不眠症の人は交感神経が興奮していますので、副交感神経が優位に働くように調整します。

自律神経のバランスが改善すると、夜になるとリラックスして自然と眠くなります。

エネルギー療法

不眠症の人は神経の緊張によりエネルギーの流れも滞っています。
当院では身体的な調整だけでなくエネルギー療法も行っています。
心身が深くリラックスして自律神経のバランスも良くなります。

食改善のアドバイス

不眠症に限らず自律神経失調症やうつ病などの症状で悩んでいる方は、食生活にも問題を抱えているケースが多いです。
整体で身体のバランスを整えると同時に、体の内側からも栄養のバランスを取っていくと回復が早まります。

【関連ページ】

睡眠薬・睡眠導入剤の副作用